妊娠しにくくなる!?「バセドウ病と妊娠」関係とは

妊娠しにくくなる!?「バセドウ病と妊娠」は本当に関係があるのでしょうか!?

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バセドウ病と妊娠

  • 甲状腺機能の亢進が長い間続いていると、生理が少なくなったり、停止してしまうことがあります。しかし、バセドウ病だから妊娠しにくいということはありません。
    出典 :バセドウ病|甲状腺の病気について|伊藤病院 - 甲状腺疾患専門
     

    これで一安心ですね!妊娠しにくいという事は無いようです!

  • ただし、甲状腺ホルモン過剰の状態で妊娠すると、流産や早産の危険が高くなります。安全な妊娠・出産のためには、前もって甲状腺ホルモンの濃度を正常にしておくことが大切です。
    出典 :バセドウ病|甲状腺の病気について|伊藤病院 - 甲状腺疾患専門
     

    このあたりは知っておかなくてはいけないですね

  • 妊娠前

  • 甲状腺ホルモンが正常化する前に妊娠すると合併症、奇形の発生頻度が高くなります。甲状腺ホルモンが高値の場合、妊娠が成立しにくいのですが、治療とともに妊娠し易くなります。従って甲状腺ホルモンが正常化するまで避妊の必要があります。
    出典 :http://www.hata.com/gra.htm
  • 妊娠初期

  • つわりがひどくなったり、流産し易くなったりしますので医師の指示通り薬を服用してください。薬というと奇形を心配する人が多いですが、バセドウ病に用いる薬は異常になった代謝を正常にする薬ですから、そのような恐れはないどころか、異常な代謝による奇形の発生を防ぐ働きがあります
    出典 :http://www.hata.com/gra.htm
  • 妊娠5週目に

     

    血液検査をしておくと新生児バセドウや分娩後のバセドウ再発などの予測に役立つそうです!これはしておきましょうね!心配な所は少しずつ調べていきましょう

  • 妊娠中期~分娩

  • 妊娠が進むと、バセドウ病は軽快することが多く、薬を中止できる場合があります(薬によるコントロールのよい人に多い)。しかし薬を中止して悪化する場合は薬を再開します。また甲状腺機能が亢進していると、流産や早産の起こる場合があり、放置すると分娩後急激に悪化し危険になることもあります
    出典 :http://www.hata.com/gra.htm
     

    程度によりますが、薬には気をつけましょう

  • 闘病中に妊娠を希望する場合

  • 維持量(1日1~2錠)のプロピルチオウラシル内服で甲状腺機能がコントロールされてから計画的に妊娠することができれば何ら問題はありません。プロピルチオウラシルを内服しながらでも甲状腺機能がコントロールされていれば妊娠してかまいません。
    出典 :妊娠と甲状腺の関係について
  • 妊娠するまでに手術でバセドウ病を治療しておく方法もあります。ただしバセドウ病手術直後の数ヶ月からおよそ1年までは甲状腺機能が低下していることがよくあります。この時期に妊娠を希望する場合は甲状腺ホルモン剤を内服して甲状腺機能を正常にコントロールしてから計画的に妊娠することを勧めます。
    出典 :妊娠と甲状腺の関係について
  • 病気を患っていても

     

    妊娠したいという気持ちが出るのは当たり前の事じゃないでしょうか?だからこそ知っておきたい知識ですよね!バセドウ病でも頑張っている芸能人だって沢山いるのですよ。参考になるサイトのリンクを貼っておきます!