溶連菌を自然治癒できること、ご存知でしたか?

溶連菌感染症は感染力が強いので、まわりの人はきをつけないといけませんね。もちろん病院に行けば、お薬を処方してもらえて早くよくなりますが、溶連菌を自然治癒できるようです。詳しくみていきましょう。

view248

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 溶連菌による感染症のポイントは何でしょう?

  • 溶連菌

     

    正式には「A群溶血性レンサ球菌(A群β溶血性レンサ球菌)」というものです。

  • 「冬」、「春から夏にかけて」と、年間で2回流行のピークがあります。発熱(38~39℃)と、のどの痛み、嘔吐などから症状が始まります。その後、かゆみを伴う赤く細かい発しんが体や手足に現れたり、舌に苺のようなブツブツが発生して(イチゴ舌)、熱が下がると手足の皮膚がむけることもあります。
    出典 :【これを見ておけば大丈夫!】溶連菌感染症~完治までは2~3週間かかります!|病児保育の資格「認定病児保育スペシャリスト」の(財)日本病児保育協会
  • 溶連菌を自然治癒させることできるんでしょうか?

  • 溶連菌は細菌です。普通の風邪はウイルスによるものですね。だけど、溶連菌はほとんど唯一風邪の原因となる細菌なのです。じゃ、溶連菌は普段はどこにいるのでしょう?溶連菌が住んでいるのは口の奥で、咽頭という部分です。
    出典 :溶連菌感染症
     

    肺炎球菌とかインフルエンザ菌は鼻の中にいるそうですよ!住み分けしているんですかね?

  • 溶連菌

     

    黄色い丸が溶連菌の住んでいるところ。ピンクの丸が肺炎球菌やインフルエンザ菌の住みか!

  • 溶連菌を持っている子どもはいくらでもいます。これを保菌者と言います。特に保育所に行ってると、2~3割の子どもさんが保菌者になってしまいます。溶連菌を持ってるなんてとんでもない!すぐに退治しなきゃ!なんて考えるあなた。驚く必要はないです。彼らは何の問題もなく機嫌よく普段の生活をしているわけです。溶連菌を持っていることは、体に悪いことではないのです。
    出典 :溶連菌感染症
     

    体に悪くない菌なので溶連菌を自然治癒させることができるのですね!

  • 溶連菌

     

    溶連菌が増えて粘膜下出血というのを起こしている状態です。

  • 強いのどの痛みがあって、のどの粘膜(赤いところ)に点々と赤いところがありますね。これは溶連菌が増えすぎて、粘膜下出血というのを起こしている状態です。また、溶連菌による扁桃炎や、頚部リンパ節炎、肺炎も治療すべきです。逆に考えれば、単なる風邪症状であれば、たとえのどから溶連菌が検出されたとしても、治療をする必要はないということです。
    出典 :溶連菌感染症
  • 溶連菌を自然治癒させることについて

  • 溶連菌は感染力がとても強くて家族に感染する可能性もあるかもしれませんが、あわてて症状も出ていないのに検査をする必要はないといわれています。なぜなら溶連は自然治癒も勿論可能だからです。
    出典 :溶連菌と自然治癒について
  • 溶連菌はその昔、まだ人間がペニシリンを手に入れていなかったころは、大流行していたこともありましたが、抗生剤を使わなくても、自然治癒で治っていた人も多かったといわれているのです。
    出典 :溶連菌と自然治癒について
     

    昔は知らないうちに溶連菌を自然治癒させていたのですね!

  • 勿論溶連菌という診断がされて、ペニシリンなどの抗生剤を飲めば、辛い期間を少しでも短縮することも出来ますし、合併症を予防することも出来ますから飲んだ方がいいでしょう。薬を飲めば飲んだと当時にほぼ熱は下がり始めるといわれているのです。
    出典 :溶連菌と自然治癒について
  • http://clawma.com/ikuji022/020.html

     

    よく寝ることが一番!!

  • 熱が出て喉が痛くなったとしてもあわてなくてもいいのです。必ずしも薬を飲まなければ治らないという病気でもありません。ですが、自然治癒をするには、時間がかかりすぎることもありますので、溶連菌かもしれないと分かっているのであれば、早めに治療を適切に受けることをおすすめします。
    出典 :溶連菌と自然治癒について
     

    溶連菌を自然治癒させるのは待ちきれない!ならば、早めの治療が一番ですよ!!