虫歯で穴があく前に!初期の虫歯なら完全に治せます!

虫歯で穴があいてしまってからではその歯を完全にもとに戻すことはできませんが。その手前の初期虫歯なら、もとに戻せます。

view312

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 虫歯を削っても元通りではない

  • 虫歯は削っても元通りになるわけではありません。もちろん、歯を削って詰めることにより、機能は回復させることが出来ます。しかし、「風邪が治る」「骨折が治る」と言う場合、ほぼ元通りになるのに対し、虫歯を削って詰めても、元とは全く異なる状態に変化してしまいます。
    出典 :初期の虫歯は完全に治せます!三重県 四日市市 さくら歯科
  • 初期虫歯は元通りになる

  • 一方、穴があく前の初期の虫歯は、ほぼ元通りに治せます。唾液には初期の虫歯を治す重要な働きがあります。お口の環境を整えてやりさえすれば、この唾液の作用を活かすことが出来ます。その結果、『骨折が治る』のと同じ、本当の『治癒』が得られます。
    出典 :初期の虫歯は完全に治せます!三重県 四日市市 さくら歯科
  • 初期虫歯とは?

  • 歯の表面に白い斑点が見られる、歯の溝が黄色っぽく変色している。 初期虫歯は、歯の表面のエナメル質が少し溶けだした穴のあく一歩手前の状態。
    出典 :乳歯の虫歯予防|くろきデンタルクリニック
  • 初期虫歯と虫歯の違い

     

    初期虫歯に見られる白い斑点は、「ホワイトスポット」とも呼ばれます。

  • 初期虫歯を治してくれる正体は「唾液」

  • 唾液には初期虫歯を元通りにしてくれる力があります。理由をみてみましょう。

  • ①酸の中和

  • 食べ物が入ると、口の中では細菌が砂糖や炭水化物を分解して作り出す酸によって、口の中が酸性に傾きます。酸性の状態が長く続くと、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出し虫歯が始まります(脱灰といいます)。 ところが唾液にはその酸を中和し正常に戻す作用(唾液の緩衝能)があります。
    出典 :唾液の役割
  • ②エナメル質を補う

  • 唾液中のカルシウムやリンが歯の表面に付着して、溶け出したエナメル質を補ってくれるのです。これを唾液の『再石灰化』作用といいます。すなわち虫歯によって多少溶け出してしまった分を補ってくれるので、ごく初期の虫歯なら治ってしまったり、虫歯の進行が止まったりするのです。
    出典 :むし歯予防と定期健診について|イターナル歯科|予防歯科
  • 唾液による再石灰化

  • 唾液の分泌を促すには?

  • 繊維性の食品や歯ごたえのある食品は自浄性があり、かむことで唾液の分泌量が増加するため、むし歯になりにくいといえます。
    出典 :虫歯|志木市 歯科 中山歯科クリニック
  •  

    唾液分泌には、食物繊維の多いものや歯ごたえのあるものを食べましょう。

  • キシリトールは厚生省が認可した天然素材の甘味料で虫歯の原因菌を抑制することができるとともに、ガムを噛む作用で唾液も増えるため虫歯予防に大変有効です。
    出典 :唾液のパワーで虫歯予防
  •  

    キシリトールガムがオススメです。

  • 唾液の力はスゴイですね。すでに虫歯で穴があいてしまった歯には効果がありませんが、初期の虫歯で何とか病院に行かずに治したいという方は、まず唾液をたくさん出すのがお勧めですよ!