きちんと知っておこう「二日酔いの原因」とは

「二日酔いの原因」を正しくしっておいて予防に役立てよう!意外な事が原因の場合もある?

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二日酔いの原因をしって治そう

  • 二日酔いには様々な原因と症状があり、治し方は一様ではありません。表的な二日酔いの症状は脱水、吐き気、身体疲労(だるさ)、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などです。これら二日酔いの症状は原因を知り正しく対処すればより早く治すことができます。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
     

    早く治す為に必要なのです

  • 生理中や生理前

  • 生理前から生理中にかけてイライラしたり、落ち込んだり、心が落ち着かなかったりと、精神的に不安定になる女性は多いもの。いわゆる月経前症候群です。この時期にお酒を飲むと、精神的なモヤモヤを晴らしたくなり、ついつい飲み過ぎに。アルコールの分解力も鈍い時期なので、二日酔いになりやすいです。
    出典 :酒の種類だけではない!「二日酔い」の原因になる心理状態5つ
     

    こんな時には二日酔いになり易いのですね

  • 疲れが溜まっている

  • 業続きだったり、仕事のトラブルや繁忙期で、疲れを溜めている時も注意。普段より集中し、緊張状態になる機会が多い一方で、休息や睡眠が十分にとれていません。疲れが溜まればアルコールの分解能力も落ち、二日酔いになりやすくなります。
    出典 :酒の種類だけではない!「二日酔い」の原因になる心理状態5つ
  • アセトアルデヒド

  • 肝臓がアルコールをアセトアルデヒドに分解をし、そのアセトアルデヒドをさらに分解させて水と炭酸ガスにして排出するというのが通常のサイクルですが、アルコールの量が多いとこのアセトアルデヒドに分解したのちにさらにアセトアルデヒドを分解するという作業を肝臓が寝ている間に行えない為に二日酔いになるという説。
    出典 :二日酔いにならない方法-二日酔い解消法をご紹介します。
     

    これも有名な原因としてとらえられていますよね

  • まだまだ確定した情報じゃない

     

    アセトアルデヒドが体内に蓄積されて、それが二日酔いの原因とされてきましたが、実はそのことを証明するようなデータは驚くほど少なくまだまだ二日酔いの根本的な原因は特定されていないそうです。

  • アデノシン

  • 働きによりストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれるのもお酒を飲む楽しみです。しかし、アルコール以外にアデノシン(日本酒に多く含まれる)やアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用があり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります。
    出典 :二日酔いの原因と治し方
     

    このような働きがあるのですね

  • 感情が関係する場合

  • 怒りや悲しみという感情を持ちながら飲むと、気持ちを紛らわせたくなり、いつもより強いお酒を選び、酒量も増えがち。食べたり、水分補給をしたりする余裕もなく、ひたすら飲むことに集中しやすいので、二日酔い度も増えます。
    出典 :酒の種類だけではない!「二日酔い」の原因になる心理状態5つ
  • 逆に、楽しい時も飲み過ぎます。久しぶりの再開に話が弾み、思ったよりも飲み過ぎた、なんてこともありますよね。
    出典 :酒の種類だけではない!「二日酔い」の原因になる心理状態5つ
  • 原因がわかったら

     

    その部分を考えながら適量でお酒を楽しみましょう。また、治療方法についても軽くですが記載しておくのでためしてみてくださいね

  • •水を大量に飲む:体内のアルコールを薄める。血液中に流れているアセトアルデヒドを体外に排出する。•コーヒーを飲む:カフェインには血管収縮作用があり、頭痛の原因を抑えることができる。利尿作用があり、より早くアルコールやアセトアルデヒドを体外に排出できる。また、飲みすぎは胃もたれなどの原因にもなるため注意が必要。
    出典 :二日酔いの時に頭痛がおきる原因とすぐに実践できる5つの対処方法 | iGotit
  • •ウコンを飲む:ウコンにはクルクミンとプペリンという2つの成分がある。クルクミンは肝臓の機能を助け、アルコール分解機能を補助してくれる。プペリンは栄養素の吸収力を高め、アルコールやアセトアルデヒドを早期に体外に排出することを助けてくれる。
    出典 :二日酔いの時に頭痛がおきる原因とすぐに実践できる5つの対処方法 | iGotit