【起きられない!】寝起きが悪い原因とは?

「目覚まし時計をかけても起きられない」「いつも二度寝してしまう」そんな寝起きの悪さには原因があります!
寝起きが悪い原因を理解すれば、朝スッキリ目覚めることも不可能ではありません!

view1278

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝起きが悪い原因はさまざま。

  • 朝から倦怠感…

     

    目覚めが悪い原因とは?

  • 寝起きが悪い原因として、まず
    そもそも眠れていない
    睡眠不足
    が考えられます。
    出典 :寝起きが悪い原因〜心的原因
     

    寝不足だと、朝起きられないのも納得です。

  • 目覚めが悪い原因は、快眠できていないということです。その原因はいろいろ考えられますが、睡眠障害も原因の一つです。
    出典 :目覚めが悪いのは何が原因?
     

    睡眠障害によって良質な睡眠がとれていないと、朝も起きられないわけですね。

  • 寝起きが悪くなる原因として考えられることは低血圧でアドレナリンとノルアドレナリンの分泌が遅くなっているということがまず考えられます。
    また体温が低いままだということも体を活動的にする交感神経が働かない状態になってしまうので寝起きが悪くなる原因となってしまいます。
    出典 :寝起きが悪い原因と改善
     

    低血圧の朝は本当に辛いです!

  • 栄養不足も寝起きと関係するものです。
    ビタミンやミネラルの不足は特に寝起きを悪くしてしまうので、改善方法としてサプリメントなどでしっかりと補うようにしておきましょう。
    出典 :寝起きが悪い原因と改善
     

    健康な体は寝起きもスッキリ!

  • 寝起きの悪さは、睡眠時間が足りないことだけでなく、様々なことが原因になっているんですね!

  • 寝起きを良くするためには、どうしたら良いの?

  • 上記のような原因を解決していくことが、寝起きを良くする近道となります。

  • 寝起きが良いと気分爽快!

     

    朝の目覚めが良いと、一日の調子もいい感じ!

  • 寝起きを良くする方法は、生活リズムをつくることです。決まった時間に寝て、決まった時間に起きる、食事は3食バランスよく決まった時間に食べる、という基本をつくることが寝起きを良くする方法ですよ。
    出典 :寝起きを良くする方法
  • リラックスを阻害する要因を避ける
    出典 :朝起きれないを克服しよう!4つのステップで寝起きを改善する方法 | iGotit
     

    寝る前のアルコールやカフェインは避けた方が良いですね!

  • 目覚めを良くするには、快適な室内環境で快適な眠りを手に入れることが大切です。部屋の温度は、夏は26℃前後、冬は18℃前後、夏は除湿、冬は加湿をするのが良いと言われています。
    出典 :目覚めが良くなる方法
  • 夜寝るときは暗く、朝起きるときは明るくなるように室内を整えることが、目覚めを良くする方法なので、眠るときは暖色系の間接照明でほの暗く、朝は、太陽の光が入ってくるように薄目のカーテンなどにしておくとスムーズに起床できます。
    出典 :目覚めが良くなる方法
  • 寝起きを良くするためには、生活リズムの乱れを直して、就寝環境を整えることが大切です。
    シャッターをほんの少し開けて太陽の光が入るように工夫したり、起床時間に寝室が適温になるようにエアコンのタイマーをセットするなど、簡単なことから試してみましょう。