日本茶とも言われる緑茶

緑茶を飲むとカラダにどんな良いことがあるのでしょう?
飲む以外にも用途が…。

view445

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 茶カテキンが脂肪を燃焼しやすくしてくれる?

  • 茶カテキンの効果は、カテキンが体内の酵素を活性化して脂肪を燃焼しやすくすることや、食事と一緒に摂ることで脂肪の吸収を穏やかにすることなど、いくつかが同時に働いていると考えられています。
    出典 :脂肪燃焼補助成分:茶カテキンの効果は? [ダイエット食品・サプリ] All About
     

    おいしいだけではないのですね。

  • 脂肪を燃焼しやすくするだけでなく

  • お茶はほとんどノンカロリー、しかも紅茶やコーヒーと違って、飲むときにミルクや砂糖を必要としないため、理想のダイエット飲料といえるでしょう。
    出典 :ダイエットと美容にお茶・緑茶【福本園】日本茶
     

    何気なく飲んでいるお茶が理想のダイエット飲料になるなんて…

  • 外だけでなく中からもキレイに

  • 体に吸収された酸素が消費される時に、副産物として有害な活性酸素が発生します。
    この活性酸素は、細胞を老化させるといわれていますが、緑茶はこの活性酸素を解消するので細胞の老化を防止します。
    老化防止効果はビタミンEの20倍といわれています。
    他にもカテキンによる殺菌作用や、ホルモンバランスを整え、ダイエット効果や美白効果もあります。

    緑茶のおすすめの摂取方法は、朝に濃い緑茶を飲むことです。
    健康状態がよくなり、体重調整もしやすくなります。
    出典 :緑茶美容を徹底紹介|美容と健康なび
  • さらにリラックス効果も

  • テアニンは、特に新芽に含まれる量が多く、また玉露や抹茶などいわゆる高級茶におけるうまみの主成分である。テアニンは、うまみ成分として知られるグルタミン酸と化学構造が似ているアミノ酸だ。一般に、高級な緑茶ほどテアニン含有量が多く、リラックス効果が得られやすい。
    出典 :テアニンとは - 健康美容用語辞典 【健康美容EXPO】
     

    緑茶を飲んでホッとするのはこういうわけがあったんですね。

  • 緑茶に含まれるビタミンCは、熱に強く80度でも壊れないうえに、保存にもすぐれた特性があります。
    弾力性のあるみずみずしい素肌作りにビタミンCは、欠かせません。肌に弾力性を与え水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制する効果もあります。
    緑茶には、そのビタミンCが緑茶三杯でりんご一個に匹敵するほどたくさん含まれています。
    出典 :お茶(緑茶・日本茶)とともに ~お茶の健康効果~
     

    まさに目から鱗ですね・・・。

  • なんと紫外線にも

  • なんと緑茶を入浴剤として・・・

  • 洗顔にはあずき粉や米ぬか、入浴剤代わりに、大根や菜っ葉を陰干ししたもの、米のとぎ汁や豆乳、びわ茶の葉を、その日の肌コンディションに合わせて使い分けるそうです。
    出典 :米ぬか洗顔・緑茶うがい…京美人の美の秘訣 [アンチエイジング] All About
     

    昔からこういう風にされていたのですかね。

  • 他にも緑茶を使った美容法が

  • 昔から飲まれている緑茶

     

    飲む以外にも洗顔剤、入浴剤にもなるようです。

  • 「水」でうがいではなく、「お茶」でうがい

  • 緑茶のすばらしさ

     

    日頃から緑茶を飲むようにするだけで
    美容に良いのですね。