オススメの疲労回復方法

現代社会の疲れやすい生活に、オススメの疲労回復方法を解説していきます。

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲労とは・・・

  • 運動による疲労

     

    たとえば、激しい運動をしたら大抵の人は必ず疲労を感じますよね。
    このような疲労は怪我をしていない限り、休めば身体が元の状態に戻ることができます。

  • 精神的な疲労

     

    また、他には精神的な疲労というものがあります。
    たとえば、人に気を使って接しているだけで何となく気疲れしてしまうことがありますよね。
    その人がすぐに別の場所に行けばそこまで疲労感を感じることもないのですが、ずっと一緒にいるとそれだけで疲れてしまいます。
    いわゆるストレスとも同等の疲労といえるでしょう。

  • オススメの疲労回復方法

  • ◎睡眠

     

    やはり睡眠によって、体を休めるのが1番です。ただし「過剰睡眠」はかえって逆効果です。自分に適した睡眠時間で身体を休めましょう。
    また、「室内の温度・湿度」、「寝具」、「照明」、「換気」などを自分の良い状態にすることも効果的です。

  • ■眠る直前まで、LEDディスプレイを見ないように!

     

    仕事のためにLEDディスプレイを使用しながらのパソコンワークは仕方のないことだと思います。その場合は、せめて、布団に入り眠くなるまでスマートフォンを操作するといった、眠る直前まで明るい光を浴びることは、避けるようにしましょう。

  • ◎食べ物

     

    これは食事の基本ですが、一気に飲み込まずゆっくりよく噛んで食べる事が大事です。飲み込んだり、早食いをすると胃で消化する力に負担が掛かってしまい、眠くなったり疲れやすくなります。また、「食品添加物」や「化学調味料」が多い食べ物を摂取しすぎると栄養に良くないので疲れやすくなります。
    効果的なのは、「水分」、「ミネラル」、「糖分」、「ビタミンB1」、「蛋白質」を適度に補給することです。「水分」に関しては水を1日2~3リットル摂取するのが良いとされています。

  • ◎運動

     

    日常的に運動を行い体力を強化することで、疲労物質の蓄積が遅くなったり、代謝効果が良くなったりするため疲労を軽減することが出来ます。
    ただし、運動なので一時的には体力を消耗して疲労が蓄積することになりますが、継続して体力が増強していくと疲労に対する耐性や許容量は、高まっていくため、徐々につかれにくくなり、長期的には疲労防止に繋がります。
    具体的にいうと週3~4回の軽めのジョギング(有酸素運動)が効果的で実践しやすいです。

  • ◎仕事配分

     

    これは、改善する部分で1番難しいかもしれません。労働時間を短縮するのは難しいにしても、せめて1日の作業に対する体力配分をうまく分けることによって、疲労の蓄積度が変わってきます。効果的な配分としては、午前中:5、昼以降:2、夕方以降:3の体力の使い分けが帰宅中、帰宅以降に体力の余力が残る効果的な方法だと思われます。

  • ■同じ姿勢を長く続けず、こまめにストレッチを!

     

    デスクワークの場合、1時間に1回は席を立って、ストレッチを! 具体的には、からだを上に伸ばす、首をゆっくり回す、前屈後屈、肩上げ、腰回しなどがあります。このとき、深呼吸しながらするのがコツ。遠くを見ながらすると、目の疲労回復にもよいですね。さらに、トイレなどに行く場合、遠いところまで行ったり、階段を昇り降りするなど運動を追加してみて。

  • ◎入浴

     

    入浴には血行を良くする作用があり、また心をリラックスさせ、負担が掛かった筋肉の緊張をほぐす効果があります。有名なのが「ぬるま湯」での半身浴を30~40分行うのが疲労を回復するのに良いとされています。

  • ◎サプリメント

     

    様々な疲労回復のサプリメントがありますが、これも適度に摂取するのも効果的です。ただし「品種」の選択は慎重に行いましょう。化学的添加物が含有されているものより、 なるべく「無添加」で作られているサプリメントを選ぶほうが良いと思われます。

  •  以上のように、疲れたら自分の生活環境に適した方法を見つけ出し、それを必ず実践して
     いかないと、 いつまでも「蓄積疲労」の状態のままです。
    「ストレス」や「うつ病」の症状に進行しないためにも早めに改善していくことが大事ですね。
    出典 :疲労回復の方法
  • まとめ

  • 疲労回復方法について、簡単に解説してきました。
    上記の方法で、日々の疲れを回復させてみましょう。