レーシック手術から発症する飛蚊症の被害

レーシック手術から発症する飛蚊症の被害

目の中に透明な糸くずのようなものが浮いて見える・・・
ある日気付いたらそんな目の病気になっていた人、多くなっているそうです。
それは「飛蚊症」という病気。
それも、あのレーシック手術が原因だというのです。
どういうことでしょうか?

view369

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 角膜にエキシマレーザーというレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変え、視力を矯正していきます。レーシック手術を受けることで、メガネやコンタクトが不要になり、裸眼で生活できるようになります。レーシックとは、90年代にアメリカを中心に世界中に広まった施術法で、日本においては、2000年に厚生労働省からレーシックが認可され、それ以降は視力回復手術として普及してきています。
    出典 :レーシックとはどういう手術?
     

    大分前に認可されたもののようではあります。

  • レーシック手術が受けられない人

     

    角膜の厚さが不十分だったり、近視の強すぎる場合も受けられません。また、白内障や緑内障など眼に疾患があると、症状が悪化する可能性があります。内科疾患でドライアイになっていたり、過去にケロイド体質である、または現在なっている人も受けられません。ホルモンの影響で角膜の屈折が不安定だったり、妊娠、授乳中の人は麻酔や薬が使えないので控えましょう。重度の糖尿病やアトピー疾患、角膜疾患に影響が出る投薬をしている人も受けられません。角膜ヘルペスなどの感染症にかかっていると、再発してしまう可能性もあります。近視が進行中だったり、屈折が不安定、極端に奥眼、細目、眼の周りの脂肪が厚い人も受けられません。

    引用)http://レーシック手術.name/

  • 一定の条件が揃わなければ、手術は受けられないようです。術後の問題もあるそうで・・・。

  • 「飛蚊症」って

  •  

    飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もいます。

    引用)http://www.santen.co.jp/ja/health/eye/library/muscae_volitantes/

  • 透明な糸くずのようなものに見えたりもするそうです。明るい空を見上げて気付くことが多いみたい。

  • レーシックによる「飛蚊症」

  • ■レーシック後の飛蚊症?
    質問者:Sたけ 2013/04/04 05:35
    3年前の7月にPRK式でレーシックの手術をし、経過は良好でしたが視力が下がった気がし、検査をし再手術となり右目は昨年2月に過矯正になっていた為、遠視を取り除くPRK術、今年3月に左目の乱視があった為、PRK術で再手術をしました。今日、新しい仕事に就き、仕事で疲れたかな?と思っていた時に、右目の視界中央から下部にボウフラがうようよするようなものが見えました。今までも時々ありましたが、今回は結構多く見えていました。再来週、術後の定期検診で両目を診てもらいますが、先生に確認すると良い事などはありますか? また、飛蚊症は目の老化によるものという事だそうですが、治らないのであれば、どのようにすれば症状と上手く付き合いながら生活できますか?
    (30代/女性)
    出典 :アスクドクターズに掲載されたレーシックの後遺症(2013年1月~10月) - レーシックは土曜日に
     

    レーシック自体が原因かどうかは分かりませんが・・・術後に現れると、気になりますよね。

  • 飛蚊症(生理的なもの)は、特に治療法が無いとされているようですが・・・どうなんでしょうか?

  • 飛蚊症レーザー治療 Part 2〜先生側からの映像編〜 - YouTube

     

    目の中の飛蚊と、それをレーザーで散らせる?治療の映像です。こんな風になってるんですね。