チアシード危険!話題のチアシードに危険性はある?

チアシードは実は危険!!
チアシードの危険性について、以前ニュースでも取り上げられていたのはご存知でしたか?
本当にチアシードに危険性はあるのでしょうか?それはどういう危険なのでしょうか調べてみました。

view110138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • チアシードって一体なに?

  • チアシードについて

     

    危険と言われているチアシードですが、そもそも一体どんなものなのでしょうか

  • チアシードとはミント属の食物で、現代人に必要な栄養素がこの種1粒にたっぷりと含まれているのだそうです。古代からチアシードを大匙1食べるだけで1日生き延びることができると言い伝えられていたほどの栄養食なのだそうです。

    そして栄養素だけでなく食物繊維も大変に豊富で、便秘解消やダイエットにも効果的だということもあり海外で話題に。

    食べ方もとても簡単で水と合わせるとゼリー状になり、火を通したり調理したりする必要がないのでジュースに入れたりするだけで手軽にとることが出来るということも大きな魅力となって一躍ブームになり広がっていったのだそうです。

  • チアシードは、水分を含むとゼリー状の物質が約10倍にも膨らみます。
    このゼリー状の成分はグルコマンナンといい人間が消化できない食物繊維なのです。ちなみにこんにゃくにも含まれています。
    このグルコマンナンが水分を含むと膨張するため、少しの食事量で満腹感を得ることができるというわけです。
    チアシードには食物繊維だけではなくアミノ酸・カルシウム・マグネシウムも含まれているため、 不足しがちな栄養素も同時に摂取できます。
    つまり、チアシードは少量摂取するだけで満腹感を得ることができるだけでなく、食物繊維も豊富なので便秘も解消できる、という超優れモノの食品なのです!
    出典 :チアシードとは|チアシードの情報
     

    チアシードを少量摂取すると、栄養素を補えるだけでなく便秘も解消され、満腹感で食欲も抑えられるのです。便秘は肌荒れの原因の一つでもありますから美肌も手に入れることができるかもしれませんね

  • このようなミラクルな食材のチアシードが危険と言われているのはどうしてなのでしょうか?

  • チアシードに危険はあるのでしょうか?

  • チアシード自体が危険だという事なのでしょうか?

  • 毒カビが検出された事件

     

    チアシードから毒カビが検出されたとニュースになったことがありました。チアシードには毒があるということなのでしょうか?

  • 検出されたとき、チアシードにも毒性があるものがある、危険なんだと思った方もいらっしゃると思います。しかし、アフラトキシンというものは、 チアシードだけに含まれているものではありません。
    アフラトキシンの正体は、毒カビの一種で、発がん性がある為、危険です。しかし、これはチアシードに限らず、輸入の食品全般に注意が必要なカビの一種なのです。

    つまり、チアシード本来が持っている危険ではないということ。
    出典 :チアシードの危険性
  • チアシードを扱っている会社の管理状態でカビが生える状態の危険性というものなのです。
    カビというものは、湿気がある状態ではものすごい繁殖率になるため、幾ら状態を良くしておいてもどうしても発生する場合があるのです。ですから、チアシードの輸入物で気をつけることはこういったカビなどの状態という事があげられます。

    最近ではチアシード食品以外にも、輸入するものに対しての検査も厳しくなっています。ですから、以前のように不衛生な状態は少なくなってきたといえるのですが、こういった事も以前はあったことを認識しておいて、チアシードの購入の際は、安全な業者に頼む事を気をつけておかなければいけません。
    出典 :チアシードの危険性
  • アフラトキシンとは?

  • アスパラギルス・フラバス(aspergillus flavus)と呼ばれるカビが繁殖
    するときに造出する物質の名称で、猛毒を持つものです。
    発癌性を持つことが報告されています。
    カビそのものは嫌気性菌であり、土中に生息するが時として穀物に付着し、
    高温多湿の環境において繁殖することがあります。
    出典 :アフラトキシンとは - 新語時事用語辞典 Weblio辞書
  • チアシードから検出された毒カビは、衛生管理がきちんとされていなかったために付着したカビであって、チアシード自体が持っていたカビではありません。

    買う際に衛生管理が安心なお店なのかどうかを事前に確認して購入すれば何の問題もありません。毒カビという報道でチアシード自体に毒があって危険なのだと誤解を生んでしまった面がありますがこれは大きな間違いです。

    外国では日本ほど衛生観念が厳しくないので、割とカビが付着してしまうことはあるのだそうです。ですが、もちろんきちんと検査して管理されているお店ありますから事前に確認は怠らないようにしてください。

  • もうひとつの危険性

  • またチアシードは薬と違い副作用はありませんが、まれにチアシードの油が体質に合わない人がいますが、その場合はすぐにやめておきましょう。
    出典 :チアシードのレシピ、食べ方:本当に痩せるダイエット方法
  • 低カロリーダイエットの危険性

  • チアシードでダイエットするということは物理的に食事の量を減らしてしまうわけですから、低カロリーダイエットをするということです。チアシードというより、この低カロリーダイエットが気をつけないととても危険なのだということです。

  • 低カロリー食品ダイエットって?

     

    低カロリー食品ばかりを食べて、空腹を感じずに
    ダイエットする方法。手軽なのでチャレンジする人がおおいのですが、気をつけないと危険が潜んでいます。

  • まず一点、便秘になりやすいということ。
    ダイエット中に便秘になりやすい、という方が多くいらっしゃいますが、
    その原因の多くは便を排出するだけの量を食べていないということと、
    摂取した食物繊維や脂肪、水分の量が少ないということ。
    低カロリーの食品ばかり食べて、芋や豆などカロリーの高い食物や、肉や魚などは便の排出を促し、油で出やすくするという効能を持っています。ですから炭水化物制限や、脂質制限ダイエットなどを行っていると、便の排出が困難になり、固く短いうさぎのような便になってしまいます。
    出典 :低カロリー食品でダイエット、これって実は危険!? | DietBH ダイエット効果あるある
  • 便秘になる他には?

  • 肉や魚に含まれる脂肪は、摂り過ぎれば太る原因になりますが、肉や魚、
    卵に含まれるたんぱく質は、人間が活動する上で大事な栄養素となって
    います。
    脂質制限ダイエットなどを行っていて疲れやすい、やる気がでない、
    などの症状に陥っている方はいませんか。だとすれば、脂質を制限して
    いるのが原因かもしれませんよ。
    また米やパン、麺類などもカロリーは高いですが、大事な栄養素。
    炭水化物は摂取することで脳の働きを良くし、活性化させます。
    ですから炭水化物抜きダイエットなどはやり過ぎれば脳の働きを低下させ、仕事や勉強の能率も下げてしまいます。
    出典 :低カロリー食品でダイエット、これって実は危険!? | DietBH ダイエット効果あるある
  • チアシードを食べるとお腹のなかで水分を得て膨らみますから、満腹感を感じて食事の量は減ってしまいます。これはついつい食べ過ぎてしまう人にとっては効果的なダイエット法です。

    ですが、チアシードを食べ過ぎてしまうと必要な食事をとることも出来なくなってしまいますし、お腹の中で膨らみすぎて便秘になってしまうこともあるのです。

    チアシードの食物繊維は、人の体内では処理できないものなので、少量摂取すれば便秘を解消させてくれますが、摂りすぎてしまうと膨らんだ食物繊維で胃や腸がパンパンになってしまい便として出すことも困難になってしまいます。

    栄養のある食物といっても普段の食事でとる栄養素をすべて賄えるわけではありません。チアシードに頼りすぎてしまうのは危険なことなのです。