口唇口蓋裂の手術は、いつ行うかと、術後のケアが大切です

口唇口蓋裂は様々な原因よって引き起こされる病気ですが、その原因の大多数はわかっていないのが現状です。
原因はわかっていなくても、治療方法はある程度確立されていますので、適切な手術と術後の治療を受ければ完治する確率はかなり高い病気なのです。

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 唇裂口蓋裂はどうして起こる?

  • 口唇は胎生8週頃に,口蓋は胎生12週頃にできあがります。口唇や上顎,口蓋を形成するための突起といわれる組織が,それぞれ上方や側方から伸びてきて,顔面や口蓋の中央部で癒合することで,口唇や口蓋が形作られます。
    出典 :口唇裂・口蓋裂の治療について - 県立広島病院
     

    胎児はだいたい8週頃に顔面の形成が始まります

  • の癒合過程が,なんらかの原因で障害された時に口唇裂,口蓋裂が生じます。口唇裂や口蓋裂は,別々に起こることもありますが,同時に見られることが多いです
    出典 :口唇裂・口蓋裂の治療について - 県立広島病院
  • 原因としては環境要因(約10%),染色体異常(約10%),遺伝要因(約10%),原因不明(約70%)と言われていますが,はっきりとしていないのが現状です。
    出典 :口唇裂・口蓋裂の治療について - 県立広島病院
     

    ほとんどの原因はわかっていないというのが現状です

  • 口唇裂

     

    口唇裂はその裂の程度により、鼻まで達する完全口唇裂、達しない不完全口唇裂に分けられ、さらに片側のみにあるもの、両側にあるものに分けられます。
    この他に皮膚表面の線状陥没にとどまる痕跡唇裂や、裂が真ん中にある正中唇裂があります。

  • 口唇口蓋裂の手術・治療

  • 手術までは手術のための前療法を行います。
    裂がそれ以上拡がらないように、また両側唇裂の場合は中間顎(割れ目と割れ目の間)が前の方に出てこないようにテーピングをして、おうちでも交換できるよう指導します。
    出典 :【形成外科】 口唇裂・口蓋裂・顎裂の治療・手術 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • できるだけ早期の手術を提唱する施設もありますが,形態や機能の回復のために,より正確な手術を行うには,やはりお子さまの成長を待ってから行うのが良いと考えています
    出典 :口唇裂・口蓋裂の治療について - 県立広島病院
  • 生まれてすぐの赤ちゃんの体は発達がまだ不十分ですので、受診されて手術までの間に、麻酔や手術に耐えうる体力をつけることが重要です。手術前には1カ月に1回程度の割合で口腔外科に来ていただき、全身状態・口唇・鼻・口蓋などの局所の診察を行います。
    出典 :鹿児島大学口腔顎顔面外科(旧第2口腔外科)
     

    まずは手術に耐えらるように赤ちゃんの体力をつける事が大切です

  • 口唇症の形成手術

     

    口唇裂の手術は、片側性の場合には生後約3か月、体重6kg以上で、三画弁法でおこなっています。
    両側性の場合は、両側同時に行う場合には約4か月でおこない、片側づつ2回に分けて行う場合は1回目を3か月、2回目を6-7か月でおこなうようにしています。
    手術は全身麻酔でおこない、入院に必要な期間は2週間程度です

  • 口蓋裂は上顎(上あご)の天井が裂けた状態です。この部分は発音と密接な関係があり、適切に治療されないと、言語の問題をきたすこともあります。口蓋裂の手術は、通常1歳6か月前後に行います。
    出典 :鹿児島大学口腔顎顔面外科(旧第2口腔外科)
     

    この時期は発音を完全に覚える前で、しかも顎の発育がある程度進んだ状態であり、口蓋裂の手術の最適の時期といえます。

  • 入院は7日間ほどで、退院後は月に1回ペースで経過を見ます。傷の状態が良好ならば通院間隔は徐々に長くしていきます。
    出典 :【形成外科】 口唇裂・口蓋裂・顎裂の治療・手術 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • 手術後の言語療法

  • 近年の、口蓋裂手術の進歩により、ひどい言葉の障害を抱えるお子さんは少なくなりましたが、口蓋裂ではいくつかの言葉の問題をもつ場合もみられます。
    出典 :鹿児島大学口腔顎顔面外科(旧第2口腔外科)
     

    口唇症は言語障害の引き金にもなるのでそこも注意が必要です

  • 口唇症のお子さんのことばの問題

     

    1. しゃべりはじめが遅い場合が多い、
    2. 鼻声になりやすい、
    3. 発音が不明瞭になりやすい、
    4. 中耳炎がことばに悪い影響を与える
    などがあります。

  • 適切な言語治療を受ければ、ほとんどの方は、正常なことばを獲得することができると言われています。そのためには、ご家族の協力がとても大事になってきます。ご一緒によりよい環境作りを行っていきたいと願っています。
    出典 :鹿児島大学口腔顎顔面外科(旧第2口腔外科)