上手に使いたい漢方薬

病気になると病院に行って薬をもらうというのは当たり前の事ですが、

病院に行くほどではない・・・けど・・・という状態を我慢していませんか?

漢方薬を上手に使う事で、その不調を改善する事が出来るかもしれません。

view279

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ちょっとした不調ありませんか??
    冷え症・・・頭痛・・・生理痛・・・胃腸の不調・・・
    毎日のちょっとした不調・・・我慢しないで。

  • 漢方薬

     

    病院で、保険診療として漢方薬は処方してもらうことが出来ます。

  • こんな症状ありませんか?

     

    いろいろな症状に漢方薬は有効です。

  • 動画で上手に漢方薬について学び、上手に知識を持てば

    漢方薬も難しく考える必要はありません。

  • 東洋医学・漢方入門(1) 自分の体質を知る/運命学と東洋医学 - YouTube

  • 『蓮の実(はすのみ)消化促進・不眠解消』 http://t.co/r5RdLIKIZo #健康 #漢方 #漢方薬
  • 薬草、変性液、煌々液。これらは虫の死骸と合わせることで漢方薬「冬虫夏草」になります。虫の死骸から作られた薬とか本来ならばノーサンキューなのですが、最大HP+10、満腹度最大値+5、ちから現在値最大値共に+1という優れものです。良薬口に苦し、と言ったところでしょうかね。
  • 東洋医学・漢方入門(2) 未病治/四診/生長収蔵 - YouTube

  • 女性のあれこれ

     

    女性のサイクルによっていろいろなタイプに分けてみました。

  • 漢方医学では、昔から月経と女性の不調との関係について注目しており、月経が乱れる原因とその治療法について、さまざまな研究がなされてきました。実際、江戸時代の末期に漢方治療について書かれた本には、「婦人の病気を治すにはまず月経のことをよく聞くこと」との記述があります。
    ちなみに、昔は月経のことを、月水、月信、月次、経行といい、月経痛を月信痛、経痛、痛経、血行腹痛などと呼んでいたようです。


    漢方の考え方のひとつに、「気・血・水(き・けつ・すい)」という概念があります。これは、気・血・水のバランスが取れている状態が心身共に健康であり、これらの1つ、あるいは複数が異常をきたし、3つのバランスが乱れると、病気や不健康な状態を招くという考えです
    出典 :月経困難症・月経痛|漢方ビュー 漢方・漢方薬のポータルサイト
  • 漢方(漢方医学・漢方薬)を愛するすべての皆様へ - YouTube

  • うつ病に良く用いられる漢方薬には、
    香蘇散(こうそさん)、 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)などのいわゆる順気剤(じゅんきざい)があります。
     その他、酸棗仁湯(さんそうにんとう)、加味帰脾湯(かみきひとう)、分心気飲(ぶんしんきいん)などが用いられます。

     また、体力が低下している場合など、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を併用することもあります。
    出典 :健康情報: うつ(鬱)に良く使われる漢方薬
  • うつ病と漢方薬の関係とは? - YouTube

  • 耳鳴りなどはありませんか?
    ストレスによって、三半規管に狂いが生じる事も少なくありません。

  • "耳鳴り" 3タイプの「漢方薬」と、いいね!の「ツボ」をお教えします by堀口和彦先生 ...