妊婦さんの悩みの一つ、足のツリ!どう対処する?

中期以降の妊婦さんの悩みの一つである足のツリ。その予防と対策についてまとめてみました。

  • MUMMY 更新日:2014/05/27

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足はなぜつる?

  • 負担の増加

  • 妊娠後期に入ると体重が増えますので、カラダを支える、ふくらはぎの腓腹筋にとても負担がかかります。
    腹部が前方に突き出た、スウェイバックという妊婦独特の姿勢を取りますが、実は、これが腹筋や背筋、ふくらはぎにもとても負担がかかってくるわけですね。
    出典 :妊婦のふくらはぎがつる原因
     

    体重が増えることもですがお腹の赤ちゃんがかなり大きくなってせり出してきますからね。

  •  

    後期にはかなりお腹が出てきますからね。
    足への負担もかなり増えるでしょう。

  • 足のつりを予防するためには、足の筋肉への血液の
    流れを悪くさせないことです。
    日中は、長時間同じ姿勢を続けないようにしてください。
    ときどき、歩いたりストレッチなどで筋肉をほぐしてください。
    足のマッサージ、特に、お風呂に入ったとき行うのが効果的
    です。
    出典 :妊娠中は足がつりやすい|予防と寝ているときの対策
     

    マッサージで負担を軽減し、同じ姿勢では居続けないようにしましょう。

  • 骨盤のゆるみ

  • 出産の準備段階として骨盤がゆるみ、坐骨神経や血管が子宮や骨盤に圧迫されるため、ふくらはぎがつりやすくなります。
    また、子宮が下半身の血管を圧迫し、血液の流れが悪くなると下半身のうっ血が原因となることもあります。
    出典 :妊婦のふくらはぎがつる原因
  •  

    このようにかなり大きくなると、あちこちの血管や神経を圧迫することがわかります。

  • 骨盤のゆるみが生じると、足の筋肉は引き伸ばされる状態が続きます。この状態に対して、ふくらはぎの筋肉は元に戻ろうと急激に収縮するのでこむら返りが起きるのです。つまり骨盤のゆるみが原因と考えられます。
    出典 :妊娠中に足がつる、こむら返り - 足がつる、こむら返り 原因・対処法
  • 対策としては、骨盤を適度に閉めるのが効果的です。妊婦も骨盤を調整することと、適切にお腹を支える腹帯が良いそうです。
    出典 :妊娠中に足がつる、こむら返り - 足がつる、こむら返り 原因・対処法
  •  

    圧迫しすぎてはよくありませんが、対処法としては有効のようです。

  • カルシウム不足

  • 妊娠中はお腹の赤ちゃんにカルシウムなどの栄養分を取られてしまうので、カルシウム不足により、ふくらはぎがつることが多くなってきます。
    出典 :妊婦のふくらはぎがつる原因
     

    カルシウムをいつもより多く摂るぐらいがちょうどよいでしょう。

  • 牛乳・チーズ・小魚・納豆・海藻類等のカルシウムがたっぷり含まれる食品や、野菜・フルーツのビタミン、鉄分、ミネラルをバランスよく
    たっぷり含んだ食事をするように気をつけましょう。
    出典 :妊娠中、足がつるのは?
  • 静脈瘤、できていませんか?

  •  

    自分の足をチェックしてみてください。

  • 静脈瘤ができるおもな原因は、黄体ホルモンの働きで静脈壁の緊張が低下してしまうことと、大きくなった子宮が血管を圧迫するために下半身の血行が悪くなること。体質にもよりますが、妊婦の約半数は静脈瘤を経験。静脈瘤ができるとその部分が痛んだりうずいたりし、長時間立っていると症状は悪化します。
    出典 :手足がつる・痛む・しびれる・静脈瘤(2) - gooベビー
  • 一つチェックして欲しいことは、立った状態で膝の裏や周辺に静脈瘤があるかどうかを行ないましょう。
    妊娠中に静脈瘤ができると、だるさやむくみ、ふくらはぎがつったりする症状が多く見られます。



    妊娠中に静脈瘤ができると最初は軽い痛みが伴いますが、重度の場合は歩行困難にもなってきます。
    このような症状が妊娠中に見られた場合、お腹の中にいる赤ちゃんのためにも検診などで早めに相談するようにしてくださいね。
    出典 :妊婦のふくらはぎがつる原因
  • 静脈瘤はお産がすむと消えるので、治療をしたり、手術をしたりということはめったにありません。予防することと、できてしまった静脈瘤を悪化させないこと。外陰部や腟にできたものは、悪化すると出産時に出血の原因に。
    出典 :手足がつる・痛む・しびれる・静脈瘤(2) - gooベビー
  • バランスの良い食生活と適度な運動を心掛けて過ごしましょう。