「鉗子分娩(かんしぶんべん)」について【マタママ・プレママ】

お産の時にスムーズに赤ちゃんが出てこない・・・そんな時に「吸引分娩」は有名ですが、欧米ではより確実で安全性が高いという事で「鉗子分娩」が主流だそうです。ただ、高度な技術を要する「鉗子分娩」、日本では対応できない病院もあるとか。「鉗子分娩」で赤ちゃんに後遺症が残る事があるのでしょうか?

view2343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鉗子分娩とは?


  • 鉗子(かんし)分娩は分娩の途中で危険を回避するための緊急の手段です。
    赤ちゃんの命を救うため、一刻も早く出してあげなければいけないときに行われます。

    出典 :鉗子分娩
  • 鉗子

  • 鉗子分娩で使う鉗子という器具は金属製の2枚のへらを組み合わせたはさみのようなもので、これで赤ちゃんの頭を両側からはさんで引き出します。
    今のように帝王切開の技術が発達していなかった頃の日本では緊急時に対応する分娩法としてこの鉗子分娩が盛んに行われていました。

    出典 :鉗子分娩
  • 吸引分娩ならよく聞くけど

  • 日本では最近は吸引分娩が多く用いられていますが、鉗子での牽引は確実で優れているため、外国では鉗子分娩の方が主流です。しかし、手技の困難さもあり、習得することが難しいとされているため、わが国では取り入れてないドクターも多いようです。
    また、金属の鉗子を勢いよく動かすことで、産道に傷がつくこともあります。

    出典 :鉗子分娩と吸引分娩│プレママ│妊娠・出産応援サイト 電子母子手帳 Babys!
  • どんな時に鉗子分娩になるの?

  • 鉗子分娩が用いられるケース
    ● 子宮口が全開大したにもかかわらず、胎児が下がってこないで分娩が進行しない場合
    ● 母体の疲労が著しい場合
    ● 微弱陣痛
    ● 胎児の回旋異常
    ● 胎児が仮死状態に陥る可能性がある、または陥っている場合
    出典 :鉗子分娩と吸引分娩│プレママ│妊娠・出産応援サイト 電子母子手帳 Babys!
  • 鉗子分娩のリスクは?

  • <ママ>
    会陰裂傷、膣壁裂傷、頚管裂傷、尿道膀胱裂傷、出血などが起こることがあります。
    金属の鉗子を勢いよく動かすことで、産道に傷がつくことがあるためです。

    <赤ちゃん>
    分娩損傷(頭皮、顔面の皮膚剥離、眼損傷、頭蓋骨骨折)、顔面神経麻痺、頭蓋内出血、頭血腫などが起こることがあります。またこれらに伴って、黄疸、嘔吐などの症状が出ることがあります。
    固い金属の鉗子で頭をはさむことによって起こるものもありますが、分娩中の低酸素による仮死状態で生まれることに起因するところも大きいといわれています。

    出典 :鉗子分娩
  • 技術があれば、より安全な分娩方法

  • 日本産科婦人科学会学術集会でも発表がありましたが、吸引分娩による新生児仮死・新生児死亡例は意外なほど多く、吸引分娩が鉗子分娩に変わるほど決して安全な方法ではないことも知らされました。
    そう、吸引分娩は十分な内診技術や手術技術がなくても実施できてしまう所に大きな危険が潜んでいるのです。
    その上、鉗子分娩ほど確実性がありません。
    出典 :初めての鉗子分娩|産婦人科専門医・周産期専門医からのメッセージ
  • できるだけ自然分娩で産めるように、よく運動して太り過ぎないよう気をつけましょう

  • お産の方法も様々。元気な赤ちゃんを!

  • このような器具を使うことで、赤ちゃんの頭に傷がつくのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、鉗子によってできた跡も、吸引によってできたこぶも2~3日で自然に治り、脳に障害が残るようなこともまずありません。
    そうした心配よりも、鉗子や吸引カップによる処置をしないまま、ずるずるとお産を長引かせる方が、赤ちゃんにとってもママにとっても、とても危険なお産となってしまいます。

    こうした分娩に対してできる予防策としては、できるだけ安産で産めるように、よく運動して太り過ぎないといった、妊娠中から健康管理をしっかり行うことが大切です。
    出典 :鉗子分娩と吸引分娩│プレママ│妊娠・出産応援サイト 電子母子手帳 Babys!