トイレが近い!?我慢できない尿意!【過活動膀胱】かも知れません!

トイレが異常に近い、尿が漏れてしまうなどの
我慢できない尿意はもしかしたら過活動膀胱かもしれません
まとめてみました

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過活動膀胱とは

  • 過活動膀胱とは、頻尿(ひんにょう)や尿失禁(にょうしっきん)の分野における新しい診断名です。主に自覚症状に基づいて診断されますが、尿意切迫感(排尿したくて我慢がきかない状態)を自覚する場合、過活動膀胱の状態にある可能性があります。
     過活動膀胱の患者は、日本で約810万人にのぼると推定されています。その頻度は加齢とともに増加し、70歳以上では3割以上の方がこの病気にかかっていると考えられています。
    出典 :過活動膀胱 - goo ヘルスケア
     

    罹患率は高いと言えるでしょう

  •  しかし、実際に治療を受けている人は70〜80万人と、推測される実数よりかなり少なく、多くの人が誰にも相談できずに諦めたり、我慢したりして悩んでいると思われます。生命的な危険はありませんが、生活の質(Quality of Life:QOL)を著しく低下させる、きわめて一般的で重要な健康問題であるといえます。
    出典 :過活動膀胱 - goo ヘルスケア
     

    QOLに問題があるのはいかんせん治療が必要ですね

  • 症状とは

  • 普通、健康な人は400~500mlの尿をためることができますが、過活動膀胱では、100ml前後の尿がたまると膀胱が収縮し尿意をもよおしがまんできなくなります。過活動膀胱は、膀胱が尿でいっぱいになる前に、膀胱が自分の意思に反して、勝手に収縮し尿失禁(尿をもらしてしまうこと)をおこすと考えられています。過活動膀胱の症状は尿意切迫感(突然の尿意を感じ、がまんできなくなる)、頻尿、切迫性尿失禁です。
    出典 :過活動膀胱
     

    ざっくり説明するとこのような状態になります

  • 急に尿意をもよおし、漏れそうで我慢できない(尿意切迫感)

     

    こんな症状ないですか

  • トイレが近い(頻尿)、夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿)
    人がトイレへ行く回数は、日中で5~7回、寝ている間は0回が正常と言われています。日中8回以上トイレに行き、夜間も1回以上おしっこのために起きるようなら、それは頻尿(夜間頻尿)と言えます
    出典 :過活動膀胱(OAB)とは?|排尿トラブル改善.com
     

    頻尿も含まれているそうです

  • 急に尿をしたくなり、トイレまで我慢できずに漏れてしまうことがある(切迫性尿失禁(尿漏れ))
    尿意切迫感だけでなく、場合によってはトイレまで我慢できずに尿が漏れてしまうこともあります
    出典 :過活動膀胱(OAB)とは?|排尿トラブル改善.com
     

    おりものシートを当てている人はすくなくはないはず

  • 検査方法は

  • 診断は、「尿意切迫感を有し、通常これに頻尿および夜間頻尿を伴い、切迫性尿失禁を伴うこともあれば伴わないこともある状態」という自覚症状のみで行われます。
     過活動膀胱症例に対する症状の質問票(チェックシート)として、排尿に関係する複数の症状を総合的に評価しやすいように策定されています
    出典 :過活動膀胱 - goo ヘルスケア
  •  主な検査としては、腹部超音波検査と膀胱内圧検査があります。膀胱内圧検査は必ずしも必要ではないと考えられています。しかし、尿閉を認める患者では内服薬により症状を増悪させる可能性があるため、残尿量が超音波検査で50ml以上の場合には、膀胱内圧測定などの専門的な検査を受けることが好ましいと考えられます。
    出典 :過活動膀胱 - goo ヘルスケア
     

    病気は早期発見!早期治療が好ましい!

  • 患者数は多いです

     

    40歳以上の男女の8人に1人が、過活動膀胱の症状をもっていることが、最近の調査でわかりました。実際の患者さんの数は、800万人以上ということになります。この中で、切迫性尿失禁がある人は、約半分でした。

  • 治療方法

  • 膀胱の収縮を阻止し、神経に働く、抗コリン剤(ポラキス、BUP-4)または排尿筋を弛緩させるカルシウム拮抗剤(アダラート、ヘルベッサー、ペルジピン)を用います。抗コリン薬を1~2ヵ月内服すると80%の患者で改善されます。
    出典 :過活動膀胱
     

    薬物治療が基本になってきます

  •  行動療法には、「生活指導」、「排泄介助」、「膀胱訓練」、「理学療法」が含まれます。生活習慣を改善したり、機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えたりすることによって、尿トラブルの症状を軽減することが期待されます
    出典 :過活動膀胱 - goo ヘルスケア
     

    生活の改善も必要となってくるでしょう