妊娠中の自転車。賛否両論総まとめ。妊婦は自転車に乗っていい?

妊婦は自転車に乗ってもいいのでしょうか?妊娠中の自転車の運転については、専門家の間でも意見が分かれています。他に移動手段がなく自転車に乗らざるを得ない方、妊娠に気づかずに乗ってしまったけど大丈夫か心配な方。妊婦の自転車運転について、否定的意見、肯定的意見、中立派、意見を集めました。

view31010

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は何かと懸念事項が多いですよね。たとえば、安静が必要とされている初期に、妊娠に気づかず運動してしまった、母体に影響のある薬を飲んでしまったなどの悩み事や、中期にはつわりでつらいけど動かなくてはならない、後期にはだんだんお腹が大きくなって動くのが大変、などなど。
    そして、何かと便利な自転車。。ママに強い味方の自転車ですが、妊婦は自転車に乗っても大丈夫なのでしょうか?

  • 妊娠中の自転車の否定的意見集

  • 妊婦は自転車に乗るべきではない、という予想通り、という感じの意見ですが。。。

  •  

    妊娠中の自転車、やはり否定的意見が多いようです。

  • 妊娠中は反射的な行動が鈍くなる上にバランスがとりにくくなるため、接触事故を起こしやすくなります。また、微細な振動が子宮を刺激しておなかが張りやすくなることもあります。とくに妊娠初期は控えましょう。
    出典 :妊娠中の車や自転車の運転
     

    反射神経が鈍くなる!
    わかります。妊娠中はぼーっとしてしまうんですよね。
    歩きすぎでもお腹が張る人もいますし、気を付けたいですね。妊娠初期は重いものも持たないように、お腹に力を入れないように、ともよく聞きます。

  • 自転車は、妊娠すれば、原則的には禁止です。妊娠前から乗りなれている人でも、流産を起こしやすい初期は控えぎみに。後期は止めましょう。お腹が大きくなってバランスがとりにくくなるうえ、ペダルを踏む時に腹圧がかかり、早産も心配です。
    出典 :大阪市 阿倍野区 天王寺町 河堀口駅 寺田町駅 産婦人科 内科 西川医院 妊娠中やめておきたいこと、注意すること
     

    乗るときにもお腹がひっかかりそうですね!

  • 自転車は振動がお腹に伝わりやすく、また、ペダルを踏む時に腹圧がかかってお腹に負担がかかります。お腹が大きくなると安定感がなく、転倒しやすくなります。思わぬ事故やトラブルを起こして、あとで、後悔しないように、やめておいたほうがいいでしょう。
    出典 :熊本 産婦人科 福田病院(熊本県熊本市)地域周産期母子医療センター
     

    自転車で転倒すると大変ですよね。妊娠していなくとも、自転車事故はひどい怪我をすることがあります。万が一のことがあったとき「あの時自転車に乗ったから」とは考えたくないですね。

  • 妊娠中に自転車に乗らないほうがいいのは、
    サドルにおしり(骨盤)をギュウギュウ押しつけることになり、
    ただでさえグラグラの骨盤を、
    あらぬ方向へ歪めたり傾けたりする原因になるからなんです。
    出典 :妊娠中の自転車だめ? | 助産院ばぶばぶ 大阪・阿倍野
     

    妊娠中じゃなくてもサドルは婦人によくないと言われることもあります。妊娠中は来るべき出産にそなえて、骨盤が徐々に緩んでいきます。そのような状態の時に余計に刺激を与えてしまうのですね。出産後3-4か月はまだまだ骨盤が緩んだ状態。出産後も骨盤ケアが大切です。

  • 自転車は骨盤を左右に振ることになるので、早産になりやすいというデーターがあります。帯下が多いときや下腹部が張りやすいとき、疲れている時は無理せず自家用車かタクシーを利用する事をおすすめいたします。
    出典 :第80回 「二人目の妊娠中に気をつけて欲しい事」 妊娠中期編 | マガジン | 生活の木
     

    早産気味と診断された方には言語道断ですね。自転車どころか、外出もままなりませんから。

  • しかし、妻がクリニックで聞いたところによると、骨盤に(つまりお腹の赤ちゃんに)直接、衝撃が伝わるからというのが、乗るべきでない最大の理由だそうです。
    出典 :妊娠と自転車  - A Way of Life
  • 妊娠中の自転車中立的意見集

  • 妊婦は自転車に乗ってもいいが、乗る時の状況を見極めて、という意見のようですね。

  • 自転車を漕ぐ動作そのものは、妊娠に悪影響を及ぼすことはありません。ただ、いくら乗りなれていても、出会い頭の衝突や転倒によって重大な事故となる可能性もあります。基本的には乗らないことが良いのですが、乗る場合は十分に注意してください。
    出典 :産婦人科 高橋クリニック|妊娠・出産Q&A
     

    上の子がいたり、交通の便が悪いとどうしても…ということもあります。

  • 自転車の場合、妊婦スポーツとして、公園などで楽しむのであれば、妊娠9ヶ月でもいいのですが、日本では、生活のなかで、上の子を後ろに乗せて、かごに荷物を入れてという場合が多いので、気をつけてほしいです。
    出典 :2/7 妊娠中の日常生活の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    あくまでも「運動」という位置づけならば、妊婦は自転車に乗っても大丈夫、しかし日常生活としては良く気を付けましょう、ということ。子どもの体重に荷物の重さを考えると、バランスを保つのは結構大変です。その分、バランスを崩したときに、倒れないように自転車を立て直すのにかなりの力を要します。この時の踏ん張りがお腹に負担を掛けそうですね。スピードの出しすぎや道路事情にも気を付けましょう。

  •  

    3人目妊娠の方もいますよね。子どもが突然動いたり、逆に変な姿勢で寝てしまったりすると、更にバランスを取るのが難しいですね。ゆっくり走りたいところですが、だからといって、スピードがなさすぎるのも不安定な走りになります。

  • 舗装した道での乗車は問題ありません。ただ、お腹が大きくなるに従って、重心が高くなりバランスを崩しやすいので、気をつけて上手に乗ってください。
    出典 :登村レディスクリニック | 妊婦さん Q & A
     

    でこぼこ道の振動には気を付けたいポイントです。妊娠後期になると確かに歩くのもしんどくなりますね。お腹が大きくなると重心が高くなるのですね。

  •  

    お腹が大きくなるとバランスを取るのが難しくなりますね。

  • それ以降の妊娠の安定期には、気をつけて乗ってください。
     自転車は、車社会においては、じゃまにされることも多く、
     道路も狭くなっています。
     くれぐれも、気をつけて乗るようにしてください。
    出典 :BABY in ME Q&A Q.22
     

    狭い車道では幅寄せされたり、クラクションを鳴らされることもあります。走る道を可能な限り選びましょう。何事も安定期を待ってするのが安心です。ドライバーはまさか妊婦は自転車に乗らないだろう、と思っているかもしれませんよ。

  • 妊娠中の自転車肯定的意見集

  • 少ないですが、妊婦は自転車に乗ってもよい!と肯定する意見もあります。

  • 「そもそもね、赤ちゃんは、母親のおなかの筋肉と厚みのある子宮、卵膜と羊水で守られています。自転車に乗る程度では、赤ちゃんはビクともしません。バランスや反射神経に注意していれば大丈夫ですよ。
    出典 :「自転車に乗ると流産する」は本当か? 〈週刊朝日〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)
     

    自転車で流産は嘘、という意見です。確かに羊水にぷかぷか浮いてるわけですから、直接の振動といっても強いのでしょうか。でも、バランスをくずして自転車ごと倒れてはいけません。

  • 一方、私のとあるヨーロッパの国出身の友人は、「そんなのウソ。私の国では妊婦さんも自転車に乗っているわよ」と言う。
    出典 :妊娠とは文化 パートI | 日本で産むと決めたのに! | ブログ | アヴァンティ – 福岡・北九州の働く女性を応援する
     

    欧米の妊婦さんは自転車だけでなく、ビキニで海水浴したり、ヒールのある靴をはいたり
    アクティブな印象があります。

  • 「妊娠したら危険だから、自転車を乗るのをよそう」と医者から指導されでも、決して鵜呑みにしてはならない。自転車漕ぎをすると、歩いたり、走ったりしても、決してつかない筋肉を鍛えてくれるのだ。しかも、その筋肉は出産時にはとっても重要になる筋肉であって、この筋肉が鍛えられていると、安産に持ち込むことができるようになるのだ。
    出典 :自転車は妊婦を鍛える ~自転車を漕げば漕ぐほど安産に近づいていく~: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
     

    自転車こぎは、お尻や腿の筋肉を鍛えます。この動きとしては運動になる、ということですね。

  • 妊娠は十人十色です。まったく問題なく出産を迎える人もいれば、ずっと不安定な人もいます。問題ない人も事故にあったら大変です。交通ルールは守りましょう。
    その人その人のライフスタイルや、何を優先すべきか、によって取捨選択したいですね。