【困った・・何で?】妊婦が疲れやすい原因とは?

妊娠したら急に何をするにも疲れを感じることがありませんか?妊婦が疲れやすい原因についてまとめてみました。
病気じゃないのですが、体は少しずつ変化しています。赤ちゃんを育てるため必要なことですが、上手く乗り切る方法が見つかるといいですね。おう

view14579

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦は疲れやすくなる?

  • 自分の体がこんなにも付かれやすかったの?と思うほど変化を経験する妊婦さんも多いようです。いつもと同じようには生活はできません。疲れが溜まれば最悪のことにもなりかねませんから、体を労わりながら上手く過ごしましょう。

  •  

    妊娠初期は疲れを感じても、甘えてるのかなと我慢してしまう人も多いみたいです。

    でも多くの妊婦さんが実際に疲れやすいと感じています。体の中で大きな変化が起こり、1人の生命を育てるのですから疲れて当然です。ホルモンの変化があったり、お腹が大きくなって疲れやすいなどいろいろな変化が見られます。

  • 妊娠中は全期間を通して疲れやすいと感じてしまいます。初期と後期では疲れやすさも多少ことなりますが、全般を通して疲れが出やすいことは周りも本人も知っておかなければなりません。

  • 妊婦さんの疲れは「ホルモンの影響」

  • 妊娠中の疲れの主な原因はホルモンの変化によるものです。黄体ホルモンが多く分泌され、妊娠初期には体温も上がりつかれやすさを感じます。眠気が強くなったり、貧血を起こす、長時間立っているのが辛いなどの症状が出ることも。
    妊娠初期はまだホルモンの変化に体がなれておらず、妊婦さん自身も戸惑ってしまいます。

  •  

    黄体ホルモンとは、女性ホルモンの一種です。
    妊娠前には子宮内膜をふかふかにさせて妊娠しやすくし、妊娠後には、赤ちゃんが成長しやすいように子宮内の状態を整えてくれる働きをします。

  • 黄体ホルモンは妊娠には必要なものです。
    しかし、麻酔の効果があるため妊娠中は普段より眠気が強くなったり、疲れやすいと感じます。また、体温が上がることで体力を消耗しやすく、普段より動くと直ぐに疲れると感じるものなのです。

  •  

    生理前などに眠くなるのも、黄体ホルモンの作用です。

    女性なら黄体ホルモンの変化を何度も感じているはず。生理前にも体がむくんだり、疲れやすいと感じることがありますが、これもホルモンの影響です。これがずっと続くのが妊娠です。生理前にホルモンの変化で体調不良を訴えやすい方は、妊娠中も敏感に反応するかもしれません。

  • 妊娠中に眠くなったり疲れるのは、赤ちゃんからの休んでほしい!というサインです。
    女性の体はちゃんと必要なホルモンが分泌するようになっていて、赤ちゃんを胎内で育てるため、不要なエネルギーを使わず、体力を温存するようにできています。お腹が大きくなってくればいよいよ出産ですから、今のうちに休めるなら十分に休んでおくことです。

  • 疲れを感じた時の対処法は?

  • こまめに横になる

     

    疲れたり、眠気を感じたら、無理をせずに横になって休むのが一番です。

    疲れたら横になってリラックスするだけでも違ってきます。母体の疲労の蓄積は、胎児まで影響を及ぼす可能性もあります。家事などはゆっくりと無理せず、時間をかけて慌てないこと。もし育児や仕事などで休む時間があまり取れないなら、できるだけ座る環境を作るなど対処してみてください。

  • 仕事の休憩時間は横になる
    残業は断る
    疲れが大きいなら休めるよう上司に相談しておく

  • 妊娠中の生活を家族で話し合っておく

     

    妊婦さんはあまり無理ができません。
    事前に家族で生活をどうするか話し合っておきましょう。

    仕事を途中で止める場合は、収入の面の問題や家系のやりくりのこと。
    家事ができないときに家族がどう助けるか?
    お医者さんに横になるよう言われたら、誰が家事や育児を担当するか?

  •  

    もし、無理をしすぎて医師に安静を指示されたとしたら、どうするか普段から考えておくと安心です。

    無理しすぎると早産などをおこしかけ、絶対安静を余儀なくされることがあります。家庭で安静を保てないなら、入院してトイレや洗面以外は立って歩くことができなくなるのです。

  • 現代女性は仕事を持っていることも多く、まずは仕事の量を減らしたり、内容を変更してもらうことから初めてみてください。
    家庭の家事も中腰や重いものを持つ作業は疲れてしまいます。重いものの買い物、布団の上げ下ろしなどを家族に強力を求めましょう。

  •  

    妊娠中の睡眠時間は、普段よりも1~2時間ぐらい多くとるようにしましょう。

    長時間睡眠が取れなくても、昼間に横になったり寝れば休むことができます。妊婦さんは必要があって眠気が強くなるため、怠けや甘えではないと認識することです。

  • 最後に

  • 披露が流産や早産などを引き起こすことも考えられます。普段より無理ができないからだということを良く知り、家族の協力を得ながらゆったりと過ごしてみてください。
    昔は祖母などが対応してくれましたが、今は核家族のため夫や家族が配慮しなければなりません。