知っておこう!「肝臓の血管腫の原因」悪性だとガンの場合がある!

肝臓の血管腫の原因をしって対策をしよう。悪性のものが出来てしまうとガンの疑いが出てしまうのです。

view534

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝臓の血管腫は

  • •肝血管腫は肝の良性腫瘍の中で最も頻度が高く、人口の1-5%の人が持っているといわれ、女性醸成に多い。•ほとんどが海綿状血管腫で1-3cmで単発することが多いのですが、時には10cm以上の大きさになることもあります。•ほとんどは無症状で、健康診断や人間ドックの際に腹部エコーで発見される事が多い。
    出典 :肝臓疾患
  • •小さい時は腹部エコーで均一な高エコーを呈し、大きくなって血流停滞や血栓形成が出現すると地図上やモザイク状となります。特に慢性肝疾患に合併すると、肝細胞癌との鑑別が問題になり腹部CT検査や血管造影検査など他の画像診断も必要となります。
    出典 :肝臓疾患
     

    このようなものなのですね。

  • 大半の場合

  • ほとんどの方は自覚症状がなくて、ご質問の方のように病院での肝臓の画像検査で見つかる場合がほとんどです。
    出典 :肝血管腫
  • 皆さん心配されますけれども、肝臓の血管腫から直接に癌になる心配はないですけども、肝臓の血管腫というのは大きさによって色々な画像を示しますのでその都度癌との鑑別ということは重要なことです。
    出典 :肝血管腫
  • 原因は

  • 肝臓血管腫はこどもが発生するこをは少なく、男女問わずに発生する肝臓にできる良性の腫瘍です。肝臓の中に毛細血管が一部増殖し、腫瘍状に発育したものが肝臓血管腫です。なぜ肝臓にこのような腫瘍ができるのか、その原因は明らかにされていません。
    出典 :肝臓血管腫治療ガイド
     

    原因不明の場合もあるのです。

  • 毛細血管の一部が増殖し腫瘍状に発育したものですが、その原因は特定されていません。肝血管腫はホルモンの影響によって大きくなりやすいため、出産回数の多い女性に発見されることがあります。
    出典 :肝血管腫 / 病気診断.net
     

    ホルモンが関係しているようです。

  • 女性の場合では

     

    出産経験のある女性では、ホルモンの影響を受け、大きくなりやすいと言われています。顔などにできることのある赤あざのようなものが肝臓にできたと考えていいようです。 良性の場合はこちらですね。

  • 治療をする必要がある?

  • 血管腫は良性疾患ですので、一般的に治療の必要はなく、定期的な検査を行うなどの経過観察が行われます。しかし、血管腫が巨大化した場合、血管腫の内部に血栓が生じて出血の可能性がある場合、悪性腫瘍との判別が困難な場合には手術療法が行われることがあります。
    出典 :肝血管腫 / 病気診断.net
  • 超音波の検査で肝臓の血管腫の場合にはやや白っぽいエコー像を示すのが特徴です。この方の受けられたCTスキャンという検査では、造影剤を入れてCTスキャンの検査を受けられた場合には、肝臓の血管腫の部分に白っぽく造影剤が取り込まれて像鏡されるのが特徴です。ただこれらの検査でも癌との鑑別が非常にむずかしい場合もあります。
    出典 :肝血管腫
  • 肝血管腫(かんけっかんしゅ)では、一般的に自覚症状は現れません。そのため、健康診断や人間ドッグなどで発見されることも少なくありませんが、進行すると発熱、頭痛、腹部膨満感などの症状が現れることがあります。
    出典 :肝血管腫 / 病気診断.net
  • 基本的には

     

    見つかったら放置でも大丈夫なのですが、一応3ヶ月後に検診があると思います。これが大きくなっていると悪性の腫瘍。つまりガンという診断が近くなってくるのです。早期発見したいですが、自覚症状もないので気をつけましょう。