【陥没乳頭の人は注意!】慢性乳腺炎の治療について

慢性乳腺炎の治療についてまとめました。陥没乳頭の人はなりやすいので、注意が必要です。

  • panda 更新日:2014/07/17

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性乳腺炎の治療についてまとめました。乳腺炎というと、授乳中のひとがなるイメージですが、慢性乳腺炎は、授乳の有無は関係なくなる乳腺炎だそうです。陥没乳頭の人はなりやすいので、気を付けてください。

  • 授乳に関係なく、陥没乳頭(かんぼつにゅうとう) に原因するのが、『慢性乳腺炎』 です。 乳頭の下の部分に、炎症が繰り返し起こります。授乳中でなくても発症するので普段から乳頭を清潔に保つよう、注意が必要です。
    出典 :乳腺炎|症状と予防法
  • 治療1)炎症を鎮める

  • まずは炎症を鎮め、感染したところを除去します。

  • とりあえず外科を受診し、炎症の鎮静処置をしてもらいます。
    出典 :慢性乳腺炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一時的な炎症鎮静のためには、抗生剤による治療が有効です。しかし、細菌のコロニーになった乳腺と、皮膚との間に形成された瘻孔をともに切除しないかぎり再燃は必至なので、感染した乳腺と瘻孔を除去します。この時、乳房の変形を来すことがあるので、形成外科的な技術を要する手術になります。
    出典 :慢性乳腺炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • ただし、原因となる陥没乳頭を治さない限り、再発する恐れがあります。そこで陥没乳頭の手術を行います。

  • 治療2)根治治療(陥没乳頭の手術)

  • 根本的に治すには、膿のたまった袋を完全に切除して、同時に中にひっ込んでいる乳頭が外に出るように治療ををしなければなりません。
    出典 :乳腺炎|症状と予防法
  • 現在日本で一般的に行われている陥没乳頭の手術は、右の図のように乳首のまわりを3ケ所、Z型に切開する方法です。
    出典 :陥没乳頭、乳首の手術方法|バスト専門のナグモクリニック
  • 何科にかかればいいの?

  • 根治手術は形成外科になります。専門医のいるところで治療しましょう。

  • 乳輪下膿瘍のときは 乳腺センターという科にかかっていたのですが、根治に関しての手術は形成外科でと言われて、形成外科にかかりました。
    出典 :手術:ひよちゃんのあしあと:So-netブログ
  • 保険は適用?

  • 場合によっては保険適用にならないので、注意が必要です。

  • 何度も 感染・炎症を起こしていることと 40歳以下で一応、今後 授乳が必要になる可能性もある ということで保険適応になりました。それ以外だと 保険適応にならず 自費になることもあります。
    出典 :手術:ひよちゃんのあしあと:So-netブログ