首の痛みの原因と治療

ヘルニアとは限りませんが、首の痛みは、およそ7割の人が一生に一度は経験するといわれるほど、よくみられる症状です。

view445

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首の痛みの原因

  • 首の骨(頚椎=けいつい)は、重さが6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントロールしています。それだけに首には日ごろから大きな負担がかかります。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|首の痛み…その原因と解消法|オムロン ヘルスケア
     

    首の痛みと腰痛は、人間が直立歩行を始めたことに大きな原因があるのです。

  • 首の痛みを判断する

  • まずその痛み・不調が整体施術の適応のものなかの、それとも病院で治療するべきものなのかの判別をおこなう事が大切です。整体施術の適応のケースのほうが断然多いですが、痛みを感じたらまずは病院に行って病的なものなのかそうでないのかの判別をしてもらうことは、決して無駄なことではなくとても大切なことです。
    出典 :首の痛みとは?-その種類としくみ-:市原市まんまる整体院
     

    何が原因なのか判断は、ます病院で。

  • 首の痛みの種類と病名

  • 老化などの原因で、変形した頸椎の骨が、神経や脊髄を圧迫することで起こる首の痛みです。脊柱管狭窄症という脊柱管のスペースが狭い人にあらわれやすい病気。老化によって線維輪から骸核がはみ出す椎間板ヘルニア。交通事故や激しいスポーツ時に、首に強い衝撃がかかることによって起こる、首の捻挫。加齢により、肩関節の骨や靭帯、筋肉などに亀裂ができたり、石灰が沈着して起きる病気。そして眼精疲労や睡眠不足、ストレスなど。

  • 椎間板の変形

     

    首には日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって首の筋肉が弱ったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋を違えたり、こりから筋肉痛を起こしたりします。
    加齢によって頚椎そのものも老化します。頚椎がすり減ったり、クッションとなっている椎間板(ついかんばん)の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。

  • 椎間板ヘルニア

  • 私たちの身体の中心には背骨が通っています。24個の骨が積み木のように重なっていて、この骨と骨の間には椎間板とよばれる軟骨があり、クッションの役割をはたしています。
    ところが、老化や激しい運動などで椎間板が外に飛び出し、神経を圧迫することがあります。激しい痛みやしびれを引き起こしてしまうのです。
    出典 :健康の森[日本医師会ホームページ]椎間板ヘルニア
     

    椎間板ヘルニアは、頸から腰までどの場所にも発生する可能性があります。

  • 首の痛みの治療法

  • 治療法は原因によって異なります。しかし、たいていはアセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)のような市販の鎮痛薬を服用すると、痛みを軽減できます。炎症が痛みの原因ではない場合、NSAIDの代わりに、通常はより安全であると考えられるアセトアミノフェンが推奨されます。冷湿布や温湿布も役立ちます
    出典 :首の痛み: 腰や首の痛み: メルクマニュアル 家庭版
  • 首の痛みを治し疲れにくい首を3分で手に入れる方法。 - YouTube

  • 首の痛み改善!ストレートネック 頚椎症 頚椎ヘルニア 頸椎捻挫 治療法! - YouTube