正しい知識を「先天性サイトメガロウイルス」についてのまとめ!

先天性サイトメガロウイルスはしっかりとした知識を持っておく必要があるのです。

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 先天性サイトメガロウイルスとは

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症とは、子宮内の赤ちゃんにサイトメガロウイルスが感染し様々な症状が出てきてしまう感染症です。  症状をともなう感染症が発生しやすい状況は、お母さんが妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染してしまう、いわゆる初感染の場合です。
    出典 :先天性サイトメガロウイルスとは
  • また、以前お母さんに感染していたウイルスが体の中に潜んでいる場合、そのウイルスが妊娠中に増殖してしまい(それを再活性化と言います)、子宮内の赤ちゃんに感染してしまうこともあります。
    出典 :先天性サイトメガロウイルスとは
  • この病気は

     

    未熟児、移植後、AIDS患者、先天性免疫不全患者などであるが、免疫学的に正常であっても肝炎や伝染性単核症などを発症する場 合がある為とっても注意しなくてはいけない病気とも言えるのです。

  • 感染経路は

  • 感染経路は母乳感染、尿や唾液による水平感染が主経路であり、産道感染、輸血による感染、性行為による感染なども認められている。初感染を受けた乳幼児 はほとんどが不顕性感染の形で、その後数年にわたって尿あるいは唾液中にウイルスを排泄する。
    出典 :サイトメガロウイルス感染症とは
  • このことから、保育園などで子供同士の密接な接触によって感 染を受けたり、ウイルスを含む尿との接触により感染が成立する。
    出典 :サイトメガロウイルス感染症とは
  • 既感染の女性は母乳中にウイルスを排泄しているため、母乳は感染源となる。特に早産児においては、母体から十分量の抗体の移行を受けずに出生に 至っているため、初感染から感染症へと発展する可能性が高く、母乳のみならず、既感染者からの輸血にも注意が必要である。
    出典 :サイトメガロウイルス感染症とは
  • 免疫不全者におけるCMV 感染症のほとんどは、体内に潜伏感染していたCMV の再活性化による。臓器移植後の免疫抑制剤の投与、悪性腫瘍治療中の免疫抑制、AIDS 患者などにおいては、再活性化したCMV が間質性肺炎や網膜炎を発症する。
    出典 :サイトメガロウイルス感染症とは
  • ヒト以外の動物には感染しませんので、ペットへの感染もペットからの感染もありません。
    出典 :先天性サイトメガロウイルス感染症|先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」
  • 感染している人は

  • 現在、推計で、年間およそ1000人の子どもがこのウイルスによる障害を起こしているとされています。 その数は、ここ15年で、約2倍になっている調査もあります。
    出典 :解説)妊婦さん注意!サイトメガロウイルス | NHK「かぶん」ブログ:NHK
  • 子どものときの遊びが変わってきていること。子ども同士で取っ組み合ったり、じゃれあったりするような遊び方をしなくなっている。 また、世の中が清潔志向になり消毒するあまり、子どものときに感染しないまま大人になるケースが増えていると考えられています。
    出典 :解説)妊婦さん注意!サイトメガロウイルス | NHK「かぶん」ブログ:NHK
  • 特徴的な症状としては

  • 低出生体重:赤ちゃんが軽い体重で生まれてきます。  小頭症:頭の大きさ(頭囲)が小さくなります。  紫斑(皮下出血):出血を止める働きのある血小板が減少して、皮下に出血が起こります。  肝炎:肝臓の細胞が壊れる肝炎の状態になります。  難聴:耳の聞こえが悪くなります。片耳の場合も両耳の場合もあります。
    出典 :先天性サイトメガロウイルスとは
  • てんかん:けいれん発作を起こすことがあります。  視力障害:網膜の炎症や眼球形成自体に異常が起こり、視力に影響が出ます。  死亡:多くはありませんが、最重症の場合は死亡することもあります。 生まれた赤ちゃんの治療法に関しては、まだ確立したものはありませんが、抗ウイルス薬を主とした治療が試みられています。
    出典 :先天性サイトメガロウイルスとは
  • 新生児などの感染の場合は

     

    産道での感染、母乳を介した感染、尿や唾液を介した水平感染が主であるが、ほとんどが不顕性感染かあるいは軽症に経過するそうです。これは母体からの移行抗体に よる効果が大きいとされています。このウイルスはしっかりとした知識をもっておかなくてはいけないものというのがわかりますよね。