大切な出産、自分にあった病院の選び方

我が子を迎える大切な出産。安心して信頼のおける病院を選ぶことがもちろん大事ですが、そのための情報をまとめました。

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、病院にはいくつか種類があります。

  • それぞれに利点欠点があります。自分にあった病院はどこなのか、ネット、知人、経験者にも相談し、多角的に判断しましょう。

  • 総合病院

  • 総合病院とは、ベッド数が100床以上で複数の診療科がある施設のことをさします。
    創業病院は、他科との連携が取れているので出産時の緊急時には安心することが出来るメリットがあるのです。
    最近では、総合病院には産婦人科医院や小児科を閉鎖している病院のあるので、総合病院で出産を決意をする前に確認することが大切です。
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 大学病院

  • 大学病院とは、スタッフの数だけではなくて、最新の医療設備が整っている大規模の病院のことをさします。
    大学病院では、出産時など万が一に起きた緊急事態に対して、他科との連携によって素早い処置が可能になるので安心感があるのです。
    大学病院のデメリットとしては、待ち時間が長くて、診察時と分娩時の医師が異なることがあげられるのです。
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 産婦人科専門病院

  • 産婦人科専門病院とはベッド数が20床以上の施設のことで、産婦人科医院とは19床以下の施設のことをさします。
    基本的に産婦人科専門病院&産婦人科医院では、初診・妊婦健診・分娩まで同じ医師が対応してくれるので、医師とママさんのコミュニケーションには適している施設なのです。
    産婦人科専門病院&産婦人科医院は、出産の専門院ですので母親学級・体操教室を開いている施設が多いというメリットがあるのです。
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 助産院

  • 助産院とは、助産師が開設している分娩施設のことをさします。
    助産院での出産は、家庭的な雰囲気の部屋で出産が可能で、自然分娩を希望するママさんに絶大な支持をされているのです。
    助産院では、正常経過の妊娠&分娩が対象なので、助産院で出産できる妊婦は限られているのです。
    また助産師は、会陰切開などの医療行為は出来ないので、分娩進行中に起きたトラブルの場合は、大病院に搬送されるというデメリットがあるのです。
    出典 :出産 - 病院の正しい選び方 | 妊娠&出産 -ママさんデビュー♪
  • 病院選びのチェックポイント!

  • まずは気構え。妊娠がわかったらまずは病院選びが大切です。気軽に行った病院との相性が合わない事はよくあります。妊娠生活を充実させるためにも、安易な気持ちは捨てて、しっかり納得できる病院選びをします。
    出典 :妊娠・病院選び

  • check point1 自分が望む出産法ができるか

    できるだけ自然な経過を大事にしたい、分娩所要時間の短いお産をしたい、麻酔分娩で痛くないお産をしたい、夫の立ち会い分娩が希望など、自分なりのバースプランを作ってみます。その上で、希望する出産法ができるかを確認しておきましょう。

    check point2 自分が望む産後のケアがあるか

    母子同室か母子別室か、母乳哺育に積極的か、出産直後のカンガルーケアがあるかなど、産後のケアについて確かめましょう。

    check point3 通院可能か

    妊婦健診に通うことやお産入院に備えて、通いやすい距離、交通手段は便利かなども考慮に入れましょう。

    check point4 アメニティは良好か

    入院室はもちろん、トイレやシャワールーム、食事内容も快適な入院生活に欠かせない要素です。入院スペースは妊婦健診への通院ではわからないことも。パンフレットやホームページで確かめて。病院によっては分娩室や新生児室を見学できるところもあります。

    出典 :病院選び|出産編|プレママタウン
  • 参考動画

  • 特に初めて出産に不安はつきもの。いろいろな動画など見て、安心するのもひとつの手段ですね。

  • ☆ BIRTH ☆  新しい生命の誕生

  • こんな映画もあります。

  • 映画「うまれる」予告編

  • 映画『うまれる』監督&プロデューサーの子の誕生