「大動脈炎症候群」・・・どんな病気???

「大動脈炎症候群」ってあまり聞かない名前の病気ですね。。。
どんな病気なのかご紹介したいと思います。

view232

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大動脈炎症候群

  • 大動脈炎症候群とは

     

    原因はどのようなものでしょう
    この病気の色々をみていきましょう

  • 大動脈炎症候群は高安病または脈なし病とも呼ばれ、大動脈から分枝している動脈に炎症が生じる病気です。原因は不明で、日本や東南アジアの女性に多く、年齢層は20代~30代に偏っていますが、40代や高齢者にも見られるようになってきました。また、大動脈炎症候群から大動脈瘤になる危険性もあります。
    出典 :大動脈炎症候群・高安病(症状/治療)
     

    ここの大動脈炎症候群はきをつけておきたい所になると思いますので
    覚えておきましょうね

  • 大動脈およびその主要な分枝に生じる原因不明の血管炎で、炎症の結果、血管の狭窄(きょうさく)、閉塞、拡張を来し、血流障害が生じます。手首の動脈の脈が触れないことがよくあり、脈なし病とも呼ばれています。また、最初の報告者の名前をとって、高安病(たかやすびょう)とも呼ばれています。
    出典 :大動脈炎症候群 - goo ヘルスケア
  • 患者さんの約9割は女性で、20〜40歳にかけて発症のピークが認められます。世界中で日本が最も患者数が多いといわれていますが、インド、中国などのアジア諸国でもみられます。
    特定疾患であり、医療費は公費負担助成の対象です。
    出典 :大動脈炎症候群 - goo ヘルスケア
  • 高安動脈炎は大動脈やそこから分かれている大きな血管に炎症が生じ、血管が狭窄したり閉塞したりして、脳、心臓、腎臓といった重要な臓器に傷害を与えたり、手足が疲れやすくなったりする原因不明の血管炎です。
    出典 :難病情報センター | 大動脈炎症候群(高安動脈炎)(公費対象)
  • 原因

  • 原因は不明ですが、自己免疫機序(仕組み)が関係しているという説が有力です。遺伝はしません。
    出典 :大動脈炎症候群 - goo ヘルスケア
  • 症状

  • 発熱、疲労感、めまい、視力障害、失神、耳鳴り、心雑音、心不全、高血圧などがみられ、視力障害や頭痛など症状が悪化する場合は手術が必要です。
    出典 :大動脈炎症候群・高安病(症状/治療)
     

    手術が必要になる前に治療したいですね

  • 症状

     

    色々な症状があるのですが
    一番見落とされているのが
    脳梗塞の危険性がある事です
    脳梗塞で色々な症状が引き起こされる事もあるのです

  • 最初の急性期は、発熱、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲不振、体重減少などの症状から始まることもありますが、発症が潜在性で気づかないことも多く、健康診断で“脈なし”を指摘されて初めて診断されることがしばしばあります。
    出典 :大動脈炎症候群 - goo ヘルスケア
     

    稀ですが、脳梗塞が起きてしまう場合がありますので
    注意が必要だと思います

  • 検査方法

  • 血液検査では炎症反応(CRP、赤沈)が陽性になります。X線検査では大動脈の拡大や石灰化が認められます。CT、MRIや血管造影検査では狭窄や閉塞などの病変部位や程度がわかり、本症の診断に最も有用です。心臓合併症の有無は、心エコーや心臓カテーテル検査により調べます。
    出典 :大動脈炎症候群 - goo ヘルスケア
  • 治療法

  • 炎症が強い場合は副腎皮質ホルモン薬を投与が行われますが、妊娠中には注意が必要です。
    出典 :大動脈炎症候群・高安病(症状/治療)
     

    妊娠中は危険なのですね
    かなり危険なので、心配はしておきましょうね

  • 急性期には炎症を抑える副腎皮質ステロイド薬が用いられます。
    出典 :大動脈炎症候群 - goo ヘルスケア
  • 大部分のかたはステロイドなどのお薬で炎症を消失させることができます。
    出典 :難病情報センター | 大動脈炎症候群(高安動脈炎)(公費対象)