生まれつきでなる事もある!気管支拡張症って?

感染症の為気管支の壁が破壊され引き起こされる事のある
この病気の症状や原因は何☆

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気管支拡張症

  • 気管支が非可逆的な拡張をきたした病態です。気管支が拡張すると、気管支の浄化作用が低下 し、痰がたまって細菌などが繁殖しやすく気管支炎や肺炎に罹りやすくなります。また、拡張した気管支には血管が増え、血痰や喀血も出現することがありま す。
    出典 :西新潟中央病院
  • ・持続する咳、痰(黄色~緑色)、時に血痰や喀血が出現

    ・副鼻腔炎(蓄膿症)と言われたことがあったり、現在治療中の方

    ・幼少時、肺炎にかかったことがある方
    出典 :西新潟中央病院
     

    この辺は知っておきましょうね

  • 過去に

     

    上記に当てはまった人は
    注意が必要です
    私も過去に肺炎に
    かかった気がするので
    気をつけるようにしようと思います

  • 元の状態には戻らない

  • 気管支拡張症とは、気管支が非可逆的に拡張してしまう病気です。医療で”非可逆的”というときは、”治療をしても発病前の状態に戻らない”という意味です。気管支は何回も枝分かれをしていきますが、通常は分枝回数を重ねるごとに、内腔が細くなっていきます。
    出典 :気管支拡張症の症状と治療法
     

    もう元には戻らないっていったい・・・

  • しかし、気管支拡張症では、中枢部から末梢の内腔が拡大して大きくなっています。肺全体に起こる場合と、局所に起こる場合があります。気管支が拡張すると、気管支の浄化作用が低下し、痰がたまって細菌などが繁殖しやすく、気管支炎や肺炎にかかりやすくなります。
    出典 :気管支拡張症の症状と治療法
     

    リスクがかなり大きい事がわかりますね

  • 原因

  • 1.先天性(生下時より気管支拡張が存在)2.後天性
    1) 気管支繊毛運動の機能異常;気管支線毛運動の機能障害が基礎にあり、気道感染を繰り返して気管支拡張症が出現します。副鼻腔炎を合併していることが多くみられます。
    出典 :西新潟中央病院
     

    合併する事が多いのですね

  • 2) 幼少時期の重症呼吸器感染症;病気に罹った部位の気道が損傷をうけ、その部位での感染を繰り返し、気管支拡張症が出現することがあります。 3.他疾患に引き続き発症
    肺結核、肺化膿症、塵肺などの疾患に引き続き、出現することがあります。
    出典 :西新潟中央病院
     

    肺結核は結核菌によって引き起こされます
    肺化膿症もつらい症状が出ると思います

  • 症状

  • 色の付いた痰(黄色から緑色のことがが多い)と咳が、一緒にでることが特徴です。発熱を伴うこともあり、感染が拡がると呼吸困難がみられます。痰に血が混じったり、喀血(咳とともに肺から血を吐くこと)が出現することがあります。
    出典 :西新潟中央病院
  • 無症状なら、治療をしないで経過を観察することもあります。また、病状が安定している時期の治療として、吸入療法や去痰薬の内服、痰を出しやすい体位をとること(体位ドレナージ)などの理学療法を行います。さらに、症状の軽減や炎症を抑えることを目的に、一部の抗菌剤(マクロライド系)を長期内服する場合もあります。
    出典 :一般社団法人日本呼吸器学会 - 気管支拡張症
  • タイプが二種類ある

  • 臨床的には持続感染により大量の痰喀出を特徴とするウェット型(wet type)と、時おり血痰を認めるのみのドライ型(dry type)に分けられます。日本でウェット型と考えられるものは、ほとんどが副鼻腔気管支症候群(SBS)に含まれます。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 気管支拡張症と診断された40歳女性
  • 様々な症状が出るようです

     

    タイプがあり
    そこに合わせて
    症状があるのです
    このような病気に関しては
    本当に気をつけていきたいですよね

  • 症状としては、咳嗽、喀痰が最も多いです。いわゆるウェット型(wet type)では、常に膿性痰がみられ、慢性副鼻腔炎を合併することが多いです。感染の増悪時にはこれらの症状はさらに増強し、呼吸困難を呈することもあります。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 気管支拡張症と診断された40歳女性