なんだか浮かない女性必見!自律神経の整え方

女性の自律神経が整っていれば、気持ちもすっきり。物事も良い方向へ進んでいきます。ここでは、自律神経の整え方をまとめました。

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なんか調子が悪いんだけど、特に原因はない。

    そんな不調のときは疑ってみるといいのが「自律神経失調症」という病気。
     
    ざっとその症状を上げてみると

    頭痛、耳鳴り、口の渇き、疲れ目、動悸、めまい、立ちくらみ、冷え、のぼせ、しびれ、頻尿、生理不順、肩こり、疲れやすい、微熱、眠れない、起きられない、不安になる、イライラする、集中力がない、記憶力や注意力が低下する。

    などなど、症状が幅広いのがこの「自律神経失調症」の特徴です。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    身に覚えはありませんか?

  • 1 規則正しい生活をする
    毎日同じ時間に起きる、同じ時間に寝る。そして決まった時間にご飯を食べましょう。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    まずは、基本です。

  • 2 朝散歩をする
    理想は30分。最低5分からでもOKです。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    朝日の光にあたるというのが良いですね。

  • 3 太陽をしっかり浴びる
    午前中、5分でいいので太陽の光を浴びましょう。曇りでも明るい場所にいることで効果があります。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    曇りでも明るければ◎

  • 4 きちんと体を動かす
    リズミカルな運動(スクワットや階段の昇り降りなど)が特にオススメ。息が上がるような運動は昼間のうちに。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    体を動かしましょう。

  • 5 食事をするときによく噛む
    栄養の効果的な摂取や消化の手助けだけでなく、自律神経を整えるのにも効果があります。チーズなどの乳製品や豆類、肉類などをしっかり摂ることも大事です。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    噛む事が自律神経を整えるんですって。

  • 6 たくさん笑う
    精神的ストレスも自律神経を不安定にさせます。とにかくたくさん笑ってストレスを吹き飛ばしましょう。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    笑いって大事ですよね。嘘の笑いでも効果があるそうですよ。

  • 7 ゆっくりお風呂に入る
    38度から40度ぐらいの少しぬるめのお風呂に20分から30分かけてゆっくりとつかります。半身浴も。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    ココロも一緒にお風呂でリラックスさせてあげましょう。

  • 8 夜ご飯は寝る3時間前までに
    食べると胃腸の働きが活発になって睡眠の質が低下するので夕飯は早目に。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    寝る直前の食事は睡眠に影響します。

  • 9 夜のテレビやパソコンはほどほどに
    就寝前のメールチェックはエスプレッソ2杯分の覚醒作用があるのだとか。また強い光も副交感神経の妨げになるので、コンビニなどの強い光も要注意。寝る前の照明は少し暗めに。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    脳を休ませてあげる感じで。

  • 10 寝る前に腹式呼吸をする
    お腹を引っ込ませながら鼻からゆっくりと息を吐く。そして吐ききったらお腹をふくらませながら鼻からゆっくり息を吸う。そして5秒ほど息を止めて、また息を吐き始める。これを10回ぐらいやります。
    出典 :自律神経を整える10の方法 - オレンヂ
     

    呼吸を整える訓練をしましょう。

  • 自律神経を整える食べ物はこちら。

    食物繊維が多い食べ物
    すっぱいもの、辛い食べ物
    発酵食品
    水分をとる
    出典 :自律神経を整える方法とは? - 食べ物・お風呂・運動など
     

    食べ物でも自律神経を整えられます。

  • お風呂の入り方で自律神経を整える

     

    お風呂に入るのは、「食後1時間以上たった時」で「寝る1時間くらい前にお風呂から出る」というのが効果的。夜7時から夕食、8時30分からお風呂、10時頃に寝る。といった感じですね。

    食後すぐのお風呂は体に負担になります。またお風呂から出て1時間以内に眠りにつけば、睡眠中の副交感神経が高まります。

  • 深い眠りで、自律神経を整える方法

     

    睡眠中は副交感神経がもっともはたらく貴重な時間です。しかし寝る時間や寝る前の過ごし方によっては、副交感神経があまりはたらけず、眠りも浅く、体の回復も十分には進みません。

  • 〔自律神経が乱れる原因〕
    自律神経が乱れる原因には次のような事が考えられますが、複数の原因が複雑にからみあって症状が出る場合もあります。

    ◆生活習慣の乱れ
    人間の体はもともと太陽が出て明るくなると活動し、暗くなると休むというように自然界のリズムに合わせて作られています。夜更かしや深夜労働などの影響で日常生活のリズムが乱れると、自律神経も乱れてきます。

    ◆ストレス
    身体的なストレスに加え、精神的なストレスも自律神経が乱れる大きな原因になっています。

    ◆ホルモンの変化
    男性、女性ともに思春期には性ホルモンの分泌により自律神経が乱れます。また女性の場合は生理や妊娠、出産、更年期とホルモンの変化が激しく、男性よりも自律神経失調症になる人が多いと言われます。
    出典 :自律神経を整える
     

    自律神経が乱れる原因を知りましょう。