正しく知って付き合おう『発達障害』

一目で見て分かる障害ではないので、親としても受け入れることに時間がかかったり。

周りの理解を得ることが出来ずに苦しむ人たちも少なくありません。

view430

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アスペルガー症候群

     

    今まで、しつけのせい・・などと言われて傷ついたママもいるはず

    アスペルガーなどの発達障害は先天的な脳の障害です。

    親にも周囲にも社会にも適切な知識を持ってサポートが必要です。

  • 芸能人の中にも意外と多い、アスペルガー症候群
    このことからも分かるように、アスペルガー症候群だからといって
    社会との関わりが出来ないというわけではありません。適切な診断、適切なサポートが大切なのです。

  • アスペルガー症候群

     

    いろいろな書籍も発売されています。
    もしかして・・・と思った時には、書籍などを読んでみてはどうでしょうか。

  • 社会との連携

     

    社会との連携・社会のサポートが必要です。

  • 2004年に成立した発達障害者支援法により、発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などに類する脳機能の障害で、その症状が通常低年齢で発現するものとして政令で定めるもの、と定義されている。同法の制定に伴い、それまで不十分だった発達支援サービス(特性に応じた医療・福祉・教育的援助)を受けられるようになった。従来発達障害児が支援サービスを利用するためには、療育手帳か便宜的に精神障害者手帳を取得する必要があり、取得が困難なことも少なくなかった。したがってこの法整備の意義は大きく、疾病の早期発見や療育のための社会体制の構築がようやく各地で始まったところである。 08年3月現在、発達障害児に対する対策として、制度化はされていないが、3歳児健診に次ぐ、5歳児健診が検討されている。また、就学児童への対応として特別支援教育が実施されている。
    出典 :発達障害 とは - コトバンク
  • 気づく時・・・

     

    ふとした子供の行動が気になることはありませんか?
    子供の事だから、ついつい『大丈夫』だと言い聞かせたくなることも。

    でも、適切な診断を受け適切な教育を受けることが何より大事なのです。

  • 「子供も大人も急増!見逃すな"発達障害"」【昭和大学附属烏山病院】 - YouTube

     

    大人にも多いという発達障害
    分かりやすい動画なので、見てみてください。

  • 自閉症(発達障害)のことは今でも日本では知られていませんが、米国ではSST(ソーシャルスキルトレーニング)など自閉症の人に社会に適応するためのトレーニングが幅広く行われています。
  • 「発達障害(ADHD・アスペルガー症候群)」ザ!世界仰天ニュース - YouTube

     

    一見するだけでは、普通の子と何も変わらない。
    むしろ、学力的にはとても高い能力を持っていたりします。

  • ブログUPしました(*^_^*) 状況判断が難しい-発達障害児の日常- http://t.co/5pcbvEPMOy よかったら読んでください。#発達障害 #ADHD #アスペルガー
  • 発達障害の子どもたちのために社会ができること_発達障害と向き合う地域社会 - YouTube

     

    少なくない発達障害
    今社会が出来る事は何でしょうか。

  • すぐわかる発達障害の特性-発達障害「あるある」2012 - YouTube