温泉が一番効果的!?五十肩にもっとも効果的な治療法とは?

年齢とともにつらくなる「五十肩」。症状が出たら速やかに治療することで、つらさや苦しさから解放されましょう。

view336

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肩こりはつらいですよね?

  • とくに、「五十肩」は、加齢につきもののツライ症状のひとつです。

  • 五十肩(肩関節周囲炎)は50~60代の女性に多く発症します。 肩の病気で肩関節周囲炎とも呼ばれています。
    原因ははっきりとしませんが、多くは加齢によって 腱の弾力性が失われたり筋肉の組織が変形して起こるようです。 怪我などの外傷がないのに、ある日突然、肩に激痛がはしります。
    出典 :■五十肩(肩関節周囲炎)はこうして改善・解消・治療する
     

    いきなり、肩の痛みが出たという人も少なくないのでは?

  •  

    年をとってくると悩みが増えてくるのに、肩こりにまで苦しんでいたら、たまったものではありません。

  • 五十肩の治療は、温めることが第一です。

  •  

    なぜ温めることが必要なのでしょうか?

  • 温めることによって、血流が改善され、細胞に栄養が供給されやすくなるからです。

  • 治療の基本として肩の保温が大切です。入浴はやや、ゆっくりと ぬるめのお湯につかりましょう。
    また、肩保温用のサポーターをしたり、痛みが強い場合は さらにカイロを使用して肩を温めましょう。
    五十肩(肩関節周囲炎)の人は乗り物の中では痛む肩の方で吊革や手すりを 持たないようにしましょう。
    急ブレーキなどで、不意に肩に 負担がかかった場合激痛がはしりますのでたいへん危険です。
    出典 :■五十肩(肩関節周囲炎)はこうして改善・解消・治療する
     

    ゆっくりと温泉につかるのも、効果的ですね。

  • 五十肩に効果的なお風呂の温度もあるようです。

  • ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、シャワーをかけるのも手軽な方法です。40~42度のお湯を2~3分、17~20度の水を2~3分、交互にかけることを10~20分くらい続けるのもよい方法です。あとで肩を冷やさないよう、最後はお湯のシャワーで終了します。
    出典 :四十肩・五十肩 | 痛みをやわらげるためには? : 治療・症状 - セルフドクターネット
     

    このくらいの水温を意識して、お風呂に入ってみては?

  • また、我慢できないほど痛みが強い場合は、痛み止めの注射を行う場合もあります。

  • 血行不良による筋肉の硬直が、五十肩(肩関節周囲炎)の痛みの原因であり五十肩の治療は、症状によって三段階に分けられています初期の段階の黙っていても痛みが強い 時期は消炎鎮痛剤の薬を服用して炎症による痛みを抑えます。
    この時期は無理な運動など肩に負担のかかることは避けて安静に過ごします。
    また、とくに痛みが強いときは、ヒアルロンサンやステロイド剤の注射を行います。
    出典 :■五十肩(肩関節周囲炎)はこうして改善・解消・治療する
     

    奥の手みたいなものなので、使わないにこしたことはありませんが(苦笑)。

  •  

    誰だって注射は嫌ですものね(汗)。

  • なるべく、ストレッチをして、肩関節の周囲の筋肉をほぐしましょう。

  • 意外と簡単なことで、肩こりからは解放されることがありますから。

  • 意外と簡単なことで、肩こりからは解放されることがありますから。