もしかして化膿性乳腺炎 治療はどうやってするの?

化膿性乳腺炎 治療についてまとめてみました。化膿性乳腺炎の症状や対処法について知っておきましょう。

  • green 更新日:2014/04/03

view321

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 化膿性乳腺炎ってどんな病気??

  • 化膿性乳腺炎は、急性可能性乳腺炎のことで細菌感染によって乳腺が炎症を起こしたものです。

  • 乳歯により母親の乳首に細かな傷が生じ、そこから乳児の口腔内の細菌が感染するのです。細菌は乳管、あるいは授乳期で浮腫(ふしゅ)状になった乳腺組織を通じて広がり、難治性の炎症を起こします。起因菌は多くの場合、黄色ブドウ球菌です。
    出典 :急性化膿性乳腺炎 - goo ヘルスケア
     

    乳歯の生えた赤ちゃんに授乳をするときには注意が必要です。

  • 原因菌は、黄色ブドウ球菌がもっとも多く、ついでレンサ球菌ですが、ときには大腸菌、緑膿菌、肺炎双球菌などのこともあります。また近年、原因菌がMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)であったとの報告もありますので、とくに注意が必要です。
    出典 :急性化膿性乳腺炎 とは - コトバンク
     

    色々な最近が原因で急性化膿性乳腺炎になってしまいます。

  •  

    では、急性化膿性乳腺炎の症状はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 患側の乳腺は発赤、腫脹、激しい疼痛と局所の熱感を訴えます。明らかな腫瘤を形成することはありません。感染が進行すると乳腺内に膿瘍のうようを形成し、38℃以上の高熱を発します。腋窩えきかリンパ節が痛みを伴って腫大することがあります。
    出典 :急性化膿性乳腺炎| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
     

    38度以上の高熱を伴うと、赤ちゃんへの授乳もつらくなりますね。できるだけかかりたくないものです。

  • どんな検査をして発見されるの??

  • 臨床症状、血液検査(白血球数の増加、CRP値の上昇)、超音波検査等で診断は可能です。膿瘍を形成していることが確認できれば膿汁を穿刺吸引して培養により起因菌を特定し、抗生剤の感受性検査を行います。念のため穿刺物を細胞診断して、乳腺炎とまぎらわしい炎症性乳がんではないことを確認しておきます。
    出典 :急性化膿性乳腺炎| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 化膿性乳腺炎 治療法は?

  • 急性化膿性乳腺炎であると診断されたら、ただちに有効な抗生剤を投与します。
    出典 :急性化膿性乳腺炎 - goo ヘルスケア
  • 炎症が初期であれば、授乳を中止し、乳汁うっ滞に対しては搾乳器を使用して搾乳し、局所の安静のために提乳帯を使用して、乳房を氷のうなどで冷やします
    出典 :急性化膿性乳腺炎 とは - コトバンク
     

    搾乳器で母乳を出すこともポイントなのですね。

  • 切開法には乳輪切開や輪状切開法などがありますが、炎症の激しい時点での切開は、のちにケロイドが残ります。
    出典 :急性化膿性乳腺炎| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 急性化膿性乳腺炎だと思ったら……

  • 急性化膿性乳腺炎は重い感染症であるという認識をもって外科を受診し、適切な診断、治療を受けます。
    出典 :急性化膿性乳腺炎| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
     

    早期に病院に行き、適切な治療を受けることが大切なようです。