痛い皮膚病【帯状疱疹】が起こる原因とは?

帯状疱疹は痛みを伴う皮膚病です。その原因はなんなのか?を探っていきます。

view1314

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 帯状疱疹とは?

  • 帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水ぼうそうを起こす原因ウイルスと同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。
    出典 :帯状疱疹は、痛みがある皮膚病です
  • 帯状疱疹は、体の片側に起きる強い痛みと、痛みがある部分にできる帯状の赤み、ブツブツ、水ぶくれが特徴の病気で、子どもの頃にかかることの多い「水ぼうそう」のウイルスが原因で起こります。発症は幅広い年代でみられますが、特に高齢の方で多く、患者さんの約70%は50歳以上の方です。
    出典 :帯状疱疹とは?|帯状疱疹
  • 体の左右どちらかにしか表れないため、水疱瘡やじんましんとの区別はしやすいと思います。

  • 胸から背中にかけて最も多くみられ、全体の半数以上が上半身に発症します。また、顔面、特に眼の周囲も発症しやすい部位です。
    出典 :帯状疱疹って? | マルホ株式会社
  • 顔や目の周囲に出てしまうと、受診のための外出もちょっと躊躇いますね^^;

  • 帯状疱疹が起こる原因

  • 帯状疱疹のおもな原因のひとつには、体の免疫力や抵抗力が弱まっていることがかんがえられます。帯状疱疹が高齢者に多く見られる理由は、華麗とともに体力や免疫力、自然治癒力が衰えてきます。高齢者が体調の不調を感じて、急に体重が減少したり、食欲が急激に落ち始めたら、さまざまな病気にかかっている可能性が考えられますが、体に赤い発疹が広範囲に出た場合は、帯状疱疹の疑いがありますので、早急に皮膚科専門医の診察を受ける必要があります。
    出典 :帯状疱疹の原因 - 帯状疱疹.com
  • 年齢を重ねて体力や免疫力が落ちたところに発生しやすい病気なんですね。

  • ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激などにより免疫力が低下すると、ウイルスが神経細胞を取り囲んでいるサテライト細胞の中で再度増殖する (再活性化する) ことがある。
    出典 :帯状疱疹 - Wikipedia
  • ストレスでも発症しやすくなるということは、年齢に限らず帯状疱疹になる危険性があると考えられますね。

  • 帯状疱疹のリスクが高いのは、20~30代と50~60代、この2つの年代であることがわかっています。帯状疱疹の原因は、子どもの病気として知られる「水ぼうそう」のウイルス=水痘・帯状疱疹ウイルスです。水ぼうそうは治っても、ウイルスは体内から消えたわけではなく、痛みなどを伝える知覚神経のなかにひそんでいます。このウイルスは、ふだんは何か悪さをするわけではありません。初めて感染したとき、水痘・帯状疱疹ウイルスの情報を記憶して次の侵入に備える「免疫記憶細胞」がつくられ、ウイルスの増殖を抑えているからです。

     ところが、免疫記憶細胞は約20年で数が減少し、ウイルスの活発化を抑えることができなくなっていきます。日本では約95%の人が5歳までに水ぼうそうに感染していると言いますから、20~30代になると、帯状疱疹のリスクが高くなってしまうのです。その年代の人でも、小さな子どもがいれば、子どもが水ぼうそうになったときにウイルスに接触し、また免疫記憶細胞の数が増えます。でも、それも20年で寿命を迎え、50~60代になると、再び帯状疱疹にかかりやすい状態になると考えられています。
    出典 :20~30代にも多発! 帯状疱疹 - goo ヘルスケア
  • 帯状疱疹を引き起こすウイルスは20年単位で活発化する、と覚えておくといいでしょう。

  • 帯状疱疹にならないためには?

  • (1)免疫力を正常に保つことが大切。
    (2)疲れやストレスをためないことこそが最大の予防法です。
    (3)もしちょっとでも身体に違和感を覚えたら、迷わず病院で検診されることをおすすめします。
    出典 :最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 診察室
  • 帯状疱疹セルフチェック