知らないとヤバい!妊娠中に食べてはイケないもの、食べても良いものって?

妊娠中、食べてもよいものとダメなもの…知っていますか?赤ちゃんのためにも体に良いものを摂りたいですよね!!妊娠中の食事について、食べて良いものをまとめてみました。バランス良く食べて、不安を減らし、楽しく安心したマタニティライフを送りましょう❤

view293

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に食べるとよいもの

     

    代表的なものの一つはゴマですね!
    どういった効果があるのでしょうか?
    ご紹介します。

  • ゴマは妊婦に良い…?

  • 不飽和脂肪酸、ゴマリグナン ビタミンE 鉄 カルシウム 食物繊維トリプトファン メチオニン マグネシウム等が含まれているため、胎児の発育にいい影響を与える、母乳の出をよくする、優れた抗酸化物質であるビタミンEが妊娠中のストレスに効く、不溶性食物繊維が妊娠中の便秘解消に役立つ、鉄分豊富なため貧血予防、安産等、美容面と健康面で様々な効能があるため妊婦にもおススメ!
    出典 :コレッて妊娠中食べていい?ダメ? |妊婦ママ食事ガイド
     

    ごまはイイことづくめですね❤
    いつもの食事のおかずに+プラスして簡単に摂取したいものです!

  • 食べるのを注意しなければならないものは…?

     

    妊娠して10カ月の間、お腹の赤ちゃんに良い食べ物を摂取したいですよね!!

  • リステリア菌に気をつけましょう

  • リステリア菌は、ナチュラルチーズ(加熱殺菌していないもの)、肉や魚のパテ、生ハム、スモークサーモンなどにいることが多い食中毒菌。妊娠中は、一般の人よりもリステリア菌に感染しやすく、赤ちゃんに影響が出ることがあるといわれています。そのため、リステリア菌が多いといわれているこれらの食品を積極的に摂ることはおすすめできません。
    出典 :妊娠する前に知っておきたい!妊婦の食事の注意点とは? : タニタ運営[からだカルテ]
     

    リステリア菌は熱に弱いようですので、食べる際はしっかり加熱しましょう!!

  • 魚に含まれる次の成分の過剰摂取には要注意です!

  • <水銀>中枢神経に作用し知覚異常、運動障害リスクが高まる※含有濃度が高いのはインドマグロ、クロマグロ、メバチマグロ、めかじき、金目鯛など<ダイオキシン> 発がん性、生殖障害、催奇形性などのリスクが高まる※含有濃度が高いのは鯖、こはだ、ぶり、スズキ、太刀魚など <PCB> 発がん性、皮膚や内臓に障害が出るリスクが高まる
    出典 :コレッて妊娠中食べていい?ダメ? |妊婦ママ食事ガイド
     

    マグロは水銀が含まれている場合があるので、避けておいた方がいいですね。
    ダイオキシンも気をつけておきましょう。

  • 小麦が原料になっているものは食べ過ぎに注意しましょう!

  • パン、うどん、パスタなどは太りやすいので妊婦の食事で使う時は要注意です。外食時にパスタを注文するならサラダも一緒に食べること!外食時、セットメニューを注文するなら主食を残し他を食べること!※いずれも野菜を一緒にたっぷり摂ることで脂肪の蓄積を防げる
    出典 :コレッて妊娠中食べていい?ダメ? |妊婦ママ食事ガイド
     

    体重管理を気をつけなければならない、妊婦生活。
    太り過ぎると、難産は勿論…様々なマイナートラブルが起こりやすくなります。
    小麦は摂りすぎないよう気をつけましょう!!

  • 妊娠中の食事

     

    和食を中心にバランスよく食べることが大切です。

  • バジルは過剰摂取に要注意です

  • 「妊婦は絶対NG!」と「妊婦はできるだけ避けてほしい!」のいずれかでいうと、バジルは後者です。
    出典 :コレッて妊娠中食べていい?ダメ? |妊婦ママ食事ガイド
     

    バジルはできるだけ避けた方が良いみたいです。
    大量に食べることは少ないかと思いますが…ハーブやアロマは妊娠中はできるだけ避けた方が良いものもありますので、注意してください。

  • 肥満の方の妊娠・出産への影響は??

     

    肥満の方の妊娠、出産はどんな影響があるのでしょうか?
    また、体重の増加はどのくらいが平均的なのでしょうか。
    まとめてみました。

  • 妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などを発症するリスクが高まります。また、緊急帝王切開、分娩後大量出血等の異常も多くなると考えられています。しかし、妊娠中に体重を減少させたり、増加を極端に抑制することは、胎児の発育へ影響を及ぼすことにもなるので、「肥満」の場合、妊娠中の体重の変化については、個別の対応が必要となるので、医師に相談しましょう。
    出典 :妊娠中の食事と栄養-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠中の肥満や太り過ぎはリスクが高いですね…
    個人的に体重の目標を設定し、食生活を見直しましょう!!

  • どれくらいの体重増加ならいいの…?

  • 妊娠中に体重が増えて行くのは当たり前のことです。お腹の中では赤ちゃんが育ち、胎盤羊水や乳房、血液や水分に皮下脂肪などによって体重増加します。これらの増加に考えられるものを合計すると約8キロだと言われています。個人差や妊娠前の肥満度によっても変わりますが、多すぎても少なすぎてもよくありません。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    ポイントは、妊娠前の体重を妊娠五カ月まで維持することだそうです!!
    つわりで減ってしまう人も多いですので、個人差はありますが…食べづわりの方は要注意です。
    油ものや脂肪の多いものは、特に気をつけましょう。

  • 妊婦向けの食事メニュー

     

    和食中心が良いとされていますが、米を玄米に変えたり、つわりがひどい時は冷たく冷やして食べやすくするなど工夫してみましょう。