受けるだけじゃだめ? 健康診断結果の正しい見方

せっかく健康診断を受けても
結果の見方が分からなければ意味がありません
基本だけでも覚えておきましょう!

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 判定区分

  • 健康診断の結果はA~Hの8段階、1~5の5段階、A~Dの4段階など、医療機関でバラつきがあります。
    出典 :健康診断の基礎知識 | 健康診断結果の見方
     

    必ず記載を確認しましょう

  • 判定には厳密な規定があるわけではありません。各種の検査結果、過去の検査結果などから総合的に判断されます。
    出典 :結果の見方|健康診断|労働衛生協会
     

    「要注意」でも、問題ない場合もあれば、「平常」でも注意が必要な場合もあるなど、個人差があります

  • 経年で比較しよう

  • 健康診断の結果、捨ててませんか?

  • たとえ今回の検査数値が悪くても、それが昨年から比べて良くなっているのであれば改善しているといえます
    出典 :健診結果の見方|QUPiO
  • 現在の検査結果が正常であっても昨年に比べると大幅に悪化しているのであれば、その部分については要注意です。
    出典 :健診結果の見方|QUPiO
  • 健診を毎年受けて体の状態をデータとしてためていき、受診のたびに以前の結果と比較してみれば、自覚症状がなくても自分で危険を察知して早めに医療機関に相談をすることができます。
    出典 :健診結果の見方|QUPiO
     

    そのためにも、健康診断は毎年受けたほうが良いのです。結果は捨てずに保存しておきましょうね!

  • 生活習慣病を予防しよう

  • もし「体調は特に悪くないが、健康診断の結果で異常値が目立つ」といった症状が現れている方は、もしかしたら生活習慣病の危険性が高いかもしれません。
    出典 :生活習慣病の前兆 | 健康診断結果の見方
     

    血液検査の結果などで、特定の成分が異常値をしめしているなど、不安ですよね

  • より楽しく毎日を過ごせるように、自分の健康状態に気を配るのが大切です。ここでは病気を見つけることよりも、病気の可能性を意識して、健康診断から自己の知識を高めることに重点を置いています。
    出典 :生活習慣病の前兆 | 健康診断結果の見方
     

    健康診断は良いきっかけになるのです

  • 高血圧症や糖尿病の初期段階など、自覚症状の現れにくい生活習慣病を予防するためには、これらの悪化したデータに対する所見やアドバイスを見逃さず再検査を受け、必要な生活習慣の改善に努めるようにしましょう。
    出典 :健診結果の見方|QUPiO
     

    健診をうけた病院に問い合わせるのもひとつの手です

  • たとえいま検査値が高くても、医師の診察を受けてしっかり対処すれば、生活習慣病のリスクを下げるのはむずかしいことではありません。
    出典 :健診結果の見方|QUPiO
     

    健診を受けるだけでは意味がありませんよ

  • 大事な自分の体のことだから、わからないことがあれば放置したままにしないようにしましょう。
    出典 :健診結果の見方|QUPiO
     

    異常値や、注意があれば、かかりつけの病院に相談してみましょう!