睡眠不足と動悸の関係とは?

「運動もしていないのに、最近動悸がする・・・」といった症状にお困りの方。
それって、「睡眠不足」が原因かもしれません。
ここでは、睡眠不足と動悸の関係についてまとめてみました。
一度、自分の生活習慣を見直して下さい。

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 動悸の原因は睡眠不足が考えられます。

  • 睡眠不足で「動悸」が起きるケース
    ①血液中のビタミンB1が減っている
    ②低血圧になり心臓から送り出される血液の量が減っている
    ③睡眠不足による、自律神経の乱れ

    以上の事が考えられます。

  •  

    睡眠不足が原因の動悸なら【しっかり寝る事】が一番の解決法です。


    しかし、動悸の回数が頻繁で、胸が苦しいなどの重い症状の場合は、お医者さんに相談しましょう。

  • 【食生活】での改善方法◆ビタミンB1

  • 血液中の栄養素、特にビタミン類が不足してしまうと、動悸を引き起こすだけでなく疲れやすくなったり、めまいやだるさを感じるなどの症状が現れます、ビタミンは体内で生成する事の出来ない栄養素なので、普段からの食生活でバランス良く摂るように心がけましょう。
    出典 :寝不足が動悸の原因?動悸の主な原因になる6つの生活習慣 | iGotit
  • ビタミンB1が多く含まれる食べ物①肉類

     

    肉類でも、特にモモやヒレなどの部位はビタミンB1を多く含みます。
    しかし、水溶性ビタミンであるビタミンB1は加熱調理で破壊されるので、ビタミンB1の働きを活発にさせるアリシンと一緒に摂取するのがポイントです。

    ※アリシンはにんにく、玉ねぎに多く含みます

  • ビタミンB1が多く含まれる食べ物②魚介類

     

    魚貝類でビタミンB1が豊富に含まれている食材は、
    うなぎ・たらこ・鮭・ぶりです。


    肉以外に、魚も積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンB1が多く含まれる食べ物③海藻類

     

    海藻類の中で、ビタミンB1が豊富なのは海苔です。

    炭水化物を代謝してエネルギー産生を促すビタミンB1は、おにぎりが一番良いでしょう。

  • ビタミンB1が多く含まれる食べ物④豆類

     

    大豆やエダマメなどはビタミンB1が多く、豆類は手軽に摂取しやすい食材です。
    ビタミンB1以外にも大豆由来のイソフラボンやサポニン、タンパク質などが豊富なので、健康食品です。

    ただ、脂質・タンパク質の含有量が高い為、食べ過ぎには注意しましょう。

  • 【ビタミンB1】は、水溶性のビタミンB群の一種で、疲労回復のビタミンとも呼ばれています。
    炭水化物 (糖質)の代謝を促すため、白米を主食にしている日本人にとって必要な栄養素です。
    また、エネルギーをつくる手助けをすることで、神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があります。
    出典 :ビタミンB1 | 成分情報 | わかさの秘密
     

    大切な栄養素ですね。

  • 【生活習慣】での改善方法◆低血圧

  • 低血圧を改善①バランスの良い食事

     

    バランスの良い食生活で、低血圧は改善出来ます。
    偏った食事は不調の原因なので、野菜をしっかり摂るなどの、身体に良い食生活を心掛けましょう。

  • 低血圧を改善②適度な運動

     

    低血圧は適度な運動で改善されます。
    しかし、いきなりハードな運動は身体に負担がかかる為、軽いウォーキングなどを行いましょう。

    また、汗を流す事によって、ストレス・運動不足の解消になります。

  • 低血圧を改善③規則正しい生活

     

    睡眠不足が原因で低血圧になり、動悸がするケースでは、規則正しい生活が一番の改善方法です。

    一度、自分の生活を見直し改善しましょう。
    特に女性は、お肌の調子が良くなる効果も表れます。

  • お酒やタバコ、コーヒーの過剰摂取も、低血圧の原因になり、身体にも良くありません。
    アルコールとニコチンは、心臓への負担が原因で動悸が起こり、カフェインの過剰摂取は血圧が上昇し動悸を起こします。
    過度の摂取は控えましょう。

  • 睡眠不足やストレスから動悸が起こっているのに何もしないで長いこと放置すると、動悸だけでなく他の症状が出て、自律神経失調症やパニック症候群、うつなどになる可能性もありますから注意しましょう。
    出典 :睡眠不足から動悸:睡眠充分の健康生活!朝スッキリ起床法
     

    自分の体の様子にきちんと耳を傾けたいものですね。