アデノウイルス感染症の原因と治療法

アデノウイルスはインフルエンザウイルスの次に人の体から検出される頻度が高いのです。アデノウイルス感染症は特に季節性がなく、軽いカゼ程度から重症の扁桃腺炎や肺炎などの症状があります。

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アデノウイルスって何?

  • 'アデノ'とは扁桃腺やリンパ節を意味する言葉です。アデノウイルスはその名のとおり、扁桃腺やリンパ節の中に潜んで増えます。人に感染するアデノウイルスは現在49種類知られており、それぞれ番号がついていて、どの種類がどんな病気を起こすのか、ある程度わかっています。
    出典 :アデノウイルス感染症
  • インフルエンザウイルスの次に検出される頻度が高い

     

    インフルエンザウイルスの次に人の体から検出される頻度が高いのです。
    アデノウイルス感染症は特に季節性がなく、その症状も軽いカゼ程度から重症の扁桃腺炎や肺炎、さらには結膜炎や嘔吐下痢症などバラエティに富んでいます。

  • アデノウイルスが起こす病気

  • 潜伏期は5~7日

     

    ①上気道炎、気管支炎(熱、鼻水、咳、のどの痛みなど)
    ②肺炎
    ③扁桃腺炎
    ④咽頭結膜熱(両目または片目が真っ赤に充血し、目やにが出ます。夏にプールを介して流行することがあるため、プール熱とも呼ばれています)
    ⑤流行性角結膜炎
    ⑥胃腸炎(嘔吐下痢症)
    ⑦出血性膀胱炎(排尿時痛があり、真っ赤な血尿が出ます)
    ⑧無菌性髄膜炎(発熱、嘔吐、頭痛が主な症状です)


  • アデノウイルスの感染

  • 飛沫感染

     

    アデノウイルスは、飛沫感染により伝播します。
    咳やくしゃみで放出された体液の飛沫が病原体を含んでいて、これが他人の粘膜に付着することで感染が成立するものを飛沫感染と呼びます。

  • アデノウイルスの潜伏期間と症状

  • 高熱、 咽頭痛、 初期に嘔吐、下痢などの消化器症状そして、目が充血することがあります。発症してから3〜4日くらいで咳がでてきて、5日目にピークとなります。咳の症状も、個人差がありますが、発症して数日後に症状がでるのが特徴です。


    出典 :Nurse*Mom:アデノウイルス感染症 ② 症状と、感染予防について
  • アデノウイルスの診断

  • アデノウイルス感染症の診断ですが、現在は迅速抗原診断キットがあるため容易に診断可能です。
    小児科外来にキットを置いている施設が多いと思いますので、臨床症状や扁桃腺の所見からアデノウイルス感染症を疑った時にすぐに検査して診断に結びつけることが可能です。
    出典 :アデノウイルス感染症の診断:アデノウイルス感染症の症状・診断・治療
  • 治療法

  • ウイルスそのものを退治する薬はまだ開発されていないため、咳、鼻水止め、熱さまし、脱水に対しては点滴による水分補給などの対症療法が中心となります。細菌の感染が完全には否定できないときは、抗生剤を使用することもあります。熱が長引いて消耗しているような場合は、少量のステロイド剤を使うと症状が軽くなることがあります(まだ、一般的な治療法にはなっておりません)。
    出典 :アデノウイルス、千人切り - やまて小児科院長日記