出産がスムーズになるためのちょっとしたコツ!

出産がスムーズになるためのちょっとしたコツ!

出産はとにかく大変なもの。
ちょっとでも楽にできれば・・・
そう願う女性は多いはずです。

そこで、出産が「楽」になる方法を、
少しだけまとめてみました!
参考になれば♪

view499

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 出産を経験した人の多くは、出産の痛みを「とても痛かったー!!」と言っていますが、出産が終わってしまうと、いつの間にか、あのものすごいと言っていた、痛みはわすれてしまうようです。。 よく言えば、忘れてしまうので、また産むことが出来るのでしょうね。!!
    出典 :出産の痛み、あの痛みに耐えて :出産の方法を知る
     

    男性には分からない痛みでもあります!

  • ナツメを食べる!

  •  

    “Journal of Obstetrics and Gynaecology”が行った調査結果によると、妊娠9カ月目にナツメを意識的に食べていた妊婦は、食べていない妊婦と比較して分娩(ぶんべん)台にいた時間が平均7時間も短かったそう。そして、分娩(ぶんべん)中に促進剤が必要となる確率もとても低かったのだとか。医師いわく、ナツメには陣痛を促すホルモンであるオキシトシンと似た成分が多く含まれているそうで、出産を控えた妊婦にはとても良いそうだ。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/130608-006/

  • 7時間も!?それはスゴイ!

  • 出産時に役立つかもしれないベリーダンスの動き

  • エジプトが発祥の地とされるベリーダンスの起源は古く、出産時の痛みを和らげるために女性達がおなかをくねらせたことから始まったと言われています。後に王宮やハレムで上流舞踊として発展し、現在では「幸せを呼び込む舞」として結婚式やお祝いの場などで踊られています。
    出典 :ベリーダンスについて | bellydance NESMA
     

    元々、そういう意味があったんですね~!知らなかった~。

  • 睡眠は多くとる!

  • 出産を1ヶ月前に控えた妊婦が6時間未満の睡眠しか取っていなかった場合、出産時間が長くなる傾向にあるとの結果が出ている。1日7時間以上の睡眠を取っている妊婦と比較して、平均11時間も長いのだというから驚きである。出産1カ月前は意識的にたっぷり寝るようにしよう。
    出典 :出産がスムーズに!? 助産婦が勧める3つの秘密「ナツメを食べる」 | 「マイナビウーマン」
     

    ちゃんと寝ておくことが大切なんですね~。

  • 出産を前向きに考える。

  •  

    10ヶ月もお腹の中に抱えてきた我が子の顔を、やっと見ることが出来るのです。陣痛が始まったら「やった!!」と喜びましょう。

    引用)http://homepage3.nifty.com/tokotoko/jinntuu.htm

  • これは大切です!「どうしよ~・・・」なんて、この段階で思うよりはもっと前向きに!

  • 脚を強化!

  • スクワット

     

    オーストラリアのマタニティ協会の調べによると、イスに座っているような体勢での出産は、重力の関係で1時間ほど短くなるそう。その際に必要となってくるのが脚の筋力だそうだが、脚の筋力はどの出産体勢にも必要不可欠であるらしい。そんな出産に良いとされている運動は「スクワット」。通常のスクワットは難しいが、壁と腰の間にエクササイズボールを挟めてやれば適度な筋力がついてくるそうだ。正しく行うのがポイントなので、インターネットや雑誌に記載されている写真などを見ながら行おう。

    引用)http://woman.mynavi.jp/article/130608-006/