頭痛と脳出血について。

脳卒中。兆候。症状。小脳出血。梗塞。後遺症。重要なこと1~6。

  • S 更新日:2014/05/09

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳卒中

  • 頭痛は兆候かどうか?

  • 脳出血とは、脳の血管障害により、突然意識を失ったり、手足がしびれたり麻痺したりする脳卒中の症状のひとつです。高血圧や動脈硬化が進み、もろくなった脳内の細い血管(最小動脈)が高い血圧で破れ血腫を作ります。
    出典 :脳出血による頭痛 | 頭が痛い病気と症状
     

    頭痛は兆候かどうかについて。

  • 頭蓋内で大きくなった血腫が周囲の脳神経を圧迫して手足のしびれや麻痺などの症状を起こし、嘔吐を伴う頭痛が起こりだんだんひどくなることもありますが、重症な脳出血でない限り頭痛は起こらないケースも数多くあるようです。また脳出血を発症した後すぐに昏睡状態になる場合もあります。
    出典 :脳出血による頭痛 | 頭が痛い病気と症状
     

    くも膜下出血のように、激しい頭痛になるとは限らないようです。

  • 頭痛が関係している症状達。

  • 頭痛も含めた脳出血の症状。
    なんと複数の症状例があります。

  • 一般的には頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺(かたまひ)が多くの患者さんにみられます。出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。慢性期になっても何らかの後遺症を示す患者さんも多くみられます。
    小脳出血:突然の回転性のめまい、歩行障害が現れ、頭痛や嘔吐がよくみられます。
    出典 :脳出血 - goo ヘルスケア
     

    例えば、「小脳出血」という症状が、関係しています。

  • 小脳出血

     

    真っ赤に染まった部分が、該当箇所になります。

  • ↓突然の、呂律不全を伴っためまいと頭痛 (梗塞)↓

  • • 梗塞を疑います。
    •特に、「呂律が回らない」「めまい」の両方が突然起こった時は危険です。
    •普段から頭痛とふらつき・浮遊感・軽いめまいがある場合は、危険な頭痛ではありません。これらは肩こりやストレスなどが主な原因です。
    出典 :危険な頭痛とは|東海大学八王子病院 脳卒中センター
     

    呂律不全を伴った症状

  • 後遺症について。

  • 脳出血はくも膜下出血と比較すると、激しい頭痛があるとも限らず、また生命の危険は少ないと思われますが、脳の右側が出血の場合は左半身麻痺、脳の左側が出血の場合は右半身麻痺など後遺症を残すことが多くあります。
    出典 :脳出血による頭痛 | 頭が痛い病気と症状
     

    後遺症について。

  • 頭痛と脳出血の関係を考える、重要なことについて。

  • 1) 脳自体は痛みは感じない。静脈洞、硬膜、血管の一部にセンサーがあり、この部位に圧迫が及んだときに痛みとなる。
    2) 脳出血でも、痛みを感じないことも少なくない。
    3) 脳卒中の7-8割を占める脳梗塞はほとんど痛みがない。
    出典 :頭痛の見分け方
     

    重要なこと、1~3

  • 4) 突然、経験したことのない、激烈な痛みが、嘔吐を伴い、24時間以上続く時は、くも膜下出血を疑うこと
    5) 後頭神経痛、筋緊張性頭痛、労作性頭痛、慢性頭痛などの中には頚椎症、頚椎ヘルニアなど、頚の変形や負担が背景になっていることが少なくない。
    出典 :頭痛の見分け方
     

    重要なこと、4~5

  • 6) 頭痛の原因を理解する為には、痛みの性質、発症状況、経時的変化、随伴症状などを全体的に把握、判断することが肝要
    出典 :頭痛の見分け方
     

    重要なこと、6