男性必見!?【青ヒゲからの解放】

青ヒゲはいやですよね
そってもそっても
青い
まとめてみたので参考にしてくださいね
旦那さんに進めてもOKですよ

view818

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 青髭の悩み

  • 歳を重ねるにしたがって日増しにヒゲが濃くなり、20歳を越えた頃には一日ヒゲを剃らないと、顔の下半分が黒くなり、いわゆる泥棒ヒゲの状態になります。
    当時は学生でヒゲをどうこうする費用も知識もなく、いかに目立たなくするかを工夫していました
    出典 :ヒゲの濃い人必見!青髭対策サイト
     

    やはり悩むのですね

  • ヒゲを剃る・・というページでも詳しく書きますが、濃いヒゲ・太いヒゲを剃ると、かなりの負担が肌にかかります。
    ヒゲの濃い方は皆さん体験していると思いますが、カミソリ負けの状態が日常的に続きます。
    私は休日は外出の予定がない限り、肌を休めるためになるべくヒゲを剃らないようにしていましたが、休日以外はほとんど顔の一部がカミソリ負けをおこしていました。
    当然、切り傷も必ずと言って良いほどありました。
    出典 :ヒゲの濃い人必見!青髭対策サイト
     

    ヒゲに剃刀が負ける事もありそうな感じですね

  • 原因は

  • 剃れば剃るほど青く見えるヒゲ。
    ヒゲの根っこは他の部位のムダ毛と異なり、皮膚の下に4~5mmも埋まっています。
    その埋まった部分のヒゲが皮膚から透けて見えるために、青く見えてしまうのです。

    ヒゲが濃い人ほど「青ヒゲ」になりやすく、いくらしっかり剃ったからといってなくなることはありません。
    見た目は野暮ったく清潔感に欠けるため、悩む人も多いのです。
    出典 :青髭対策【青ヒゲを何とかしたい!という方へ。青ヒゲの原因と解消法】
     

    濃いひげをそると青髭になるという事です
    確かに薄いと目立たないですよね

  • 青ヒゲをなくすには、毛根を処理することが大切!

     

    青ヒゲ対策で大事なことは、毛根から処理するということです。
    ヒゲの根っこが残っている限り、その毛根は薄い皮膚から透けて「青ヒゲ」として見えるからです。
    一度、毛根から処理してしまえば、その部分はヒゲが生えてこないのでヒゲ剃りが必要なくなり、 毛穴が締まって、肌がツルッと清潔に見えます。

  •  

    すべてのヒゲをなくすのはちょっと…という方は、必要な部分のヒゲは残しておくこともできます。
    青ヒゲが解消すると、若々しくカッコなる方が多いんですよ!

  • 対策法は?

  • ヒゲ剃りに必要なツールは、カミソリ、替え刃、シェービングジェル、アフターシェイブローションなどです。
    どれも安価に購入ができますが、全て消耗品なので、年間で換算すると馬鹿にならない金額になります。
    また、ヒゲ剃りにかかる時間は計算するのもうんざりするくらいかかると思います。
    出典 :青ヒゲ対策・ヒゲをひたすら剃る
  • 一番優れた青ヒゲ対策は?

    ヒゲを毛根から処理するために、一般的に考えられるのは次の3つです。
    1.抑毛ローションを塗る
    2.メンズエステやクリニックに通って脱毛する
    3.家庭用脱毛器を使って脱毛する
    (※シェーバーや毛抜きには脱毛効果はありませんので、割愛させていただきます。)

    では、この中で本当に効果があるものってどれなんでしょう?

    出典 :青髭対策【青ヒゲを何とかしたい!という方へ。青ヒゲの原因と解消法】
  • 脱毛ローション

  • 抑毛ローション、塗るだけで簡単なのはいいけれど…。

     

    一番簡単で手っ取り早そうなのが抑毛ローションです。
    ヒゲ剃り後に塗る、アフターシェーブローションのタイプが多いですね。
    値段は1本、5,000円くらいするものもあります。

    塗るだけで手軽ではありますが、このようなローションで太いヒゲが減るかというと、残念ながら「NO!」なんです。

    1年、2年使い続けてもヒゲが薄くならなかった、という方が多いです。
    1本5,000円ですと、1年で6万円、2年ではなんと12万円もかかってしまうことに!
    これでヒゲが減ればまだ良いのですが、ほとんど減毛効果がないとなると…泣けてきますね。
    このように抑毛ローションは、費やしたエネルギーと時間、お金に対して、ヒゲの減毛効果が低いと言わざるを得ません。

  • エステやクリニック

  • 次に考えられるのが「メンズエステ」と「クリニック」です。
    メンズエステ、クリニック共に、毛根を処理することができるので脱毛効果はあります。
    ただしメンズエステやクリニックについても、いろいろ問題点があります。

    まずは、金額の問題。
    エステなどのヒゲ脱毛の体験キャンペーンは、1,000円など、非常に安く受けられるところがほとんどですが、 本料金は鼻下のヒゲ脱毛だけで30万とか、顔全体のヒゲ脱毛では80万とか、高額の見積もりが出てきます。
    カウンセリングと称したしつこい勧誘をされ、ローンを組んでまで契約させられてしまう方もいます。
    出典 :青髭対策【青ヒゲを何とかしたい!という方へ。青ヒゲの原因と解消法】
     

    ひげにはお金が相当かかるようですね

  •  

    忘れてはいけないのが衛生面。
    エステには不特定多数の人が通っており、あらゆる部位を脱毛していきます。
    胸毛、腹毛、スネ毛、中にはVラインやIライン(性器周り)、Oライン(肛門周り)などを脱毛していく人も多いのです。

  • クリニックのレーザーは

  • クリニックでは、YAGレーザーやダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーといった医療用レーザーを用いてヒゲの毛根を熱処理して脱毛します。
    レーザー脱毛の特徴は、パワーが強く、とにかく痛みが強いこと。

    ヒゲは特に太く、皮下の深くまで毛が埋まっていることもあり、その痛みは大人の男性でも涙が出てくるほどなんです。
    特に鼻の下など脂肪が少ない部分は、飛び上がるほどの痛みがあるので注意。
    痛みに弱い方は続けられない可能性もあります。
    また、レーザーで毛穴の中がヤケドを起こし、赤いブツブツがたくさんできる、毛嚢炎(もうのうえん)という炎症を起こすことも。
    出典 :青髭対策【青ヒゲを何とかしたい!という方へ。青ヒゲの原因と解消法】
  • ◆家庭用脱毛器で青ひげ対策はできる?
    次に脱毛器について。
    家庭用脱毛器は非常に進化しており、メンズエステのフラッシュ脱毛と同じ施術を、家庭でできるようになっています。
    ケノン つまり、メンズエステと同じ脱毛効果を持ちながらも、
    ・エステやクリニックの費用が高すぎる不満
    ・不特定多数の人が使った器具を共有する、衛生面の不安
    ・通わなくてはならない面倒さ
    をなくしたものが脱毛器です。

    脱毛器にはレーザーとフラッシュタイプがありますが、
    フラッシュ脱毛の脱毛器を選ぶことが大切です。
    なぜならレーザーの脱毛器は、非常に痛みが強く、照射範囲も狭いために時間もかかりすぎ、結局は面倒になって押し入れに…なんてことも多いのです。
    出典 :青髭対策【青ヒゲを何とかしたい!という方へ。青ヒゲの原因と解消法】
  • フラッシュ脱毛器なら、
    エステやクリニックの脱毛料金に比べて、ずっと安い!
    予約したり、通う面倒さがない。忙しい人でも脱毛できる。
    自分だけのものなので変な病気が感染したりといった心配がない!
    カートリッジを付け替えることで、家族も使用可。
    脱毛時の痛みが少ない。
    ヒゲだけでなく、全身のムダ毛に使える。
    と、安心して脱毛することができますよ。
    出典 :青髭対策【青ヒゲを何とかしたい!という方へ。青ヒゲの原因と解消法】
     

    是非お試しくださいね