夏には要注意!!【熱中症】応急処置と対処法

夏には熱中症が流行りますよね
車内でもなってしまうこれに対して
応急処置をまとめました

view274

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 外出した時だけじゃない!

  • 炎天下で外出した時だけでなく、暑い室内や車内に長時間いるだけでも熱中症になる場合があります。特に高齢者や乳幼児は気をつけましょう。陽射しがきついな、と感じた時には、暑さ指数を調べてみるのもいいでしょう。
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • 症状の観察

     

    熱中症は大きく、軽症、中等症、重症の3つに分けられます。

    発熱・発汗・頭痛・めまい・嘔気・嘔吐・脱力感・意識障害・痛みのある筋肉のひきつけなどがその症状です

  • I度

    ・めまい・失神
    「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。
    ・筋肉痛・筋肉の硬直
    筋肉の「こむら返り」のことで、痛みを伴います。発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により生じます。これを“熱痙攣”と呼ぶこともあります。
    ・大量の発汗
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • Ⅱ度

    ・頭痛・不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
    体がぐったりする、力が入らないなどがあり、 “熱疲労”と言わている状態です。
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • Ⅲ度

    ・意識障害・痙攣・手足の運動障害
    呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。
    ・高体温
    体に触ると熱いという感触です。 “熱射病”や“重度の日射病”と言われていたものがこれに相当します。
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • 見逃してはいけない重篤なサインとして、
    ・意味不明な言動・うわごと、飲水ができない
    ・皮膚が赤く乾燥し、触ると熱い(皮膚乾燥・発汗の停止)
    ・浅くて速い呼吸、意識がない・反応がない
    ・全身のけいれん

    のような症状があります。
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
     

    汗を大量にかいている間は大丈夫ですが
    かかなくなり皮膚が赤く乾くと要注意!

  • 熱失神

    皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。
    脈は速くて弱くなります。

    特徴
    めまい
    一時的な失神
    顔面蒼白

    出典 :熱中症の種類|大塚製薬
     

    ここは参考にしたい所ですね

  • 熱けいれん

    大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

    特徴
    筋肉痛
    手足がつる
    筋肉がけいれんする
    出典 :熱中症の種類|大塚製薬
  • 熱疲労

    大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

    特徴
    全身倦怠感
    悪心・嘔吐
    頭痛
    集中力や判断力の低下
    出典 :熱中症の種類|大塚製薬
  • 熱射病

    体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

    特徴
    体温が高い
    意識障害
    呼びかけや刺激への反応がにぶい
    言動が不自然
    ふらつく
    出典 :熱中症の種類|大塚製薬
  • 応急処置

  • 涼しい環境に移動させる
    風通しのよい日陰や、冷房が効いている部屋が適しています。
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • 衣服を脱がせ、体を冷やす

     

    涼しい場所へ移動し、体から熱を逃がすために、うちわや扇風機で風を当てることが一番効果的です。
    風が当たるように衣服を脱がせて皮膚を露出し、あまり汗をかいていないようであれば皮膚に水をかけて、濡らしてから風を当てます。氷水より、ぬるい水をかけてから風を当てると効果的です。

  • 水分・塩分を補給
    発汗により脱水症状を起こしている可能性もあるので、水分を十分に補うことが重要です。また、汗により塩分も喪失しているので、できれば水だけでなく少量の塩を加えた水、もしくはスポーツドリンクを飲ませると効果的です。
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • 吐き気などで水分が補給できない場合には、医療機関へ搬送し、点滴などの治療が必要です。
    出典 :救急処置 - 熱中症を防ごう - 日体協
  • 大量に汗をかいたにもかかわらす、水だけしか補給していない状況で、熱けいれんが疑われる場合には、スポーツドリンクに塩を足したものや、生理食塩水(0.9%食塩水)など濃い目の食塩水で水分と塩分を補給します。
    出典 :救急処置 - 熱中症を防ごう - 日体協
  • してはいけません

  • 氷のうなどを使って体を冷やす場合、直接皮膚に当てると血管収縮により熱の放散を妨げ、逆効果になります。できればタオルなどの布を巻いて使用しましょう。近くに布がない場合、少し冷やしては氷のうを患部から外し、少し経ってからまた冷やすというように徐々に体温を下げると良いでしょう
    出典 :熱中症|ファーストエイド|eo健康
  • 乳幼児の熱中症を防ぐポイント

  • 子どもを十分に観察しましょう
    顔が赤く、汗をたくさんかいているときには、すぐに涼しい場所へ!
    服装を選びましょう
    暑さに応じて、脱ぎ着できる服装がベスト!
    水分をこまめに飲ませましょう
    日頃から暑さに慣れさせましょう
    日頃から外遊びすることで、暑さに負けない
    身体づくりを!
    出典 :特に注意したい人 - 乳幼児|大塚製薬
     

    こちらも事件が多発しているので
    気をつけてくださいね

  • スポーツをする際は注意

  • 暑いとき、無理な運動は事故のもと
    急な暑さに要注意
    失われる水と塩分取り戻そう
    薄着スタイルでさわやかに
    体調不良は事故のもと
    出典 :熱中症を防ごう - 日体協
     

    5カ条だそうです!