誰でもなる可能性がある子宮頸がん!!子宮頸がんと闘った有名人まとめ!!

性交経験のある女性なら誰でも発症する可能性のある子宮頸がん!!
その病気と闘ったことのある有名人についての情報をまとめてみました!
沢山の女性がこの病気で苦しんでいます!!

view8843

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 子宮頸がんってどんな病気なの???

  • 子宮頸がんは女性特有のがんとしては、乳がんに次いで罹患率が高く、特に20~30代のがんでは第1位となっています。日本では、毎年約10,000人もの女性が新たに子宮頸がんにかかり、約3,500人1)が子宮頸がんで亡くなっています。大体、1日に約10人の方が亡くなっている計算になります。
    出典 :子宮頸がんってどんな病気? | 子宮頸がん予防情報サイト もっと守ろう.jp | MSD
     

    この病気にかかる女性は沢山います!!

  • 子宮にできるがんには子宮の奥に発生する「子宮体がん」と、子宮の入り口に発生する「子宮頸がん」の2種類があります。これら2つの病気は原因も、発症年齢なども全く異なります。
    出典 :子宮頸がんってどんな病気? | 子宮頸がん予防情報サイト もっと守ろう.jp | MSD
  • 子宮頸がんにかかりやすい人はどんな人???

  • 子宮頸がんは、特別な人がかかる病気ではありません。セックスの経験のある女性なら、誰もが発病する可能性がありますし、最近では特に20−30代の女性に急増しています。その一方で、子宮頸がんは予防の出来る病気とも言えます。検診とワクチンの接種でほぼ完全に予防ができるようになってきました。そういう意味で言うと、子宮頸がん検診を定期的に受けていない人や、ワクチンを接種していない人がかかりやすいと言えるでしょう。また、タバコも要注意です。喫煙をする人は、子宮頸がんにかかるリスクが2倍以上高くなるというデータもあります。
    出典 :子宮頸がんにかかりやすい人は、どんな人ですか? | Q&A | 子宮頸がん.jp
  • 子宮頸がんになった有名人まとめ!!!

  • 原千晶

     

    05年に子宮頸がんを発病。円錐切除手術を受けました。

  • 2年間は検診に行くものの、その後足が遠のき通院しないまま、09年に再び再発。
    子宮頸がんと子宮体がんの併発、リンパ節への転移まで進行していた為、子宮全摘出と抗がん剤治療を受けることとなったのです。 
    出典 :子宮頸がんになった有名人 | 子宮頸がんのガイドブック
  • 洞口依子

     

    04年1月の時に、子宮頸がんⅠb2期だということが判明。翌月、広汎子宮全摘術を受けました。

  • 後遺症による排尿障害に苦しむ中、がんがリンパ節にまで転移していたことが分かり、放射線と抗がん剤を併用しながらの治療を開始。
    2ケ月間に及ぶ苦しい入院生活の上、ようやく子宮頸がん治療の一つの山を越えることとなったそうです。
    出典 :子宮頸がんになった有名人 | 子宮頸がんのガイドブック
  • 森昌子

     

    2年以上に及ぶ更年期障害に苦しみ、そして子宮筋腫が見つかりました。

  • 主治医には子宮全摘出を進められたのですが、彼女の希望により子宮温存可能なレーザー除去の手術をすることに。
    しかし、その手術の中で初期子宮頸がんが発見されるのです。
    術後、再びいくつかの子宮筋腫を再発した為、最終的に子宮全摘出をすることを選んだそうです。
    出典 :子宮頸がんになった有名人 | 子宮頸がんのガイドブック
  • 大竹しのぶ

     

    自叙伝において子宮頸がんであった事を告白しています。

  • 早期発見が行えた為、子宮の部分摘出だけで済んだそうです。
    入院も2週間で済んだという点や、現在の活躍ぶりを見ていても、早期発見の重要さがうかがい知れるでしょう
    出典 :子宮がんになった有名人の一覧
  • 早期発見には定期健診が大切です!!是非受けるようにしましょう!!

  • 検診は簡単に受ける事が出来ます!!