うつ病とうつ病チェック

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。「うつ傾向度」を診断します。(うつ病チェック診断)

view185

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • <うつ病チェックリスト>
    ・一日中憂鬱な気分になる
    ・何をしていても楽しいと感じられない
    ・食欲が低下
    ・良く眠れない
    ・イライラする
    ・疲れやすく、だるさが取れない
    ・自分を責めてばかりいる
    ・集中力が低下する
    ・繰り返し死にたいと思う

    上の項目で5つ以上該当するものがあればうつ病と診断されます。

    まだ症状が軽い段階だと気付くのは難しく、まさか自分がうつだなんて思うわけがなく、病院で診断することなく悪化してしまうというケースが多くなっています。なのでここで試しにチェックて、疑いがあるという結果がでた人は自分の言動などに注意して、「うつ」というのを意識してみて下さい。

    脳をゆっくり休ませることが心に良い影響を与えるんですね。

  • 強迫神経症とその症状

  • 強迫神経症は一つの物事に対してとらわれ、常にこれが気になってしまうという強迫観念が特長の症状になります。 脅迫神経症やOCD、強迫性障害と呼ばれることもあります。
    手を洗ったあとでも汚れが気になったり、戸締まりを何度も確認したくなったりする経験は、誰にでもあることでしょう。しかし強迫性障害では、それが習慣性をともない、どんどんエスカレートして日常生活に支障をきたすほどの状態になります。

    小さいことでも気になるとそこから離れられなくなってしまうようですね。

  • 非定型うつ病

  • 一般的なうつ病では、どんな出来事があっても元気がないのに比べ、非定型うつ病は良いことが起きると一時的でも元気が出る傾向があります。出来事に反応して気分が変わるので「気分の反応性がある」と表現されます。

  • 気持ちに波があって一般的なうつとは違いますね。

  • うつ病の人との接し方

  • あなたの大切な人が、うつ病になってしまいました。何とか早く良くなってほしいと願っているのに、「励ましてはけない」「"がんばれ"は禁句だ」などと言われてしまったら、いったいどんな言葉をかけたら良いのでしょうか。うつ病の人とどんな接し方をしたら良いのでしょうか。

  • 4つの禁句

    ①励まし・・・「しっかりしてね」「頑張れ」

    ②わかっているふり・・・「くよくよしないで」「早くよくなって」「心配してる」

    ③解決しようとする・・・「どうしてなったのかなぁ」「今後どうしようか」

    ④責める・・・「いつ治るのかな」「怠けているんじゃない」

    うつ病の完治には周りの協力も不可欠です。一緒に治していけるように、病気について正しく知り、接し方への理解を深めて下さい。

    周りの人達の理解と支えが必要ですね。

  • 冬季うつ病と冬季うつ病チェック

  • 冬季うつは、季節性うつ病(季節性情動障害、季節性気分障害、季節性感情障害ともいう)の一種です。名前の通り、冬季(秋から春にかけて)にのみうつ病のような症状が出る病ですが、一般的なうつ病の症状(気分の落ち込みや疲れやすいなど)だけではなく、過眠や過食という、うつ病とは正反対の症状も現れるため、うつとは自覚されにくいようです。
    冬季うつは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。毎年、冬以外の季節は元気なのに、冬になるとなぜか気が重くなる、だるくなるという場合は、冬季うつかもしれません。

  • うつ病チェック

    ・冬になると決まって、うつっぽくなり、落ち込みがちになる
    ・極端に眠く、仕事の集中力が続かない
    ・過食ぎみになり、とくに炭水化物や甘い物を常に口にする
    ・眠っても眠っても眠気が取れずにだるい
    ・春になると元気になる
    ・朝日を浴びた日は元気が出る感じがする

    うつ病にもいろいろなタイプがあり特に冬季型は知りませんでした。

  • 新型うつ病の原因と特徴

  • 新型うつ病の原因は従来のうつ病と似ている点があります。『ストレスに対する過剰な反応』です。ストレスを真正面から捉えることで精神に負荷がかかりやる気が出なくなるのです。

  • 新型の特徴は、日常生活や仕事、友達関係などがうまくいかなくて”自分を責める”という従来型と違って、”周りの環境や他人のせいにする”傾向が強いようです。特に、仕事場で多く、物事がうまくいかないことを”会社や上司”のせいにし、「会社が悪い」「上司が悪い」などの言葉が口癖のようになるみたいですね。わかりやすく言ってしまえば、”仕事中にだけうつになり、会社の外では元気”というのが新型。

    楽しいことはすすんでやるので甘えやわがままと誤解されやすいそうです。

  • アダルトチルドレンとその原因

  • アダルトチルドレンの原因には様々なケースが考えられます。
    機能不全家族の中で成長した人が、大人になっても生き辛さを抱えている人を、アダルトチルドレンとしていますが、機能不全家族にも色々なパターンがあります。愛情が薄い家族環境もそうですし、反対に溺愛される家庭環境でもアダルトチルドレンになる可能性はあります。

  • アダルトチルドレンの克服は、過去から自分を解放することです。過去は自分のものですので、主観で見ているばかりでは解放されにくいものです。客観的に焦らずが、アダルトチルドレン回復方法の心構えです。

    過去はかえられないものですが、とらわれなくじっくり解放することが難しいですけと大事ですね。

  • 非定型うつ病の原因とは

  • 非定型うつ病の原因は、ストレスや過労、肝機能やすい臓の機能失調、甘いものや炭水化物の摂りすぎなどでホルモンや自律神経ののバランスが崩れ、 血糖値のコントロールがうまくいかなくなる事でさらにホルモンバランスが崩れてしまう悪循環になってしまい、さまざまな精神症状や身体症状を起こしてしまう事にあります。

  • 一般的なうつと違うので見逃されやすいようです。

  • 非定型うつ病の症状とは

  • 非定型うつ病の症状をあげてみました。もし多く当てはまり、それが長く続いているという場合は一度医療機関へ相談することをおすすめします。

    非定型うつ病の大きな特徴
    ・鉛様まひ(起き上がれないくらいの強い疲労感)
    ・アンガーアタック(感情をコントロールできず興奮して怒る発作)
    ・過眠
    ・過食、甘い物が食べたくなる
    ・肥満

  • 典型的なうつ病と比べると、感情の反応性、食欲、睡眠が正反対です。この非定型うつ病は若い女性に多く、パニック障害など他の心の病気を合併することが少なくありません。

    仮病とみられることもあり回復も遅くなる場合があるようです。

  • 非定型うつ病の治療とは

  • 非定型うつ病の治療では、昼間は目的を持って活動することが、生活リズムの乱れを改善するためにも重要となります。
    治療方法は、投薬やカウンセリングが行われますが、特にカウンセリングは効果が高いとされています。
    また、過眠のために生活リズムが崩れているので掃除などの家事を行い、3食の食事をちゃんと摂り、散歩などで日光を浴びることでセロトニンの分泌が促されて、症状の改善に繋がります。

  • 通常のうつと治療方法が逆なのですね。