更年期なんて吹っ飛ばせ!更年期解消法!

更年期は誰でもくるものですが症状も人それぞれです。
体の症状だけで済む方もいれば精神面でとても苦労する方も。。
どんな症状があるのか知っておき更年期を楽しく解消する方法をご紹介します。

view297

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期

  • 更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。
    日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。
    出典 :更年期症状と更年期障害|女性の更年期|ドクター's コラム|eo健康
     

    個人差が大きいものですよね

  • どんな症状?


  • 血管系


     自律神経は、血管を拡張・収縮させるはたらきを持っています。血管系の自律神経に失調をきたすと、次のような症状があらわれます。

    ●のぼせ、ほてり、発汗
    ●冷え
    ●動悸、息切れ
    ●血圧の変動

    出典 :【更年期症状】 花王 ロリエ
     

    のぼせやほてりはかなり多くの方が経験します

  •  




    何もしていないのに顔がほてるのは更年期のはじまり?


  • 運動器・皮膚分泌系


     卵胞ホルモン(エストロジェン)の不足によって起こります。

    ●関節の痛み、肩こり、腰痛
    ●皮膚の乾燥、かゆみ
    ●口のかわき
    ●外陰部の痛み
    出典 :【更年期症状】 花王 ロリエ
     

    昔はこんなに痒くならなかった気がしませんか?

  •  



    痒くなるのも更年期


  • 泌尿器系


     泌尿器系の自律神経の失調や、骨盤の周辺を支えている靭帯のゆるみから起こります。

    ●頻尿
    ●失禁
    ●繰り返す膀胱炎
    出典 :【更年期症状】 花王 ロリエ
     

    頻尿や失禁も確かに若い頃はないかも・・・


  • 精神系


     更年期の不定愁訴で、もっとも多くみられるものです。年齢的にも、女性が公私ともにいろいろな問題を抱える時期と重なるため、家族関係や人間関係、労働環境などでストレスの多い人は、症状が出やすいことが知られています。

    ●疲労感
    ●記憶力の減退、判断力の低下
    ●イライラ、憂うつ、不眠
    ●頭痛、めまい、耳鳴り
    出典 :【更年期症状】 花王 ロリエ
     

    精神系はかなり困りますね。。
    しかも最も多くみられるので気をつけたいものです。

  •  



    不安になったりイライラしたり。。。


  • 内分泌系


     ホルモンバランスが乱れることによって起こる症状です。

    ●月経異常
    ●膣の乾燥、性交痛
    出典 :【更年期症状】 花王 ロリエ
     

    月経異常もよくあるようです。
    突然あり得ないほどの出血がでる場合もあり外出するときは気をつけて。

  • 更年期は充電期間!

  • 更年期障害というと、女性にとっては怖い病気のイメージがあるかもしれません。
    しかし女性の平均寿命が85歳、特に80歳以上の女性は男性の2倍以上という現代では、今や女性の更年期は「終わりの時期」ではなく、先に広がる風景を見据えて一息入れる「節目の時期」。
    これからの人生をよりよく生きるために必要な充電期間ととらえていきたいものです。
    出典 :症状と治療法|女性の更年期|ドクター's コラム|eo健康
     

    前向きにとらえることが更年期を乗り切る秘訣!!

  •  




    第二の人生の充電中!!!

  • 予防法と対処法


  • 睡眠


    適度の運動を行う事が必要


    大豆イソフラボン含む食品を摂取
    大豆イソフラボンは、女性ホルモン、エストロゲンに似た構造・働きをしており、
    更年期に不足する女性ホルモンの働きを補います。


    ビタミンEを摂取
    女性ホルモンの分泌が低下しているときに、ビタミンEを摂取すれば、
    ホルモンの分泌を促してくれますので、更年期障害の症状の予防・改善に効果があるといえます。
    また、ビタミンEは、過酸化脂質を分解し、血行をよくする作用もあるそうなので、
    更年期障害の症状である、頭痛・肩こり・冷えなどの改善にも効果があるそうです。


    カルシウムを摂取
    カルシウムは、神経伝達物質の流れを補助する働きもあります。
    つまりカルシウムを摂取するという事は、更年期障害の症状の一つである、
    イライラの予防・改善や、ホルモン分泌を促すことで、
    更年期障害の予防・改善ができるといえます


    サポニンを摂取
    過酸化脂質ができるのを抑える働きや、肝機能を高める作用があるそうです。
    肝機能が高まると、性ホルモンの材料であるコレステロールを増やし、
    ストロゲンの分泌を高めるようになり、更年期障害の予防や改善につながります。


    ビタミンB1の摂取
    更年期障害の症状の一つである疲労感や倦怠感は、
    このビタミンB1の不足から起こっている可能性があります

    マグネシウムの摂取
    神経の興奮を鎮める作用があるそうですので、
    更年期障害の症状の一つである、イライラの予防・改善に効果があるといえます

    出典 :更年期障害 予防
     

    普段から大豆製品をとるように心がけていると予防にもなりますね

  •  


    大豆製品は更年期に効果的!!!

  • 大事なのは自分を解放してあげること。
    お気に入りのアロマで癒されるのもよし、1人静かに読書をしたり、大好きな音楽を聴いたり、映画を観たり・・・
    自分が楽しいと思うことをやってみてください。
    出典 :ストレス解消でスッキリ対策 | ステキに頑張る女性たちへ、ココロとカラダの話 うららケア
     

    自分の好きなことをすることで解放する!!

  •  



    仕方なくではダメですよ(笑)

  • ただ、はっきり言えることが1つ!心が病んで
    いると更年期症状は、重くなります。心が治らないと、
    身体は治らない。心と身体は一体です。

    体調の良し悪しは、ストレスや心の
    持ちようが、関係していることも覚えておいてくださいね。
    出典 :当ブログについて|更年期障害を乗り越えてカッコイイ女性になろう|更年期で起きる不調や悩み│45歳から現れる病気や症状を和らげる方法
     

    精神面での自分の強い意志も必要です!
    家族にも理解してもらい考えすぎるのをやめましょう!!

  •  




    予防と対処で元気に克服しましょう!!