妊娠後期の口内炎について

妊娠すると口内炎ができやすくなるのはどうしてでしょうか?
実は原因はさまざまで、予防法も一つではありません
妊娠後期の口内炎対策を紹介します

view5101

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦になると口内炎ができやすくなる?

  • 口内炎の発症原因には一般的に以下の2つの原因があげられます。
    ・口腔内の衛生環境の問題
    ・栄養バランスの低下(特にビタミンB2の欠乏)
    出典 :妊娠初期の妊婦に口内炎が多く発症する原因 | 妊婦・赤ちゃんの口内炎
     

    ビタミン不足で口内炎になるというのは有名ですね

  • 口内炎の種類

     

    ○アフタ性 【潰瘍性】 ○カタル性 【浸出性】
    ○ウイルス性 【ヘルペス】 ○カンジダ性
    ○アレルギー性 ○ニコチン性  など


    ではどうして妊娠すると口内炎ができやすくなるのでしょうか?

  • 妊婦が口内炎を発症しやすくなる原因としては医学的に、「ホルモン分泌量のバランス」が大きく変化してくることが関与していると考えられております。
    出典 :妊娠初期の妊婦に口内炎が多く発症する原因 | 妊婦・赤ちゃんの口内炎
     

    妊娠後期の口内炎はホルモンバランスが原因のようです

  • 赤ちゃんがお腹の中で元気に生活できるように、準備しはじめる妊娠初期からは体脂肪が増加するなど女性の体内は想定出来ない程のスピードで大きな変化を遂げていきます。この大きな変化を起こす為に必要となる成分が女性ホルモンです。
    出典 :妊娠初期の妊婦に口内炎が多く発症する原因 | 妊婦・赤ちゃんの口内炎
  • 妊婦になると女性ホルモンは大量に分泌されるようになる為、体内のホルモンバランスが崩れ口内炎が多く発症するようになるのです。ですから妊婦に限っては、口腔内の衛生環境、栄養バランスを整えても改善が全く見られないケースも多くあるのが現状です。
    出典 :妊娠初期の妊婦に口内炎が多く発症する原因 | 妊婦・赤ちゃんの口内炎
     

    妊娠するとホルモンバランスが崩れて口内炎ができやすくなるのは仕方の無い事なのですね

  • 拒絶反応による体のトラブルが原因とも考えられます

  • 妊娠するということは、自分のお腹の中に胎児がいることになりますが、胎児の半分は父親から来ています。よって、妊婦の身体が異物と勘違いし、拒絶反応をします。
    出典 :妊娠すると口内炎になりやすい? | 口内炎の原因と治療ガイド
  • その結果、妊婦の身体にいろいろなトラブルが発生します。また、一人目を妊娠した時は何もなかったのに、二人目を妊娠したら、口内炎になりやすい、アレルギーがひどくなった、などがでてくることがあります。
    出典 :妊娠すると口内炎になりやすい? | 口内炎の原因と治療ガイド
  • 「つわり」や「食べ物の好みの変化」なども原因になります

  • 口の中が痛くて不愉快な炎症や口内炎の直接の原因はやはり「つわり」や「食べ物の好みの変化」などが大きいようです。
    つわりや食事の変化で口の中がいつもより汚れておりまた、栄養のかたよりも口内炎に影響していると考えられます。
    出典 :妊娠してからずっと口内炎ができる原因|口の中の痛いを和らげる対処法!
     

    妊娠による食生活の偏りやつわりで口の中が汚れることが多いのも口内炎の原因になります

  • あくまでも口の中を常に清潔に保つことが口内炎を防ぐ1番の方法になります。

  • 薬が欲しい場合は産婦人科へ

  • 妊娠中に口内炎になってしまったら、かかりつけの産婦人科の病院で診察を受けましょう。産婦人科の病院では、妊婦に安全に使うことのできる薬がそろっています。産婦人科で処方される口内炎の塗り薬にも、ステロイド剤が含まれていますが、長期的に大量に使用しなければ、影響はないといわれています。
    出典 :妊娠すると口内炎になりやすい? | 口内炎の原因と治療ガイド
     

    妊娠中は薬飲む時も慎重に選ぶ必要があります。産婦人科から処方してもらえる薬なら安心です

  • 妊娠中は、薬が胎児に影響を及ぼす可能性がありますので、妊娠前に口内炎になったことがあり、薬を持っていたとしても、産婦人科の先生に使ってよいかどうかを相談することが大切です。また、市販されている、ビタミン剤や口内炎の塗り薬や貼り薬を使いたい場合も、産婦人科の先生に相談し、問題ないと言われてから使うようにしましょう。
    出典 :妊娠すると口内炎になりやすい? | 口内炎の原因と治療ガイド