「高血圧性心臓病」ってどんな症状??

高血圧性心臓病とは高血圧と何か関係あるのでしょうか?
どんな症状が出るのかご紹介したいと思います。

view240

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧性心臓病

  • 高血圧性心臓病とは、高血圧状態が引き金となって引き起こされる心臓の病気を総称したものです。高血圧が原因となる病気の合併症でもあり、高血圧性心疾患とも呼ばれます。
    高血圧だけでも心臓疾患や血管障害の原因となりますが、長期間続くと動脈硬化を引き起こし、さらなる合併症の危険因子となります。
    出典 :【心肥大・高血圧性心臓病】 - +心臓病
     

    高血圧が原因になるのですね

  • 高血圧性心臓病

     

    高血圧心臓病は
    高血圧が加わっているので
    どのような症状が
    でるのかわからないのですよね

  • 高血圧性心臓病は高血圧性心疾患ともよばれ、常時血圧が高いことで心臓への負担が大きくなり、心肥大を起こしやすくなります。
    心肥大になると最悪心不全にまで発展するケースも少なくありません。
    出典 :高血圧性心臓病とは? :高血圧で注意したい点
  • 高血圧性心疾患は高血圧が原因で左心室の壁が肥大し、心機能に障害が起こる疾患です。
    出典 :高血圧性心疾患(症状/検査/治療)
  • 原因

  • 高血圧によって心臓のポンプ機能に支障が出るため血液循環が上手くいかなり何かしらの心疾患になったことが原因です。
    出典 :【心肥大・高血圧性心臓病】 - +心臓病
  • 症状

  • 高血圧性心疾患に共通してみられる症状は、動悸、息切れ、疲れやすい、足のむくみ、胸痛等があります。
    出典 :【心肥大・高血圧性心臓病】 - +心臓病
     

    脚のむくみと胸痛があるのですね
    結構つらい症状があるのですね

  • 症状

     

    色々な症状がありますが
    体に負担がかかるのは確かだと思います
    どのような症状があるのでしょうか

  • 高血圧性心疾患は最初は症状がほとんど見られませんが、心疾患が起こると、うっ血性心不全や虚血性心疾患の症状があらわれます。具体的には息切れ、不整脈、動悸、咳、疲労、脱力感、失神、胸痛 などがあります。
    出典 :高血圧性心疾患(症状/検査/治療)
     

    不整脈に動悸に息切れ
    これは体に大分負担がかかりますよね

  • 血圧

  • 血圧の正常な方より、血圧が高い方の発症率は、約3倍になると言われています。
    出典 :高血圧性心臓病とは? :高血圧で注意したい点
     

    3倍も高くなるのですね

  • 検査方法

  • 胸部レントゲン撮影、 冠動脈造影、心エコー図など。
    主に心エコーを用いて左室肥大の状況や心機能の状況を診断します。
    出典 :高血圧性心疾患(症状/検査/治療)
     

    様々な検査を行ってしっかり見てもらいましょう

  • 治療法

  • 血圧を下げて心疾患を治療することが大切です。
    まずは食事・運動で生活習慣の改善が指導され、必要に応じて降圧薬の投与や心不全、狭心症に対する治療が行われます。
    出典 :高血圧性心疾患(症状/検査/治療)
     

    生活習慣の見直しは、今の時点で出来るので
    出来る事はやっておきましょう