【妊娠中に多いトラブル】こんな症状が出てきたら要注意!すぐに受診しましょう。

「妊娠は病気じゃない」、こんな風に言われることもありますが、妊娠時に起きるトラブルは多いもの。甘く見ずに少しでもおかしな症状があったら受診しましょう。

view38

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 命にもかかわる怖いトラブル「子宮外妊娠」

  • 妊娠検査薬に陽性反応が出ても、正常に妊娠しているとは限りません。妊娠初期に見られる代表的なトラブルが「子宮外妊娠」です。

  • 子宮外妊娠とは、受精卵が子宮内膜以外に根をはって着床してしまうことです。
    出典 :子宮外妊娠-子宮内膜以外に着床すること
  • 子宮外妊娠には初期症状がなく、通常の妊婦さんと同じようなマイナートラブルの症状のみがあらわれる為に、ママ自身が妊娠に気付き、産婦人科を受診した際に始めて「子宮外妊娠の疑いがある」と知らされる事が多いのです。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
  • 特に子宮外妊娠によって、卵管の破裂が起こってしまうと、これは大出血が発生してしまうので、非常に危険です。
    出典 :子宮外妊娠の症状・危険性と注意点!!
  • 子宮外妊娠をすると、着床した部分を取り除く手術をします。 受精卵を子宮の外から中へと移動させることはできないため、 そうする以外に方法がありません。 つまり、そのときの妊娠は残念ながらあきらめることになります。
    出典 :子宮外妊娠の初期症状
  • 妊娠を諦めるのはとても辛いことですが、子宮外妊娠はそもそも正常な妊娠ではありませんので、そのままにしていても赤ちゃんは育ちません。早く処置をしてもらえば、次の妊娠も充分に可能です。

  • 母体の影響から起きてしまう可能性も…「切迫流産」

  • 妊娠初期から中期まで、長い間気をつける必要があるのが「切迫流産」です。

  • 「切迫流産」は、流産にまでは至っていないけれど流産しかかっている、または流産のリスクがある状態のことを言います。
    出典 :切迫流産の原因・症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • 主な症状は出血で、下腹部痛を伴うこともあります。出血がなくともおなかの痛みや張りがあるときは早めの受診が必要です。
    出典 :BABY - 切迫流産・切迫早産
  • 切迫流産は、赤ちゃんの染色体が原因である初期流産とは違い、母体などの影響からも起きてしまいます。
    そのため、母体に負担をかけないことが大切です。

  • まずは安静第一。子宮収縮があるときは張り止めを服用し、感染症を起こしていれば、抗生剤を使用。
    出典 :BABY - 切迫流産・切迫早産
  • 妊娠後期に多い「妊娠高血圧症候群」

  • 妊娠後期に多く見られる怖いトラブルが「妊娠高血圧症候群」です。

  • 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん、英: Pregnancy-induced hypertension)とは、主として妊娠後期に見られる高血圧と蛋白尿を主とする一連の疾患群の総称である。
    出典 :妊娠高血圧症候群 - Wikipedia
  • 重症になると脳出血や痙攣などを起こすこともあり母子の命の危険もある怖い病気です。
    出典 :妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)
  • 自覚症状に乏しいのが、この病気の難しいところです。重症になっていても妊婦健診で異常が見つかるまで自分では気がつかないことも多く、言われてみれば頭痛や倦怠(けんたい)感、ねむ気などの症状があったなあと気がつくことも少なくありません。
    出典 :日本妊娠高血圧学会
  • 妊娠高血圧症候群のほとんどは、妊婦検診の際に測った血圧や、尿検査によって発覚するようです。治療法は主に降圧剤の服用になりますが、血圧を下げるような食事内容に変えることも大切です。

  • 血圧コントロールがまったくできない場合、最終的にできる治療は「妊娠の中止」です。帝王切開で赤ちゃんを出してあげて妊娠による母体への悪影響を取り除くことになります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の治療法・後遺症 [婦人病・女性の病気] All About
  • 臨月前に緊急帝王切開せざるをえないケースもあります。そうならないように、妊娠初期から普段の生活でも血圧を測る習慣をつけたいですね。