ママ必見!最近増えてる縦割り保育ねらいはどこにあるの?

最近増えている、縦割り保育ねらいはどこにあるのでしょうか?
大切なわが子を通わせる保育園や幼稚園。耳慣れない言葉に不安になることもあるかもしれませんよね。
縦割り保育とはどういうものなのか、メリット・デメリットも含めてまとめてみました。

view66

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 保育園の「縦割り保育」ってどういうもの?

  • やさしいお姉ちゃんたち、大好き!

     

    縦割り保育では、年齢の上の子供たちに小さな子供たちの担当を決めてお世話をさせることが多いようですね。
    毎日一緒に過ごすことで、仲良くなって、いつの間にかお兄ちゃん・お姉ちゃんたちが大好きになる子たちも多いようです。

  • 色々な年齢を混ぜて1つのクラス編成にするという
    クラス編成のやり方です。
    出典 :縦割り保育のメリットデメリット|賢いママの保育園選び
  • 縦割り保育とは、年齢の異なる子どもで、クラスや活動のグループを構成して行う保育形態のこと。
    出典 :京都子連れパワーアップ情報 - 今年から始まった!保育園の縦割り保育
  • 異なった年齢(学年)を混合させてクラスを作るのがいわゆる「縦割り保育」というものなんですね。
    お兄ちゃん・お姉ちゃんたちにお世話をしてもらった子供たちが、いずれはお世話をするようになるというのがイメージしやすくて、とても素晴らしいことだと思いますが、どうやらいいことづくめとはいかないようです。

  • 縦割り保育のメリット・デメリットは?

  • 良かったことは、
    ・年齢の違う子供たちと名前を覚えあったりして縦割りクラス全体に一体感ができたこと(運動会、夏祭りなど縦割りグループで行動がありました)で、誰ちゃんのママだよみたいな輪も広がりました。(先生方含め)
    ・年上の子供達への興味・憧れからチャレンジ精神旺盛になり、新しいことを覚えたりした。
    ・子供達同士で解決しようという自立心も芽生えたように感じます。(年上の子を頼ったり、困ってると助けてくれたりがうれしかった様子でした)
    出典 :縦割り保育のメリット、デメリットを教えて下さい。四月から年少になる息子がい... - Yahoo!知恵袋
  • 一般的な社会と同じく年齢が混ざった中で生活できる
    上級生がやっているのを間近で見られ挑戦意欲が出る
    子供が目指す姿が見える
    上級生に面倒を見てもらえて、先生の指導より楽しい
    下級性の子とのかかわりが上手になる
    問題解決能力が向上する
    早生まれなど生まれの差による成長の差が関係ない
    出典 :縦割り保育のメリットデメリット|賢いママの保育園選び
  • ・兄弟がいない子供たちにはとてもいい経験になります。年上からは未知の事を教わり、年下からは我慢する、譲る事をおぼえます。

    ・年上の子供達への興味・憧れからチャレンジ精神旺盛になり、新しいことを覚えたり、子供達同士で解決しようという自立心も芽生えたように感じます。

    ・親としては、上の学年の保護者と親しくなれるので、園や小学校の情報が豊富に入ってきます。本当にありがたいです。子供も一年後の自分が想像しやすく、意欲もわきやすいようです。「私も年長さんみたいに上手できるようになりたい!」と家でも練習したりしています。大人に教わるより、ほかの子を手本にする方が、断然習得が早いんです!
    出典 :保育園入園前のお母さん注目!縦割り保育のメリット・デメリット|お役立ちコラム|保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク!】
     

    一人っ子の子供さんにとっては兄弟姉妹とのかかわり方を疑似体験できるという意味ではとてもメリットがあるように思われますね。
    親にとっても、特に初めての子供だと先の情報はわからない。
    そんなときに子供同士が異年齢で親しくなれば、上の学年の保護者からいろいろ話を聞くことができるのはとってもありがたいですね。
    実際、私も先の情報が手に入りにくくて、いろいろ不安を感じていたときもありましたから、こういうのはありがたいです。

  • 小さい子には問題でも、大きい子はすんなり解決できる問題も
    あります。
    大きい子がリーダーになることにより、
    自分たちで問題解決する能力も芽生えます。

    これが縦割り保育のメリットと言えます。
    出典 :縦割り保育のメリットデメリット|賢いママの保育園選び
     

    子供と言っても大きい子はそれなりにやはり経験を積んでいる、っていうことなんでしょうね。
    わずか1~2年の差だけど、その間に彼らが経験してきたことはとても意味があることなんですね。

  • デメリットは、
    基本的には年間を通した感想にするとほぼ無いですが・・・開始当初は、縦割り保育日に戸惑いがあったり、そのグループ
    が現クラスでの仲良しさんと別になってガッカリとか。が大きな心配でした。
    出典 :縦割り保育のメリット、デメリットを教えて下さい。四月から年少になる息子がい... - Yahoo!知恵袋
     

    縦割り保育にすると、同じ学年のメンバーがその分少なくなるわけだから、仲良しのお友達とクラスが分かれてしまうという可能性が大きくなってしまうのは避けられないですね^^;
    見慣れない異学年のお友達に最初は神経を使うでしょうし・・・

  • デメリットがないのであれば、どの保育園も縦割りにするはずです。
    大部分の保育園がまだ横割りであるからには、やはり縦割り保育のデメリットがあるということです。

    年齢に合った行き届いた教育は出来ない
    先生がちゃんとコントロールしないと、上級生だけの遊び場になってしまう。
    先生の能力が要求され、負担が大きい。
    上級生のモラルがないと、下の子が遊べない
    出典 :縦割り保育のメリットデメリット|賢いママの保育園選び
     

    確かに、すべての年齢にまんべんなく、とはいかないのかもしれませんね。
    年齢の異なる子供たちをうまくコントロールするのは至難の業です。その中でも、子供によっては自分より小さな子供とのかかわり方がうまくわからない、うまくできない子もいるかもしれない。
    そうなると先生のフォローも必要になるわけで、当然、横割り保育に比べると何かと手間がかかってしまうことになりますね。

    保育の質、という点で見ると縦割り保育のデメリットはちょっと気になってしまいますね。

  • ・年中の子とはちょっと性格が合わず、いろいろ傷つきながらたくましく育っています。

    ・うちはひとりっこで慣れない兄弟っぽいやり取りでストレスになってイライラしてることが多かったです。そして今ですが年齢が違うとできることが違うせいか年齢ごとに園児が集まってしまうことが多いようです。
    出典 :保育園入園前のお母さん注目!縦割り保育のメリット・デメリット|お役立ちコラム|保育士求人・保育園求人なら【保育士バンク!】
  • 縦割り保育ねらいは?

  • 思いやりの心をはぐくむ

  • 4月当初、年長児が年少の友達に声をかけても知らない顔。泣いてしまったり走ってどこかに行ってしまったり・・。思い通りにはいきません。「もう、いやや」と言う年長児。でもしばらくすると「まだ小さいもんな・・・」「もっとやさしくしてあげないと・・」そうです。この気持ちが「自分を中心と考えることから他の人の立場に立つ」ということなのです。異年齢の関わりではよくみられます。このことの繰り返しで「人の思いに気づく、思いやりの心」が育ちます。
    出典 :学校法人山口学園くずは青葉幼稚園 【なぜ、異年齢児保育を実践するのか?】
     

    自分とは違う子と関わることでわかることに子供たちが自ら気が付くことがとても重要なんですね。
    思い通りにいかないことがあっても、相手を思いやって寄り添うことを自然に身に着けていくことができるなんて素敵!

  • 年上の子どもや年下の子どもと関わることで、同年齢の子ども同士以上にいろいろな気持ちが育っていくのです。
    出典 :◇◇◇ 宮の台幼稚園—よくある質問 ◇◇◇
  • 子供たちのコミュニケーション力をはぐくむ

  • わたしたちの社会は縦割りです。3歳から6歳は、人格形成の時期にあって社会的要素がつくられる大切な時期でもあります。この時期に異年齢の縦割りクラスの中で共に過ごすことは非常に重要です。このような環境の中で子どもたちは、お互いから学び合います。年下の子どもは、年上の子どもの活動を見て学び、憧れを抱き、年上の子どもは、年下の子どもに世話をし、教えることによって自信をもち、いたわりを学びます。子どもたちは、これらを通して社会性と協調性を自ら学び、小さな社会を築き上げていくからです。
    出典 :教育内容|園のご案内|聖カタリナ学園 ロザリオ幼稚園|松山市|愛媛県|モンテッソーリ教育|カトリック
     

    コミュニケーション力は一生必要不可欠です。
    むしろ、社会に出てからの方が重要なのではないでしょうか。
    しかし他人とのコミュニケーションがうまく取れずに悩んでいる人が多いのも事実。
    小さなうちから自分とは違う相手と関わることで上手にコミュニケーションをとる方法を遊びながら学んでいくことを期待しているんですね。

  • 少子化によって子どもたちが異年齢の子ども同士とかかわることが少ない現代、異年齢保育で多様な仲間関係や自我の発達にプラスになる。
    異年齢保育活動を通して子どもたちが相互に教え合い、学び合い、共に育ち合うことが出来るようにしたい。
    異年齢保育活動を通して個々の子どもの拠点となる場所や居場所が広がり、縦割りクラス、横割りクラスの先生など関わりが広げられる。
    出典 :異年齢(縦割り)保育への取り組みについて
  • 縦割り保育には賛否両論が入り混じるようです。
    魅力的なメリットがあると同時に、デメリットもあるのですから仕方のないことかもしれません。
    でも、何らかの工夫をすることでデメリットを最小限にしてメリットを得ることができるのではないでしょうか。
    縦割り保育で得られるメリット、子供たちが学んでくれることはとても重要なことで、すばらしいことだと思うのです。
    何とか少しずつでも縦割り保育を導入して、メリットとデメリットの折り合いをつけることができれば最高なのですが・・・