ママの悩み解決!上手な子供の目薬差し方について

子供の目薬差し方で悩んでいるママも多いのではないでしょうか?
子供の頃は、結膜炎など目の病気になることが珍しくありません。
しかし、目薬に抵抗を持つ子は決して少なくないのです。
このように、子供の目薬差し方に悩みを持つママ必見!これで上手に目薬が差せるかも!?

view51

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目薬が苦手な子供が多い

  •  

    子供にとって、目薬は怖いものと認識されています。
    子供のうちは目薬の効果を知らないうえ、目に容器が近づいてくるため恐怖心があるのは当然と言えますよね。
    そのため、子供のうちは目薬を嫌がって泣いてしまうことがよくあります。
    このようなことから、子供の目薬差し方に苦戦しているママも多いはずです。
    なかなか目薬がうまく差せない場合、子供の目薬差し方を工夫する必要があります。

  • あなたと赤ちゃんの両手の爪を切っておく
    あなたの手を石鹸で洗っておく
    赤ちゃんの手はアルコールで消毒しておく
    出典 :赤ちゃんが目薬を嫌がる時の必勝法!? これであなたも点眼名人!! | ゆけゆけ小春!
     

    まず、スムーズに目薬を差すための準備として手を清潔にすることが必要不可欠です。
    子供の場合、目薬を嫌がって暴れることも考えられます。
    そんな時に爪が伸びていたら、眼球に傷を付けてしまう危険性があります。
    このようなトラブルを予防するために、爪は必ず短く切っておきましょう。

  • 目薬、ティッシュを用意しておく
    お湯でゆるめに絞ったガーゼハンカチで赤ちゃんの「目やに」を取る
    出典 :赤ちゃんが目薬を嫌がる時の必勝法!? これであなたも点眼名人!! | ゆけゆけ小春!
     

    目やにがあると、子供に目薬を差した際に邪魔をしてしまう可能性もあります。
    また、目を傷つけないために清潔な布で優しく拭き取りましょう。

  • 子供の目薬差し方として、まずはこのような準備をすることが重要なポイントです。
    このような準備は手早く行い、なるべく子供を泣かせないようにしましょう。
    子供が泣いてしまった場合、目薬の効果が無くなってしまいます。
    もし泣いてしまったら、泣き止んでから再びチャレンジしてみましょう。

  • 子供の目薬差し方

  • 大人が二人以上いる場合には、お一人は「抑える係り」、もうお一人は「点眼する係り」と役割分担するとよいでしょう。
    出典 :目に関するあれこれ:点眼液の正しい使い方
     

    最も安全で簡単に出来る子供の目薬差し方は、パパとママが協力して2人がかりで行うことです。
    子供のためにも、なるべく2人で役割を決めて手早く目薬を差してあげたいですね。

  • しかし、必ずしも大人が2人以上いるとは限りません。
    そのため、ママ1人でもできる子供の目薬差し方を紹介します。

  • 子供を大人のひざの上であお向けに寝かせましょう。
    ※子供が嫌がる場合には両足の太ももで子供の頭をはさみ、頭部をしっかり固定しましょう。
    出典 :点眼薬の使用方法[小児] | お薬と病気のなるほどライブラリ│一般・患者のみなさま│田辺製薬販売【リライアブルジェネリック】
     

    子供とコミュニケーションを取りながら、膝枕の体勢にしましょう。
    しかし、何回もこの方法を行っていると子供も目薬をされることを察してしまいます。
    その場合は足を使って子供が動かないように押さえる必要があります。

  •  

    このように、暴れないように軽く手と頭を押さえます。

  •  

    また、このように馬乗りになって目薬を差す方法もあります。
    この方法の場合、子供に恐怖心を与えることがあります。
    そのため、この体勢で目薬を差すならコミュニケーションを取りながら手早く行う必要があります。

  • 子供の下まぶたを引いて、下まぶたに1 滴落とします。
    特に指示がない限り、点眼後は1〜2分静かに眼を閉じるようにしましょう。
    出典 :点眼薬の使用方法[小児] | お薬と病気のなるほどライブラリ│一般・患者のみなさま│田辺製薬販売【リライアブルジェネリック】
     

    この時、目薬の容器がまつげや眼球に当たらないように十分注意しましょう。
    また、まばたきをすると涙と一緒に目薬が流れてしまうため、なるべく目をつぶった状態で待ちましょう。

  • それでもダメならこの方法!

  • 子供の性格はそれぞれ違います。
    目薬が嫌いな子は、どんなに説明してもどんなにあやしても目薬を嫌がるかも知れません。
    上記の方法を試してもなかなかうまく目薬が差せない場合は、このような方法でも大丈夫だそうです。

  • 点眼薬の苦手な小児の場合には、下まぶたに1滴落としましょう。それでも、難しい場合には眠っている間に行うとよい場合もあります。
    出典 :点眼薬の使用方法[小児] | お薬と病気のなるほどライブラリ│一般・患者のみなさま│田辺製薬販売【リライアブルジェネリック】
     

    どうしても目薬が差せない場合は、眠っている時がチャンスです。
    顔が横を向いていると目薬がこぼれてしまうので、顔を上向きにして目薬を目頭に落としましょう。
    目尻に落とすと流れやすくなってしまうため、目頭に落とすことがポイントです。

  • このように、実際にやってみると子供に目薬を差すのは簡単なことではありません。
    しかし、なかなか上手に目薬が差せなくてもママは諦めずにチャレンジすることが大切です。
    子供が成長していくにつれて自分で目薬を差すことができるようになります。
    子供のうちにしかできないコミュニケーションだと思って、めげずに目薬を差してあげましょう。