「大人の発達性障害」かも?空気がよめない・コミュ障・鬱っぽい・・・

ネット上では社交的っぽいのに、リアルで友達が少ない人やトラブルが多い人いませんか?
大人社会では「KY」や「自分本位で周りに気が回らない」「臨機応変な対応ができない」人は孤立しがちです。
もしかしたら性格ではなく、ADHDやアスペルがー症候群など「発達性障害」のせいかも?

view1349

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • コミュニケーションは「自分本位」では成り立たない

     

    大人社会では「空気読めないよね」とか「自分勝手だね」とか面と向かって言う事はあまりないですよね…

  • いやほんと空気読めないってやばいな
  • 空気読めってなー。料理はおいしいのにそこだけがちょっと
  • 気を遣い過ぎる必要はありませんが、多くの人は周囲の状況や雰囲気を察知して振る舞っています。
    あまりに「空気が読めない人」は倦厭されがち・・・

  • SNSではリア充の社交的な生活が溢れてる。「私ってコミュ障かも…」

  • コミュニケーションが苦手な人は「発達性障害」が原因かも?

  • 発達障害は、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害です。
    発達障害がある人は、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手です。
    また、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
  • 大人の発達性障害が増加!?うつ病などがきっかけで発覚も

  • 発達障害の患者の多くは一見すると正常に見え、優れた能力を発揮する人も珍しくないため、これまでは性格上のものとして見過ごされてきました。
    発達障害という障害自体もこれまでは子ども特有のものとされてきたため、自分が発達障害であるということに気づかない大人も多くいたのです。
    しかし、そんな大人たちがうつ病などをきっかけに発達障害であると診断されるケースが近年増加傾向にあり、大人の発達障害がクローズアップされ始めているのです。

    出典 :Mental Gym
  • 主な大人の「発達性障害」【アスペルガー症候群】

  • アスペルガー症候群とは、知能や言葉の発達に遅れはないものの、場の状況や文脈、人の気持ちを察知するのが難しく、コミュニケーションや社会適応に困難が生じやすい自閉的な特徴を持った「発達障害」(広汎性発達障害)のことを指します。
    出典 :2/3 大人の発達障害を知っていますか? [ストレス] All About
  • 主な大人の発達性障害【ADHD(注意欠陥/多動性障害)】

  • ADHDとは、Attention-Deficit Hyperactivity Disorderの略で、
    注意欠如・多動性障害の総称です。脳機能の不全によって、生活上にさまざまな困難を抱える、発達障害の一種です。

    ADHDの特徴は、大きく3つあります。すべての特徴が見られる人もいれば、1つだけ強く見られる人もいます。
    「多動性」「不注意」「衝動性」はADHDの基本症状といいます。

    出典 :ADHDな大人
  • 他にも「ASD(自閉症スぺクトラム障害)」「特定不能の高機能広汎性発達障害(PDD-NOS)」なども

  • 「発達性障害」が疑われたら・・・

  • ・専門的な診断 ・その特徴を正しく把握 ・周囲の理解を得るための働きかけ(環境)が大切です

  • 本人も周囲も障害を正しく知って、豊かなコミュニケーションを・・・!