スキンケアのやりすぎ![シミ・くすみ]の原因にも

美しい素肌になりたいと誰もが願うこの世の中で
スキンケアの重要性は皆さん良く知っていると思います
しかし、やりすぎは
自分でシミ・くすみを増やす原因になります

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏が終わった9月頃

  • 夏も終わり、残されたのは素敵な思い出と、ポツポツと頬の上にできたシミ…
    なんてことはないでしょうか?シミやくすみの悩みが最大化するのが9月。紫外線のピークは過ぎたものの、夏疲れによって排出力が下がり、7月や8月よりもシミが濃くなったように感じる人も多いかと思います。
    出典 :やりすぎスキンケアに注意!シミ、くみすの原因は自分かも? [美ログ] スキンケア大学
  •  

    紫外線対策をきっちりしていても
    安心できないのが
    シミ
    くすみ
    のような物だと思います

  • 睡眠が原因の場合

  • 本来であればターンオーバーによって排出されるはずのメラニン。それがいつまでも肌に留まったものがシミやくすみです。シミを捨てられない原因。実はその以外な盲点が、睡眠不足とやりすぎスキンケアです。え???睡眠不足はなんとなくわかるけど、スキンケアがなんで?と思われるかもしれませんね。
    出典 :やりすぎスキンケアに注意!シミ、くみすの原因は自分かも? [美ログ] スキンケア大学
  •  

    細胞は夜に副交感神経の働きによって
    栄養がいきわたる事によって分裂をします
    一つずつ古い細胞は押し上げられて、一番上の細胞が
    垢となってはがれおちる為
    シミは段々と薄くなり消えていく
    という原理になるのです

  • しっかりと良質な睡眠を取れていないと、メラニンを含む細胞が排出できずにシミは居座ることになります。睡眠不足の朝、なんとなく肌をさわるとガサガサしていたり化粧水や乳液の浸透が悪いな、と感じることはないでしょうか。これは本来剥がれるべき角質が剥がれていない証拠。しっかりとした睡眠が美白のためには不可欠です。
    出典 :やりすぎスキンケアに注意!シミ、くみすの原因は自分かも? [美ログ] スキンケア大学
  • やりすぎ、塗りすぎのスキンケア

  • 気を付けたいのがやりすぎ、塗りすぎのスキンケア。私たちはいろんなメディアや広告の影響によりかなりトゥーマッチな状態を潤うことだと誤認しています。手に吸い付くようにモッチモチ、しっとりと滑らかな…などなど。

    でも、紫外線の影響をうけていない健康な二の腕の肌は、もっとずっとさらっとしているはず。それが正常な状態なんですね。度を超えた潤いは、残念なことにノリのように古い角質を肌にくっつけて、自然に剥がれることを邪魔してしまいます。
    出典 :やりすぎスキンケアに注意!シミ、くみすの原因は自分かも? [美ログ] スキンケア大学
  • 肌というのは
    一番外側の古い角質がはがれる事で
    奥底の細胞が分裂するという仕組みを持っている

    しかし、自然にはがれる事を邪魔をするという事は
    生まれ変わり自体を邪魔をして、自分でシミとくすみを
    そこにとどめている結果になる

  • 角質層は環境をセンサーしながら自らの状態を調整している

    <水分維持されてる!じゃあ角質層、回復させなくっていいじゃん。>

    皮膚の角質層をわざと壊して(セロテープを何度も付けてははがし、角質層をはがしていくそう)、
    そのままの状態と、保湿した状態で角質層がどう回復していくかを実験したそうです。

    すると、保湿をしない状態の方が、早く角質層は回復したそうです。

    理由は、お肌は肌の水分量をセンサーしてバリア破損度を測りつつ、
    ヤバければ角質層を回復させようと頑張る訳なんですが、
    肌が水分を含んでいればバリア崩壊の危機感が薄れ、回復が遅れるという仕組み。

     お?肌保湿できてんじゃん。バリアしっかりしてる?
     じゃ、そんなに頑張らなくていーんじゃね?

    出典 :お肌を保湿し過ぎることは悪いこと?その2 角質培養
  • ターンオーバーを邪魔しない状況を作れたら

  • 積極的に体内から排出力を高める栄養素を取って、美白に拍車をかけていきましょう。シミ、クスミの排出力を高める栄養素といえば、ビタミンA、C、E。これらのビタミンが体内で効率良く働くためには、補助剤となる様々な成分が必要ですから、サプリメントも良いですが複合的な栄養が含まれている食事や天然のものから積極的に摂るようにしましょう。

    一番のおすすめはビタミン爆弾とも呼ばれる薔薇の実、ローズヒップティー。ビタミンCはレモンの20倍、吸収力をより高めるビタミンPやリコピンも含まれていて、ビタミンA、ベータカロチンも豊富に含まれています。ローズヒップティーをペットボトルに入れて、数時間ごとにこまめに飲み続けてみましょう。いつもの秋よりもぐっと肌の透明感と白さが戻るのが早い、と感じることと思います。
    出典 :やりすぎスキンケアに注意!シミ、くみすの原因は自分かも? [美ログ] スキンケア大学
  •  

    1.睡眠をしっかりとる

    2.スキンケアはやりすぎない、塗りすぎない

    これを守った後は
    ターンオーバーを促進するだけです

    サプリメントだけに頼るのでなく
    食物から摂りいれる事を考えた方が効果は良いです

  • シミ・くすみには

  • 肌の漂白剤?ハイドロキノンの絶大な美白効果

    ハイドロキノンの美白効果は、シミ予防成分である「βアルブチン」のなんと約100倍と言われています。クリニックで処方されるものは、4%を超える高濃度のもの。

    普段のスキンケアに取り入れたい方は、1~2.5%程度のハイドロキノンが配合されている化粧品がありますので、まずは日常的な美白ケアにハイドロキノンを取り入れてみるのがオススメですよ。
    出典 :肌の漂白剤・ハイドロキノンのシミ改善効果
  • ハイドロキノンが効果的

     

    メラニン色素を抑制する効果が高い成分

    漂白剤・美白剤です
    最近までは日本で禁止されていましたが
    使用が許可になったため色々な化粧品に使われています

    皮膚が弱い人
    敏感肌の人
    は使用する場合注意が必要なのでチェックして使ってください