現在の日本社会で注目されている【ブルーライト】何が悪いのでしょうか

ブルーライトの何が悪いのか
対策はないのか
まとめてみました

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ブルーライトとはなにか


  • ブルーライトとは

    可視光線の中で、380nm~495nm(ナノメートル)の青色光のことです。可視光線の中で、最もエネルギーが高く、眼の角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達します。近年普及しているLEDには、このブルーライトを多く含んでいます。
    出典 :ブルーライトとは | ブルーライト研究会
  •  パソコンやスマホのイメージが強いですが、太陽光にも含まれています。太陽光も大変強い光ですが、空気を通るうちに青い光が散乱してしまい、人が青い光を近くで直視することはないのです。ですが、スマホなどのブルーライトは目との距離が近いため、直視せざるを得ない環境になります。
    出典 :[専門家に聞く]いまさら聞けない「ブルーライト」…スマホは体に悪いの? - 産経アプリスタ
     

    太陽にまで含まれているのは知らなかった・・・!!

  • クリックして拡大してね

     

    完全に青ですね
    確かにブルーライトですが、パソコンが真っ青
    というわけでも
    太陽が真っ青というわけでもないですよね。・・・

  • ブルーライトの数値は紫外線を少し弱めた波長です。

    ですので、ほとんど目に見えない光です。



    眼に見えないからといっても、エネルギーが高い光ですので、

    網膜を刺激したり、体内リズムを狂わせたりするのです。
    出典 :ブルーライトとは?目や肌への影響は?
     

    目に見えない脅威がそこには存在していそうです

  • 注目されている!!!

  • 夜間に浴び続けていると睡眠障害にも
    ブルーライトは太陽光に多く含まれており、これを浴びることで体内時計が朝にセットされ活動的に、逆に太陽が沈みブルーライトを浴びなくなることで、体内時計が夜にセットされ眠くなるのが本来の生活リズム。

    日常的に昼夜問わずブルーライトを浴びている現代人は、体内時計のリズムが狂いやすい環境にいると言えます。
    出典 :ブルーライトとは|メガネ本舗
     

    あなたの不眠の原因かもしれませんよ?

  • 特に成長期のお子様への影響が心配されています。

     

    成長期の子供の眼は非常にデリケートで、眼を酷使すると視機能の発達に影響する可能性もあります。
    大人と比べ薄型テレビやLEDバックライトを使用したゲーム機など、成長期に多くのブルーライトにさらされるお子様の眼は今、かなりの負担を受けており、その影響は未知数。数年後、睡眠障害や視力の低下だけでなく、網膜や水晶体への影響から眼疾患の影響が高いのではないかと推測されています。

  • 見つかったのは約10年前

  • 今から10年くらい前、2002年ぐらいにですね、メラノプシンを含有しているガングリオンフォトレセプターという新しい細胞が見つかりました。これが何かっていうと、非常に面白いことにブルーライトを感受する光受容体だったのです。

     そして、それが何をしているかっていうと、見ているわけじゃなくて生体リズムに関与している。視覚情報処理というよりは生体をコントロールするために使われているということが分かってきました。
    出典 :眼の専門家に聞く、LEDディスプレイから出る「ブルーライト」は何が悪い? (1/4) - 誠 Style
     

    難しい記事ですが、10年前にはもうすでにわかりつつあったようですね

  • 眼科医も目に悪いと考えている

  • ブルーライトに限らず、コンピューターを長時間使うと眼精疲労、ドライアイ、視力低下などを引き起こしやすいので注意は必要ですね。PCやスマホは目との距離が近いですから、負担が大きいのです。

     その上で、ブルーライトはまぶしく、光がにじみやすい特徴があります。証明はされていませんが、目が一生懸命にピントを合わせようと努力することで目が疲れるのでは、といわれています。また、ブルーライトそのものに瞳孔を縮める働きがあり、これによっても目が疲れるといわれていますね。
    出典 :[専門家に聞く]いまさら聞けない「ブルーライト」…スマホは体に悪いの? - 産経アプリスタ
  • 目に悪いことばかりでもありません。ブルーライトは眠くなるホルモン(メラトニン)を抑制して、目をシャキッとさせたり、集中力を増したりする働きもありますから、仕事や受験勉強をするときには逆にいいのではないでしょうか?
    出典 :[専門家に聞く]いまさら聞けない「ブルーライト」…スマホは体に悪いの? - 産経アプリスタ
     

    まさに逆転の発想ですね
    たしかに、悪い事だけじゃなさそうです

  • 対処法

  • ブルーライトをカットする色温度の調整方法
    さて、ディスプレイの設定方法ですが、これはパソコンやディスプレイによって違います。よく言われている方法が『コントロールパネル』⇒『デスクトップのカスタマイズ』⇒『ディスプレイ』⇒『色の調整』です。

    またはデスクトップの画面で右クリックして、『個人設定(または『設定』など)』⇒『色の調整』で選択出来ます。



    ディスプレイの方に設定ボタンが付いていることもあります。私の場合はディスプレイに設定ボタンが付いていました。

    色温度と書かれている場合もあり、この色温度を5000K以下にすることでブルーライトを結構カット出来ます。私の場合、ディスプレイの色の選択肢は5000Kと6500Kと9300Kの三種類ありました。

    5000Kに色温度を変更した最初は大きな違和感がありましたが3時間ほどで慣れました。
    出典 :ブルーライトカットはディスプレイの設定で!
     

    設定で対策する事も出来るよう

  • 他にも

     

    フィルムで対応するものや
    アプリ、ソフトなどもあるようなので
    しっかりと気をつけて
    対処しておきましょうね