アセトン血性嘔吐症って知っていますか?

自家中毒と呼ばれているこの症状ですが
命にはかかわらないそうですが一体どのようなものなのでしょうか

view563

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どのような病気なのか

  • アセトン血性嘔吐症(自家中毒)
    心身の疲労などが原因で、嘔吐を繰り返す病気。命にかかわるような病気ではなく、赤ちゃんよりも幼児や小学生に多い病気。
    出典 :アセトン血性嘔吐症(自家中毒) - gooベビー
  • 血液中のアセトンという物質がふえすぎて起こる病気で、突然元気がなくなって顔色が真っ白になり、はげしく吐きます。嘔吐は周期的で何回も繰り返し、しだいにコーヒーかすのようなものを吐くように。何度も嘔吐するので、一見重症のように見えますが、命にかかわることはありません。
    出典 :アセトン血性嘔吐症(自家中毒) - gooベビー
     

    神経質は良くないそうなのです

  • どのような状態になるのか

  • アセトン血性嘔吐症では、顔色不良になり、頻回の嘔吐が現れる。嘔吐に伴ない、コーヒー残渣様の吐物が見られることもある。低血糖を伴なうこともある。アセトン血性嘔吐症は、2~6歳の子供が、発症する(乳児には見られない)。口臭が、アセトン臭(やや酸っぱい様な臭い)になる。
    出典 :アセトン血性嘔吐症
     

    酸があがるので口臭が臭いますよ

  • 尿検査で、尿中ケトン体が、強陽性を示す。腹部の皮膚は、緊張が低下し、柔らかく触れる。治療は、ブドウ糖を含む甘い物を食べさせたり、ブドウ糖を含む飲料(スポーツドリンク等)を飲ませる。嘔吐して、経口摂取出来ない場合には、20%ブドウ糖液を静脈注射する(20%ブドウ糖液 20ml+ビタミンB1 10mg)。
    出典 :アセトン血性嘔吐症
     

    嘔吐が落ち着いてからが良いとされています

  • 子供だけではなくもちろん大人もかかる

  • 自家中毒は、10歳を過ぎると身体の発達とともにかかりにくくなります。しかし、大人になっても仕事や人間関係への疲れ、精神的ストレスから自家中毒にかかる人もまれにいます。自家中毒になると、身体がだるく吐き気が起こります。
    出典 :自家中毒の治療と症状
     

    一人でじっとしていられないそうなのです・・・

  •  

    自家中毒は、このように吐き気が主な症状の精神的ストレスからくる自律神経の一時的な障害だと考えられています。しかし、その症状の背後に別の重大な病気が隠れているケースもありますので、必ず医師の診察を仰ぎましょう。命にかかわる重大な病気ではありませんが、自家中毒だと思い病院で診察を受けると起立性障害と診断を受けることもあるようです。

  • なってしまったら・・・

  • 自家中毒の原因ははっきりしていませんが、疲れや孤立感、さみしさ、構ってほしいなどのストレスから自律神経の機能に一時的に障害が発生するケースが多いようです。自家中毒になったら、なるべく自分が心を許せる安心できる人の側でゆったりとした時間を過ごし安静にするベストです。
    出典 :自家中毒の治療と症状
  • なってしまったら

     

    その時、子どもが自覚をしていなくても何らかの精神的ストレスが、日常生活から逃げたいと思うほどに高まったときに自家中毒になる子供が多いので、親として理由を考えてあげることも必要です。




    自家中毒になると食欲も落ちますので、スポーツドリンクなどによる水分+当分の補給を欠かさないようにし、高カロリー、就寝前の食事などを避け安静に精神的にも肉体的にも十分休ませてあげましょう。

  • 治療方法は?

  • ケアは?
    嘔吐が始まったら、脱水を起こさないようイオン飲料などを少しずつ与えます。飲んだものをすぐに吐いてしまう場合は、病院へ。吐きけ止めの薬などが処方されます。
    出典 :アセトン血性嘔吐症(自家中毒) - gooベビー
  • アセトン血性嘔吐症の治療や、予防としては、チョコレートや高脂肪食の摂取を控える。アセトン血性嘔吐症の予防としては、疲労していても、夕食等を摂取しないで、空腹のまま寝かせつけないようにすることが重要(空腹時間が、長くならないようにする)。蛋白や炭水化物を、十分に摂取する。
    出典 :アセトン血性嘔吐症
     

    他にもビタミン類が不足しないようきをつけましょう