「卵巣腫瘍の治療」ってどんな方法がある???

卵巣腫瘍の治療ってどんな方法があるのでしょうか???
今回は治療法についてご紹介したいと思います。

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 卵巣腫瘍の治療・・・

  • 卵巣がんの多くは上皮由来であり、その場合、腹膜や他の臓器にがん細胞が広がることが多い。がんの進行や、患者さんの意向を踏まえつつ、手術が行われる。また、卵巣がんは、抗がん剤がよく効くがんであるため、抗がん剤で腫瘍を小さくしてから、手術を行うケースも少なくない。
    出典 :卵巣腫瘍|卵巣のう腫|症状|検査|治療
     

    抗がん剤を使うのですね・・・

  • 外科手術・化学療法
    出典 :卵巣腫瘍 - Wikipedia
     

    この2種類の治療法なのですね・・・

  • 標準治療・・・???

  • 卵巣がんの場合、もっとも多い「上皮性卵巣腫瘍」については、ステージにかかわらず、両側の卵巣と卵管、子宮、大網という脂肪組織などを全摘出することが標準治療となります。
    出典 :卵巣がんの治療ガイドライン | 卵巣がんのき・ほ・ん
     

    全摘出するのですね・・・

  • 抗がん剤・・・

  • 用いる抗がん剤としては、白金製剤の「カルボプラチン」と、タキサン製剤の「パクリタキセル」を併用する「TC療法」が、強く推薦されています。
    出典 :卵巣がんの治療ガイドライン | 卵巣がんのき・ほ・ん
  • 10代から20代の場合・・・

  • 10~20代の若い世代に多い「胚細胞腫瘍」では、患者さんの将来を考え、片方の卵巣と卵管をできるかぎり温存するよう推薦されています。抗がん剤も、上皮性卵巣腫瘍とは異なり、「ブレオマイシン」と「エトポシド」、「シスプラチン」の3つを組み合わせた「BEP療法」が第一選択となっています。
    出典 :卵巣がんの治療ガイドライン | 卵巣がんのき・ほ・ん
     

    年齢によって治療方法が違うのですね。

  • 年齢や大きさによって違う治療法・・・

     

    治療法は、年齢や卵巣腫瘍の大きさによって違うようです・・・また、抗がん剤の種類も違うそうです。

  • 腹腔鏡下腫瘍摘出術・・・

  • 腫瘍のサイズが直径10cm以内であれば、腹腔鏡下(ふくくうきょうか)腫瘍摘出術が可能です。ただし、サイズがそれ以上に大きいものや画像診断で悪性が疑われる場合には、開腹による腫瘍切除が必要になります。
    出典 :卵巣腫瘍 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 手術後・・・

  • 手術後に化学療法を行うと治療効果が改善することが知られています。また、最近では、少しずつ新しい抗がん薬が開発されてきていて、なるべく高い効果を保ちながら、副作用を抑える工夫がなされてきています。
    出典 :卵巣腫瘍 治療方法 - goo ヘルスケア
     

    副作用が少ない薬が出てきているのですね。

  • 卵巣腫瘍・・・

     

    最近では、食生活の変化で若い人の卵巣腫瘍も増えてきているそうです・・・食生活に気をつけて卵巣腫瘍を防ぎましょう・・・