知らないと危険!プラセンタの美容法とリスク!

最近プラセンタ注射ってよく耳にしますよね♪
美容には欠かせないプラセンタ・・・
効果もありますが、リスクもあるのです・・・
今回はプラセンタの美容とリスクについて
ご紹介したいと思います。

view476

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • プラセンタ注射って何??

  • プラセンタ注射は人の胎盤から抽出されるもので、
    医療機関でのみ受けられる注射です。
    市販されているプラセンタサプリは
    人間のものではありません。
    出典 :クリニックの「プラセンタ注射」効果と危険性まとめ | 美肌マニアの美容情報
  • 吸収率や即効性が高い!!

  • プラセンタ注射はヒト由来のため、
    サプリメントよりも吸収率や即効性が
    高く美容効果だけでなく、健康障害にも
    効果があるとされています。
    出典 :クリニックの「プラセンタ注射」効果と危険性まとめ | 美肌マニアの美容情報
  • プラセンタの価格!!!

  • クリニックによって価格がさまざま

    クリニックによって価格が様々。
    これは自由診療のためです。
    さらにクリニックによっては初診料や
    再診料がかかるところがあります。
    出典 :クリニックの「プラセンタ注射」効果と危険性まとめ | 美肌マニアの美容情報
  •  

    現在、厚生労働省で認可されている
    ヒトプラセンタは

    •ラエンネック
    •メルスモン

    の2種類のみです。

  • プラセンタ注射の相場は?

  • プラセンタ注射の1アンプルの相場は1500円程度。
    クリニックによっては3アンプル1200円であったり、
    30アンプルや50アンプルをまとめ買いをすると
    お得になったりするところもあります。
    保険適用になる場合もあります

    プラセンタ注射も、美容を目的とした医療行為は
    保険適用外ですが、更年期障害や肝機能障害などでの
    治療は保険が適用されることがあります。
    美容クリニックはほぼ自由診療ですが、内科等で
    受けられるプラセンタ注射は保険が適用になることも
    ありますので、お医者さんに相談してみましょう。
    出典 :クリニックの「プラセンタ注射」効果と危険性まとめ | 美肌マニアの美容情報
  •  

    医療目的だと、保険適用になるの

    ですね!

  • プラセンタ注射の副作用!

  • 医薬品として使われているプラセンタ注射剤の
    重大な副作用は今のところありません。

    しかし比較的軽度の副作用として調査症例中、
    約20%の副作用の報告があります。
    主な副作用の全症例のうち約35%を占める症例は、
    注射した部位の一時的な疼痛や発赤で、その他の
    副作用には悪寒・発熱・発疹・悪心が見られたということです。
    アレルギーを持つ人が投与する際は慎重に事前に医師に
    良く相談し、この様な症状に気づいたらすぐに
    医療機関に相談しましょう。
    出典 :【副作用】知らないままは危険?!プラセンタの美とリスク - プラセンタイズム
  • プラセンタ注射をした人は献血ができない!

  • 輸血および臓器移植(ヒトの臓器に由来する)の経験が
    ある人からの献血は制限されています。

    医療用プラセンタ注射が輸血や臓器移植と同様ヒト由来の
    臓器から製造されていること、また、
    クロイツフェルト・ヤコブ病はいまだ解明されていない部分が
    多く死に至る重大な感染症のリスクがあること、
    ヒト由来の医療用プラセンタ注射による
    クロイツフェルト・ヤコブ病の感染事例はないものの、
    理論的にはリスクは否定できないために、ヒト胎盤エキス
    であるプラセンタ注射剤を受けた人も
    献血が制限されるようになりました。
    出典 :【副作用】知らないままは危険?!プラセンタの美とリスク - プラセンタイズム
  • サプリメントのプラセンタの効果は?

  • プラセンタには、更年期障害・冷え性・貧血・
    美白(しみしわ)・アンチエイジング・疲労回復・
    強壮等の効果があると言われ根強い人気があります。

    しかしプラセンタのサプリメントや健康食品の
    安全性・有効性を確実にする十分なデータは
    見当たらないというのも事実です。
    出典 :【副作用】知らないままは危険?!プラセンタの美とリスク - プラセンタイズム
  • プラセンタのサプリメントの副作用!

  • 歴史が古い割には効果に関するデータが不足している
    プラセンタですが、同時にサプリメントや健康食品に
    関する副作用のデータも詳細な報告はなく
    充分ではないところがあります。
    ごく稀ではありますが、アレルギーなどの条件によっては、
    一部使用者の間でプラセンタが関係していると思われる
    アトピー性皮膚炎などの報告があったそうです。
    出典 :【副作用】知らないままは危険?!プラセンタの美とリスク - プラセンタイズム
  • プラセンタの安全性は??

  • 医薬品を使い保険治療で副作用が発生した時は
    その旨を報告し、副作用が重大な場合は
    救済制度があります。
    しかし、サプリメントは医薬品ではないために
    副作用の発現率など詳細に関して不明な部分が多く、
    使用に関しては自己責任が伴ってしまいます。

    一般的に注射剤と経口摂取では注射剤のほうが
    副作用の発現率は高くなるとされていますが、
    プラセンタの場合注射剤とサプリメントなどの
    経口剤の原料・由来が違うため必ずしも
    サプリメントが安全とは言い切れません。

    また、医薬品プラセンタ製剤がヒト胎盤由来で
    あるのに対し、サプリメントや健康商品の
    プラセンタエキスはヒト以外の動物の胎盤由来の
    ためしっかりとした比較対象にはならないのだそうです。
    出典 :【副作用】知らないままは危険?!プラセンタの美とリスク - プラセンタイズム